ブログトップ

パリ発 五感の穴

fivesense.exblog.jp

ナイトワーク

はじめました。アクセサリー作り。高校生のときにはまった、アンティークビーズのアンクレット作り以来です。

f0079502_358219.jpg


ポンピドゥーの外れにベトナム人がやっている小さなパーツ屋さんがあって、オシャレ度ではマレのど真ん中にあるお店とは比較にならないのだけれど、布地やパーツくらい小さいものだったら、内装はさほど大切でありませぬ。本当はパリ市民講座というので、3年間アクセサリー専門科(しかも本格的で、色々なコースがあります)の単位が取りたいと思ったこともあるのですが、時間がネック。というわけで、初心者ができる範囲で勝手に作っています。編み物や縫い物と違い、道具が少なくて済むのもよい。1時間から2時間夢中になって4つは出来るので、こらえ性のない私でもオッケーです。
[PR]
# by Haruka_Miki | 2012-04-03 04:02 | 五感

まんまる

っつーぅきっ。

何度も言うから、何だろうと思って、食器を洗う手をエプロンでぬぐいました。手を引かれて窓際に行って、彼が指差す方向を見たら。

それは綺麗な月がありました。
我が家の居間は、カーテンがありません。目線に気になる建物が少ないからです。だから、彼の背丈でも、高く上がるお月さんはよく見えるのです。

子どもはお月様がとても好きで、10か月を過ぎたくらいから、よく見つけては、感心している姿を見ました。そして、今でも、あっ、っつーっきっ、きえいっ、(月きれい)ってやってます。

今夜はまたダイナミックに一面パスタ散乱で、ひたすら片づけをしていたら教えてくれました。
彼と一緒に過ごせる時間は限られていて、正直外出先でも一目散に家に帰ります。それを許してくれる社会・環境です。そんな中で、彼は確実に成長しています。言ったことを相当覚えていて、質問されたりします。

きえいっなものがとても好きみたいです。お月さんに木々、大きな雲に、雪、ドライフラワーにする過程の花束。どれも、きえいっ、です。

お月さんを見て、こんな気持ちになることは今だかつてなくって、人の親というのは、どこもかしこも、こんな気持ちになる人ばかりなのかと思うと、なんてありがたい経験なのでしょうか。感謝しきれません。
[PR]
# by Haruka_Miki | 2012-03-06 00:00 |

消費者のわたし

日曜なので、たいがいのスーパーは閉まっています。しかし、りんごジュースもない、牛乳もない、バナナもない、青野菜も少ない、お魚もない、パンもない、ということで、金曜日から行かなくてはと思っていた買い物に行くことにしました。幸い、子どもも熱が下がったので、朝の空気にあたってきました。日曜日に店がやっていない風景は慣れるといえば慣れるし、慣れないと言えば慣れない。しかし、人間やっていないのであれば、その中でやりくりする、ということをせざるをえませんし、不平を言うほど困ることでもありません。そして、日曜は逆に市がたつのですから、市に行けばいいのだと思い直し出発です。

魚が食べたいと思っていたら、いい青光りのサバ、おすすめ品の油ののった鮭、新鮮なわかさぎがあったので、適当に買ってみました。魚三昧な週の初めになりそうなので楽しみです。大きな鮭、大きいサバ3尾、サルディーン500グラムで、計16€。高いでしょうか?安くはないですね。でも、嬉しいでしょうか?嬉しいです。楽しみです。

わたしはもうすぐ三十路を迎えます。二十代ってのは、ふらふらしたり、自由を謳歌できるリソースと重過ぎぬ責任を肩に、なかなか良き時代ですね。私も、ああ本当に楽しい日々を送ることができております。おそらく、三十路を迎えても、決定的な価値観の変化は少ないのではないかと感じているのですが、一つ大きな変化と言えば、おそらくは消費者としてのわたしの側面では、間違いなく昨今その変化を自分でも感じます。やはり、それは子が産まれるというタイミングで現れた気がします。そして、どんどんと私という女は母親に似てきたものだとつくづく思い知らされます。

母は、料理上手ですが、これといって複雑なお料理はしません。私も、私のキッチンにようこそ、というようなゴージャスなもてなしはできません。ただ、母は、食材・調味料に昔からかなりこだわっています。髭をたくわえたおじさんが営む自給の村、といった有機栽培・無農薬栽培などの形が悪い野菜たちを買い求め、小さいけれどなんとかという説明があるしょうゆだとか、そういうのをいつも買っていました。私の体が弱かったからでしょうか。当時はさっぱり意味が分かりませんでした。

今は、彼女の感覚を共有しています。有機の店の素朴な味のりんごがおいしい、布のおむつならオーガニックコットンの方がベターである、紙のおむつなら、できれば紙だけのやつが心地よさそうだ(スウェーデン製のであります)、とかです。今はもっと複雑な時代になって、産地まで考えるとなると、高価なバッグを買い求め、優雅にお茶をする自分、も大いに素敵でよろしいんですが、それ以上に日々の生活にお金をかけたい自分がいます。もちろん、じゃあ今から畑を買って自給自足すればよろしい、という話もあると思うのですが、(実際仲がよい友人でそういう方もいますし、自分の叔父もこのタイプです)そこまで行けません。ですから、説教じみるわけにもいかず、何ともアンビバレントなものです。

わたしは何が一番欲しいのか。誕生日に何が欲しいんだと言われても、これと言って思いつくものがなく、唯一興味があるのは、ウクレレか、あとは木でも植えるか。あ、でもネパール旅行とかもいいですね。
[PR]
# by Haruka_Miki | 2012-03-04 22:57 | 経済的営み

紙一重な女であるということ

Kusama Yayoiさんの作品を初めて見たのはいつでしたでしょうか?それが直島の地中美術館でのことか、北浦和の美術館だったか、たぶん、学生時代の横浜トリエンナーレの水面のインスタレーションではないかと思うのですが、定かでありません。

f0079502_18551648.jpg


アート誌はもちろん、今週のEconomistにだって取り上げられてしまうお人。「存命の女性アーティストで二番目に高値がついた作品を作るアーティスト」ですって。こういう82歳って、ちょっとなりたくてなれるものではない。たぶん、ご自身に見えてしまう、凡人に見えない世界というのはそれはそれで苦しいのでしょうけれど、それを外に出してご自身を慰められていることが、結局他人への強烈なメッセージ性を帯びたものとして映るとき、それは当然独りよがりのものではないし、唯一無二の才能を持った方の苦悩でしょう。わたくしなどは、そう考えると、なんとほーっと生きていること、か。先日まで、ポンピドゥーで展示がされていて、家から徒歩圏内なのに行けなかった。残念です。今くらいの年だったら、これからは坊と一緒に行けるかも。幼児の目に映る、草間さんの作品って、どんなんだか気になるじゃありませんか。

さて、LVMHは現代美術家がお好き。村上さん、スティーブン・スプラウスさん、リチャード・プリンスさんの次は草間さん、7月に限定コレクション販売だそうです。個人的に、このお三方と草間さんは一線も二線も画していると思っています。

スプラウスさん デザイナーでもある。ロックアーティストをモチーフにしたアートも有名。LVではマークジェイコブスからのオファーで2001年春夏にコラボレーション
村上さん こちらもマークジェイコブさんからのコラボレーションオファー。アニメ・サブカルチャーをベースにしたポップアートが多い。
プリンスさん アメリカンポップカルチャーの膨大なイメージから抽出したヴィジュアルアート作品。LVとは2008年にコラボレーション

ということなのですが、なんというか、お三方のことを存じて上げていないので、なんとも言えないし、ましてや草間さんのことを存じ上げていないのでこれまた何とも言えませんが、素人の印象でお三方と草間さんが異なる点としては、その命のかけ方?拝金主義ではないところ?紙一重なところ?内面的なものと常に戦っている印象をうけるところ?分かりませんが。でも接点はあって、やはり皆さんアメリカの地を踏んでいること。これは、やっぱりフランス、じゃないわけです。イギリス、じゃないわけです。その辺が20世紀を象徴しているように思えてならない。

とりあえず、色々な感情を抱けそうなので、今夏にはシャンゼリゼにぜひ足を運びたいと思います。

最後に、ネットで見つけた面白い記事をリンクさせて下さい。
立命館大学人間科学研究所主催の対談です。
[PR]
# by Haruka_Miki | 2012-02-08 00:00 | 芸術

家を燃やされないように

お久しぶりです。
f0079502_212505.jpg


ブログから離れるのも近づくのも自分次第。書きたいことは山ほどありますが、プライオリティが下がるのは、「自分の時間」を持っているからか、もしくは持っていないからか。いずれにせよ、一人の子供の存在は、喜び沢山。制約はといえば、子沢山の先人たちに比べれれば、冗談なほど本当はたっぷり時間があるんでしょう。

極寒のヨーロッパはフランス、パリ。この地にも寒波はやってきました。週末はフォンテンブロー泊だったのですが、銀世界、ではないにしろ、一面に拡がる草原の寒々しい・けれど美しい冬の光景と言ったら!こういうときには、赤ワインに、じっくり煮込んだお肉料理なんていいですね。もしくはラクレット。というのは幻想で、現実には、なぜか夕飯はタコスです。コリアンダーを沢山刻んで頂きました。

さて、大変珍しいのですが、我が家の坊が腹を下しており(お食事中の方ごめんなさい)、小児科に行ってきました。以前は区がやっている病院・保健所のようなところで定期健診を受けるだけだったのですが、ワクチン予防接種などが少なくなるにつれ、かかりつけのお医者さんがいた方がよいと判断し、ホームドクターにここ数ヶ月はお世話になっています。二人の小児科医がクリニークを開いており、お二人ともとてもやさしいです。今日はおじいちゃんドクターの日でした。おじいちゃんドクターは、前の男の子が終わると、なぜか手にハサミを持っていて、次に髪の毛切る方ー?と待合室に叫びました。おちゃめなムッシューです。いつもは、ベトナム系の奥様ドクターが担当なので、おじいちゃんドクターは初めてです。その診察は、とてもユーモラスで新しい視座を与えてくれるものでした。まず、お腹の具合は、今流行っている胃腸炎とのこと。さほど心配する風でもありません。熱もありませんし、と。フランスは、熱があるかどうかがポイントのことが多い気がします。鼻風邪でも、熱ないなら保育園も全く気にしません。

そして、彼はおいくつ?とドクターが聞き、18ヶ月目ですと答える私。そう、だったら、P○Gの回し者にどうしてもなりたい場合以外は、そろそろおむつ、取り始めたらいいんではないですか、と。午前中は保育園に行っているのですが、と言うと。ああそれだったら、保育園もおむつ代が浮くから喜んでお手伝いいただけますよね?と尋ねてみたらいかが、と。一時間しない日、二時間しない日、と少しずつ慣らせていくんですよ、あとはまあ親御さんの根気と、子供の性格と、保育園のサポートによりますけど、って。あと、おむつする場合も、ビニールが入っているものでなくて、コットンのもの、あれフランスじゃああまり売ってないですけどね、やっぱりおすすめです、と。

その次に、坊はいつも仲良しのクマちゃんを持っていて、眠くなったり、甘えたくなったりすると、そのクマちゃんをぎゅっとするのですが、クマちゃんだったり、おしゃぶりはそのままさせていていいのでしょうか、と。坊は川の字というのを殆どせずに寝るので、クマちゃんはコンパニオンなわけです。

そうですねー、僕がそう、まだ半人前だった研修医の頃、こんな話を聞きました。家父長的なお父さんが、10歳の息子に、息子よ、君はもういい年だ、そろそろキリンの人形は捨てなさい、赤ちゃんじゃないんだから、と。そうしたら、息子はおとなしくキリンちゃんを捨てたのですが、その代わりに、家に火をつけたんだそうです。わたくしびっくり。冷静な顔のドクター、ま、アネクドート(逸話)ですけど、って。だってね、奥さんだってきっとそういう親友がいたはず。そしてその気持ちを私たち大人は忘れてしまっただけ。ある日目覚めたら、親友がさよなら言わずに遠い旅に出たら、それは落ち込むでしょう。それに。親友に代わる、人間のお友達、ガールフレンド、パートナーと出会ったら、クマちゃんはそのときその大役を勤め上げたことになるでしょう。それまではま、自然体でいいんじゃないですか。

坊よ、家を燃やすくらいなら、いつでもクマちゃんに頬ずりすればいい。おしゃぶりを片言のフランス語で探すがよい。そして、おふくろー、もういいよ、と自覚が出るまで、沢山抱いてあげましょう。
[PR]
# by Haruka_Miki | 2012-02-06 00:00 |

体感

Youtubeでリリーフランキーさんの、古い情熱大陸を見たのですが、これ結構よかったです。なぜか旧友を思い出しました。なんとなく、似ているものを感じたからでしょう。

f0079502_6314012.jpg
いつだったか、その悪友と横浜のレンガ通りにある、2階にある小さくて、傾いたバーで南博さんのピアノを聴きに行ったことがありました。友は、それはとても肥えた耳の持ち主で、風来坊で口が悪くて失礼しちゃう。でも、有機的なところと、抜群の音楽センス、その点で一目置いている人間です。

12月の26日と31日とセッションがあるようです。大晦日は無理でしょうが、できれば久々に行ってみたいなと思っています。
[PR]
# by Haruka_Miki | 2011-11-30 00:00 | 五感

顛末

今年は外国籍の市民にとって、大変な年です。内務大臣もかなりメディアに叩かれています。

以前記したビザの問題で、突然申請を却下する公式な手紙が来ました。やっぱり、と思ったら、その数日後電話があり綿密に私の状況について尋ねられました。うんうん、そのようね、こちらの手元の情報と同じだわ、と事実関係を照会しているようでした。そして、それではあなたには明日交付するからいらっしゃい。と言われました。これが先々週の話です。状況が一転した理由はいくつかあると思うのですが、まだまだデモに出たり、嘆願書を内務省に出し続けている学生も多いのが現状です。今までと比較すると依然の三分の一以下しか交付されなくなったそうです。

これもまたフランス、そう思えることの連続で、それに慣れっこの自分は、間違いなくずれてきているのだと思うのですが、ある一定のリズムの中で、確実にフランスのシステムはシステムなりに機能しているところがあり、いい加減なようで最終的にある程度は状況・背景を考慮した総合的な判断を下すのです。そこには確実にユマニテのベースを垣間見る瞬間があります。

今回ばかりはやはり骨折りでしたし、脱力しました。頭にきましたし、途方に暮れましたし、そして、さすがに疲れました。

でも、このいい加減だけれどユマニテの国に、やっぱりまあしばらくは付き合っていこうと思います。
[PR]
# by Haruka_Miki | 2011-11-23 00:00 |

フランス

沢山の物語を紡いでくれた土地である。生まれ育った国ではないけれど、ここ10年ほど私を魅了する国である。住んでいる期間は3年ほどだけれど、人々の動き方、コミュニケーションの仕方、仕組みで多くのところが共感できる土地である。

その共和国という政治システム、負担も多いけれどとてもよくできた・共感をするところも多い社会システム、個人主義だけれど情がある人々。贅沢を言うならば、大型日本のスーパーと、地下鉄に通じるエレベーターがあれば、この街にずっと住みたいと思うほどしっくりくるのだ。

フランス。

ここで勉強することが夢であった。それは、一つに日本での幼少時代の教育があり、そのあと渡った新大陸の経験があるのかもしれない。ヨーロッパ大陸に、中でもぜひともフランスに渡ってみたいと思った。

今この国は―おそらく世界中のどの国もある一定の範囲でそうであるように―揺れている。移民大国フランス。その様相は変わろうとしている。出生地主義の時代は現大統領になって終わり、この夏には、非EU出身の学生が滞在の身分変更をすることさえ難しくなった。ふつうの大学はおろか、その国のトップに位置するグランゼコールの学生さえ、5月31日に出たお達しを理由に、滞在許可が下りなくなった。夏休みの間に誰が予期しただろうか。2012年の大統領選を睨んでのお達しとのこと。

共和国的ではない、実にフランス的ではないと、学生は途方に暮れ、パリ政治学院も、HECも、Polytechniqueも、グランゼコール全体が猛烈に怒っている。

そして、このひどく冷徹かつ共和国らしからぬお達しに、今学校が、学生が一丸となり一緒になって内閣に直訴し始めた。当然、グランゼコールと政界・経済界とのつながりは深い。

渡仏したての時に新聞で読んだ、パリシンドロームなんていう言葉があまりにも懐かしく、昔のことほどに、フランスは甘くもないし、思っている以上に人間臭く、プロアクティヴなアクションが求められる。シンドロームに陥っている時間は、ない。

いればいるほど、フランスに染まるのは、元来持ち合わせた素質か、経験がそうさせたのかは、分かりえない。
[PR]
# by Haruka_Miki | 2011-10-21 00:00 | 経済的営み

もぐりこむ

10年ぶりのアムステルダムです。
いつも目に映すものが変わった私には、アムステルダムという街もまた異なって映って、とても心躍る滞在でした。
f0079502_6322348.jpg
大学生の頃は、美術館とアンネフランクとホテルの近くの大きな公園のイメージが強く、はっきり言ってまた来たいと思うところもありませんでした。今回はアプローチを変えて、電車でのアムス入りです。驚くほど異なる印象を受ける街はあまりないと思うのですが、アムステルダムは初めてきたかのようなわくわく感で楽しむことができました。数か月前にオスロに行ったのですが、これとは全然異なる雑多な雰囲気、そこに共存するモダニティ、小さい路地に小さなアパルトマンが群接する様は、さながら東京に想いを馳せるのです。

今回は観光地を回るでもなく、企画したあるイベントのオルガナイザーとして出向きました。そうした緊張を解してくれる混沌は心地が良いものでした。前職を辞めて、3年前に学校に通うことを決めたとき、どうしたら異なる地域の都市政策や都市計画に食い込めるのかと思っていました。それだけにこの主題はとても地域性を帯びたものであり、いくらグローバル化と言っても、土地ごとの対応を土地の人間で考え、遂行するのがごく自然なテーマであるからです。ローカルな知見とバックグラウンドが必須であるのです。

そうして3年後こうしてアムステルダムにいることは、とても不思議であり、喜ばしく、執着心というものが一つの可能性を見出してくれることを実感する次第です。地方の都市政策の一つの要であるテーマに、環境問題への取組に有名な市の人や、電力会社や、メーカー各社がいるこの場で、ただの政策話を延々とするのではなく、今日・明日・次の1年から5年の話をするというのは、とても有意義で、いくら二酸化炭素排出削減とOECDのリサーチャーが言ったことよりも現実的なものなのではと思ったりします。もちろん、OECD他シンクタンクには当然リスペクトもあるわけですし、仕事が異なるだけですが。

パッションがある人が、パッションがあることをすることほど、効果的なことはなく、欲を言えばその一翼になれれば、欧州にいる日本人として、もしくはただのこのテーマに関心を寄せる人間として、ちょっぴりでも関われればすごく嬉しいなと思った二日でした。
[PR]
# by Haruka_Miki | 2011-09-25 00:00 | エチュード

おめでとう

子どもが産まれることにして、一年経ちました。
子どもを産んで、一年経ちました。

お誕生日おめでとう!と喜んだら、
友たちに、お母さん一歳おめでとう!と言われて、それはそれでとても嬉しかったです。

せっかくなので、赤飯などで食卓を囲みました。大好きなストーレーで、誕生ケーキも買いました。完全大人好みでシブーストをセレクト。大人が大きな声で盛大に歌ったり踊ったりするので、彼も嬉しくなって沢山手を叩いているのでした。シブーストは少し早かったようだけれど、赤飯は好みだった模様です。

f0079502_5102855.jpg


二十代もあと半年。それまでも、そのあとも、楽しんでいきたいと思います。
滞っているブログも、できるだけつけていきたいと思います。
[PR]
# by Haruka_Miki | 2011-08-31 00:00 |

おうじさま

おうじさま、という言葉を聞いて、おとぎ話か、恋する2人の話と勘違いした私は、とてつもなく想像力がないと言えるでしょう。なぜって。ちびっこにとっては、真夏にスーツを着た、若干暑苦しい(失礼)連れは、おうじさま、だったんですもの。

日本に帰ると会いたい人がたくさんい過ぎて、それなのに実際に会える人の数と言ったらとてつもなく少なくて、涙が出そうになります。滞在の大方の時間は、家族と、となり、それはそれでいつもの時空を埋めてくれるのですからとても大切なのですけれど。

今回はその選りすぐりのお友達の中でも、だいぶ長いお付き合いになってきたあの方と、そして今回はそのご家族(連れはご一緒したことがあり、私は初めて)と会う機会を得ました!ちびちゃんが合計三人で、かわいくて、うれしくて、不思議な気持ちになりました。

そのちびちゃんの一人が、どういうことかわかりませんけれど、連れのことを何度も何度も「王子様」って呼んだのでした。確かにどちらかといえば、というか、いやどちらとかいう問題でなく、薄いよりは濃い顔の連れですが、ちびっこには何故だか連れはおうじさまに見えたみたいで。

さて、おうじさまと言えば。日本に帰っていたときに、コクリク坂から、を観ました。とても清々しい恋を交えたお話で、淡く、けれど強い恋心にくらくらしました。登場人物の一人が、私のイメージするところの「おうじさま」にぴったりで、それは言わば韓流におうじさまを見るマダムたちのそれに似た気持ちなのかと思いました。

そんな中での上記の発言。そうだったんだー、連れはおうじさまなのだ。
さあ、日常に在る「おうじさま」chez nousハント、いざ。
[PR]
# by Haruka_Miki | 2011-08-17 00:00 |

結婚記念日

いくつかのイベントを記すこともなく月日を過ごしているのでブログに立ち戻ってみようと思います。カメラを向ける存在が変化したわけだし、一日の時間の使い方も相当に変化したのはごく自然でふつうなことですね。

f0079502_22759100.jpg
昼寝する者あり、床掃除をする者あり、片づけをする者あり。合間出張で通り過ぎた父の特急便で来た数々の日本の食べ物を楽しむ休日です。きょうは醤油ラーメンとかりんとうを食べました。

一年経った今日は、驚くほど日常に満ちていて、それはそれでいい休日です。
[PR]
# by Haruka_Miki | 2011-05-15 00:00 |

5か月

最近、ご近所を再発見する散歩が楽しいです。大通りを通らなかったり、いつもあまり行かない方向に(例えば北上)歩いてみたりして、ここの八百屋は安いだとか、新鮮だとか、あそこのトルコ料理屋はおいしそう、だとかそういう小さい発見を楽しんでいます。

私自身も、こうして日常の中でまだまだ沢山新鮮に思うことがあり、生活の中で、またプラスアルファで発見があります。当然、身体的に感じる新鮮さ以外にも、日々の情報収集・もしくはこれからしようとしていることを通じて、たくさんのわくわくの気持ちを感じることは難しくありません。新たななわくわくが大好きな種類の人間の私にしてみれば、今の状況は本当にありがたいものです。

f0079502_1383896.jpg
さて、私がそうであれば、ミクロの世界に生きる彼は彼で、毎日日々発見をしているようであり、彼の目に映るものを多様でカラフルなものにしてあげよう、限られた内なる社会だけでなく、外も見せてあげようと思うわけです。例えば隣人さんとの「会話」をすることが至福の喜びの様であり、それならばと公園に出かければそこで出会う近い年齢の子供たちとの会話はとびきり楽しいものなんでしょう。そんな中思い出すのは、大学時代の先生が数か月前にくれたメールです。

>私流の組織論でいえば、「組織」というのは2人では不安定で、紛争は過激化 する傾向を内包しますが、3人こそ「組織論」の始まり、従ってデモクラシーの原点で、相互承認、思い やり、調和等をもたらしうるものです。

その際は、頭にはてな?マークが飛び交ったわけですが、その意味がなんとなく理解できる今日この頃です。

5か月が経ち、最近、時には彼と離れて過ごす時間も作っています。育まれ、愛されることがすべてな無垢な存在を前に、それは限りなく切ない思いになるものですが、同時に彼が新たな社会に触れる機会にもなるとも思います。私もまた、そうして刺激を受ける機会に恵まれています。小さな社会、中くらいの社会、大きな社会の中で、大変なこともあるけれど、楽しいこともたくさんあります。5か月経った今までも、これからも、Bon vivant(人生を楽しむ)をモットーに、自分自身と、パートナーと、彼に向き合っていきたいと思います。
[PR]
# by Haruka_Miki | 2011-01-30 01:03 | 五感

お久しぶりです

大変ご無沙汰しています。年末年始はあれこれ忙しくネットアクセスも悪かったりしたのですが、元気にしています。

マイナスが続く寒空から、ここにきて10度を超える日があったり、今日も寒いとはいえお天道様が出たり隠れたりでいい陽気のパリです。先週末は、お日様が嬉しくなり、軽めのジャケットを羽織って左岸まで散歩してみました。久々にあのアイスクリームが食べたくなったのです。冬に合ったお味もお目見えしていて、特にマロン・グラッセのアイスクリームがおいしかったです。そのくらい、暖かなありがたい週末。セール初めての週末ということもあり、日曜日も多くのお店が開いていました。近くまで来たということで、左岸に住むお友達とカフェでいっぱいワインを。私はどうも貧乏性?出不精?で我が家でお茶をすることが多いですが、フランス人・フランス慣れしたお友達というのは、よく「カフェに行き」ます。疲れたから行くとか、飲みに行くのではなく、カフェに行くことが立派なお出かけ。そうして街に出ると、意外な場所にすてきなカフェを見つけて、今度行ってみようとなるのだから、そういうチェーンでないカフェ文化が発達した場所ではやっぱりぜひカフェに出かけるのが吉。思わぬ出会いもあるかもしれないです。

さて、隣国チュニジアのニュースが連日報道されています。毎日見ている20時からの国営テレビのニュースは30分のうち15分がチュニジアに関する特報。メインキャスターもチュニジアに赴く力の入れ様。それだけ近い国であることを今更ながら感じています。日本でも、母によれば随分と報道されているようですが、その様子はかなり黒煙やら機動隊やらで物々しいと言っていました。実際、チュニスにいるわけでもないのでなんとも言えませんが、家族ぐるみでお付き合いのある友達がチュニスにいるので、心配しています。パートナーが電話を30回以上かけても通じず。しかし、やっとつながったので話してみたら、街はいたって大丈夫なようで安心しました。けれど、野菜や牛乳など生活必需品がこういう時には手に入りにくくなるので大変だとのことです。

革命が起きたチュニジアとはだいぶ状況は異なりますが、ネットワーク・市民の連帯(という言葉はなんとなく政治的に用いられることが多い気もしますね)、そこまでいかずとも市民同士がコミュニケーションをとることの重要性を、海外に出るととても感じます。特に、個人的には、フランス生活を楽しめるかどうかは、数々の面倒や不便を乗り越えるために、他の人とコミュニケーションをとることを厭わないか、がキーになるように、よくパートナーと話します。たとえば、地下鉄の駅のバリアフリーはちっとも進まないけれど、代わりに周りの人々に助けをお願いする勇気、もしくはあちらから声をかけてくれる状況、そうしたコミュニケーションに救われます。たとえば東京に帰ると、安心と便利さに驚き、感動し、その快適さに一分で慣れてしまいます。が、反対にパリに戻ってくると、コミュニケーションをしよう、という意識を含めての自己危機管理意識が芽生えるのです。

だから、非常事態への対応がすこぶるいいことが多い、というのがもう一つパートナーとよく話すことです。最初から完璧でないから、問題に対応する心の準備もあるし、万が一緊急の事態の時も、焦らず力を合わせることができる。個人主義だと言われるけれど、そういう能力に長けた人が多いなと思うのです。そこで活きてくるのが日々培って?いるコミュニケーションをしようという心構えかもしれません。実際、我が家の建物の下で火事が起きた時も、住人の連携と対応は素晴らしくって、住民組合(サンディック)もちゃんと機能していて、あっぱれだと思いました。

二年半目のパリ生活をまとめると。クロワッサンとワインとチーズとセーヌ川とエッフェル塔とカフェだけでないここの暮らしです。
[PR]
# by Haruka_Miki | 2011-01-20 00:00 | 五感

朝カフェのすすめ

個人的に、9月のパリは例年とても美しいとしたら、11月は割合とねずみ色が多い月かと思います。
f0079502_1874047.jpg


ここのところ、雨続きのパリは実はそこまで寒いわけでもなくて、灰色の空に見て怖々、気持ちを奮い立たせて外に出てみて拍子抜けすることが多いです。その空模様を見ては、今ステレオで聴いているクラシックの曲たちがこの大陸で生み出された理由が分かるというものです。チャンネル2の朝のニュースをつけて、少しの間だけ空気の入れ替えをし、夜一度起きた際に回しておいた洗濯を干し、コーヒーをエスプレッソメーカーで淹れて、さて今日も一日始めよう!と気合いを入れるのが日課です。

今の時期の私の生活というのは、めまぐるしくとても忙しい日々かと思われがちで、確かに以前と時間の使い方はだいぶ変わったと言えるし、一日がすぐに過ぎては、夜がくるとすこんと深い眠りに落ちてしまうという意味では、やはり日夜のリズムは変わっているのでしょう。とはいえ範囲内では自分の時間をコントロールできるというか、そういう風にしても差し支えない状況を自ら作り出せているので幸せなものです。結局、いくらでも自分自身を制約することはできるし、周りの人々の目や社会的合意などが揃っている必要もあるのでしょうから、そこは運次第でもあると思うのですが、心構え次第で、特段過敏になるような必要もなく、Chilled outという言葉がしっくりくる環境を作ることは全く無理ではないのであります。

昔から、夜更かしが苦手な方だったのですが、そうはいっても、(その場合は仕事後、街に出る前に一度家に帰り休息してから繰り出すというマイペースな状況)夜になってから街に出ることは沢山あって、それはそれで楽しいのでした。それはそれで、きっと今でも楽しめるのでしょうが、生活リズムから行くとあまり自然な感じではないので、最近は朝方の性分に拍車がかかっています。そして。それならば約束事も朝に取り付ければいいのだはと思うようになりました。そんな訳で、友人に外で会う約束も、朝であっていけない理由はないと思い、先日朝カフェというのをしてみました。

普段なかなか行かないマドレーヌ寺院界隈。マカロンが有名なパティスリーです。ここのお店は他の支店に比べて、地元の人が多くて、朝だとビジネスマンが集ったり、暮らし向きのよさそうなマダムがルモンドを読んでいたりして、穴場です。なにしろ給仕がてきぱきしていて気持ちがよくおすすめです。ブランチや午後のお茶もいいけれど、頭がしゃきっとしている朝、こういう過ごし方も乙だなと思いました。
[PR]
# by Haruka_Miki | 2010-11-14 00:00 |

ローズとわたし、など

最近、パリを通過してくれる友人が多くて、とても嬉しくありがたい感じです。

f0079502_203611.jpg
15年来の友人、ローズもその一人です。アメリカ人の彼女は産まれがイタリアなので、イタリアにいる従兄弟たちを訪ねた帰りにパリを経由してくれました。国籍で人柄が決まってしまうことはありませんが、私にとっては、彼女はアメリカ人の大らかさやシンプルさ、ストレートさや開拓精神を体現してくれている人です。私の高校生活は他でもない彼女なしには語れません。そんな彼女は七十歳。二年ぶりの再会でも自然体の彼女。沢山笑って、好きなことをお喋りして、i phoneをしっかり使いこなして写真をぱしゃぱしゃ撮って、元気に帰って行きました。久々のアメリカ英語のソワレは、軽やかでした。

そして、またかつて同じ会社で働いていた方がパリでこの度展覧会を開くということで、気に入りのビストロでお昼をご一緒しました。それが。本当に素敵な方で、すぐに時間が過ぎてしまいました。

チュニジアの友人のご子息22歳。192センチの長身に革ジャン。図体に合わない(失敬)とびきりの笑顔とあたたかい心。雨の中ずぶぬれになりながら、それは大きなぬいぐるみを抱えてやって来て、我が家でしばしビールを一杯。

ロンドン時代の友人はこの街に実家があるので、朝からチョコレートケーキを焼いて来てくれました。ケーキを家で焼ける大人、ってなんて素敵なんですかね。我が家が購入したタルト型はいまだ日の目を見ず。そ、そのうち。どうしても、ブタノカクニが食べたいなというので、朝から三枚肉を調達し、豚の角煮を煮込み、別腹で美味しいケーキを頂きました。

インターネットの開設に2カ月かかろうとも、レジで途方もないおしゃべり待ちをしても、数々のうんざり以上にやっぱりこの街は何か惹きつけるものがあるから、そこを通る旅人もまた沢山いて、そういう街にいられることはとっても幸せです。一日一日を大切にしたいと思います。
[PR]
# by Haruka_Miki | 2010-11-08 00:00

マナー経由おしゃれ

2年で7回。
f0079502_200324.jpg


ここ最近で引っ越しをした回数です。いくらなんでも多すぎなのではと思うのですが、ノマド的生活はこれからもぼちぼち続く感じです。先月末に新しい家に引っ越しをして、荷解きをし、新しい界隈を散策し、ご近所さんの雰囲気も分かってきました。興味深いことなのですが、その昔語学学校に通うためにホームステイをしたお宅から数えても、かたつむり型に区が置かれたパリ市内で(パリはかたつむり型に1区から始まり20区までの区で成り立っています)、ほぼ毎回少しずつ真ん中目の区に引っ越しを続けていることを発見しました。

ネットの接続もまだ安定しないものの、生活方面ではようやく落ち着いてきたので、我が家にて、先日遅ればせながら引っ越しパーティを行いました。それ以外にも、何かにつけて家ご飯に来てもらうことが多い我が家です。ランチには外に出ることも少なくはないのですが、夜家に帰る必要がないパーティというのは、気が楽です。以前であれば、パーティメニューというのをわざわざ考えて困るということもなくはなかったのですが、今は普通のご飯こそ、一番ぱっぱと作れてゲストに向かい合えるご飯なんだということに気づき、普通の晩御飯をいつもより多い人数でというのが相場です。最も、人を呼ぶとなると、飲み物のデザートは欠かせないようです。ここの兼ね合いで言うと、和食というのは、シメにデザートというのが特段必要ではありません。が、フランスでお家ご飯をしたら、どうしてもデザートとコーヒー・お茶・ハーブティなしにお開きというのが不自然なため、デザートだけはケーキやタルトになったり、突然和の色を控えたものになることが多いです。簡単なところでは、寒天を使ったお菓子があるのですが、小豆を使ったいわゆる和菓子は、残念にも万人受けせず、そういうのはサントノレ通り近くの和菓子屋さんでお茶をするような有閑マダム以下、ジャポノフィルなフランス人に限られるのではと思われます。

先日の引っ越しパーティも、特段ジャポノフィルが多いわけではなかったので、シメサバ、などハードなラインナップは少しやめておいて、鴨のハリハリ・パプリカとバジルの白和え・中華サラダ・とんかつ・シソと梅のチキンカツ・白みそ風味の鶏とかぶのグラタン・ちらし寿司などを食しました。シャンパン、白ワイン、赤ワインとよく開け楽しいソワレでした。

そして、今回のソワレで気づいたこと、それは靴というものが持つ意味合いの違いです。引っ越し屋さんにも、お客さんにも必ず靴を脱いでいただけますか?と言うことにしていて、パーティの際も事前に、靴を脱いでもらわなくちゃいけないから、必要であればスリッパを持って来てねとお伝えします。そうすると、ゲストも快く脱いでくれるか、必要であればスリッパを持ってきてくれます。今回も、ひと組のご夫妻はモロッコのバブーシュ持参でした。というのも、正式な場、お呼ばれの場というのは通常靴でというのがマナーであるわけで、引っ越ししてから既にかなりの交流があるお隣さん夫婦も、お隣のドアと我が家のドアは歩いて文字通り一歩、なわけなのに、初めて靴でお見えになりました(いつもは部屋履きのスリッポンで行き来)。初めてフランスに語学留学したお家も、人を呼んでのソワレには、決まって奥さんはハイヒールで家の中を闊歩していたものです。

そういう文化圏だからこその頂き物。まだ歩けないけれど、やっぱり靴です。一人前に世の中に出た証、オシャレ以前のマナーは足元から、ということなのかな。私には発想すらなくて。とても面白いです。
[PR]
# by Haruka_Miki | 2010-11-04 19:17 |

フレンチエスプリ

f0079502_20275337.jpg
地下鉄とバス、ないし徒歩を移動手段とすることが多いのですが、ある日、タクシーに乗りました。近くのタクシー乗り場までパートナーに行ってもらって、家の前で荷物共々ピックアップしてもらう必要があったためです。

パートナー:「まず家族と荷物をピックアップしたいので、○×通りに向かってから×□通りにお願いします。」
運転手さん:「D'accord。でも、時には家族も荷物も忘れて、旅立ちたいとは思わないかい?」

そして今週。引っ越しをした新居の鍵の調子が芳しくなく、どうしても私は自宅の鍵を開けることができません。困ったので、鍵屋さんに行きました。

パートナー:「家の鍵がいまいちよろしくないので、替えたいなと。とりあえず一度見に来て頂けませんか。」
鍵屋さん:「D'accord。でも、鍵でなくって、奥さんを替えたいとは思わないかい?」

フランセ・フランセーズ達よ、貴方方のそのようなところが、私が貴方方を愛して止まないところです。
[PR]
# by Haruka_Miki | 2010-10-08 00:00 |

パリでコモロ

5週間強前の話ですが、入院した際に、コモロ諸島出身の女性と同室でした。通常同郷の人は、1人部屋を頼むらしいのですが、私にはそういう頭もなく、最初から2人部屋であることに何の疑問も抱かなかったのです。初日はコモロの女性ではない他の方が窓側のベッドにいて、彼女は早く退院したかったようで、入れ替わってコモロの女性が部屋に入りました。5人目の出産ということで、後産に苦しんでいるのが分かって、特に彼女の場合は身体も大きくて気の毒になり、なぜか私も入院している身のはずですが、キッチンからお水を持ってきたり、身の回りのお世話?をしたりしました。

この経験がある意味超現実的だったのは、彼女の出身地が、日本から来た私には少し珍しいということだけでなく、彼女がSans papier(超過滞在などの不法滞在者)であったことにあります。国立病院を選択し、2人部屋となると、こういうことも当然あり得るのでしょうが。

(ちなみに。ブログ散歩をしていて、同じくパリ在住、こちらは社会学博士で研究されている磯さんのブログにも、この関連で興味深い言及があります→社会学徒の研究(?)日誌http://d.hatena.ne.jp/naokimed/20100726/1280152542。話は逸れますが、気骨なブログで、また学部時代の本たちを思い出して、急に公共政策寄りの議論から社会学に引き戻されました。)

彼女のケースをかいつまんで話すと、元々コモロ諸島から旅行ビザでやってきてそのまま残ってしまったこと、そのうちにパスポートを紛失したこと、この度パリで出会ったコモロ諸島系フランス人の男性との間に子供ができたこと、けれど彼は結婚をしており、重婚を認めないフランスで彼と結婚することは無理なこと(彼女の国では宗教的にも可能)、その子供のお父さんはあいにく入院中一度も子供の顔を見にはこず、けれど子供の認知には合意していて、子供はお父さんの名字を授かること、などが同室での会話で分かりました。通所コモロ諸島はマダガスカル同様仏語も一つの大切な共通語なのですが、彼女の場合は彼女いわくきちんとフランス語の教育を受けておらず(もしくは受けていたけれど家庭の事情・ないし彼女自らの選択でドロップアウトしてしまった)、フランス語も大切な局面になると完全ではないことが、入院においても障害を生んでいるように見受けられました。実際、子供の出生登録で困っていそうなところに出くわし、なぜかフランス語があやしい私が一助するという不思議な状況だったのでした。

では、そんな彼女がなぜ子供をもうけたのか。それは彼女と子供のお父さんの選択であり、彼らのみ知ることなのですが、一つ大変立ち入った失礼なことを言えば、もしかしたら子供を産むというのが、彼女自身がフランスに住み続けるセキュリティになるという可能性もあるのかと、彼女の話から察するのです。フランス人のお父さんを持つ子供がフランスに住むために、赤ちゃんを養育するお母さんが共にフランスに住むというのはごくまっとうな理由になります。

全くの赤の他人の私がこういう他人様の話に立ち入るのはどうかと思うのですが、実際今退院した彼女がどうやって子供を育てていくのか、特にフランス語が(特に察するにフランス語の読み書きがあまり完全でない模様)達者でない場合、どのように仕事を見つけるのか、どの程度のサポートを赤ちゃんのお父さんから得られるのか、病院を一歩出た彼女に問題は山積みであることは一見明らかです。実際、彼女曰く、今回の出産も所得がない人の援助を国から得てしているとのこと。不法滞在というステータスに関わらず、それはそれでまずは産まれてくる新しい命を守ろうとするフランスの懐の深さを感じずにはいられません。

そして。子供を産むという大きく、ある意味大変リスキーな「賭け」をしてもこの地に残ろうとする彼女。そこにある「愛」だとかそ、れ以外の「自分の人生を自分の手で手に入れる」という強い衝動に、病院という小宇宙で軽く眩暈がしたのでした。
[PR]
# by Haruka_Miki | 2010-09-20 00:00 |

花と果物と電話

家の近くの市場が立つのは毎週木曜日と日曜日。何が新鮮かは、その日にならないと分かりません。鯖が食べたいと思って出かけても、いまいちなこともあるし、思いがけず美味しそうな苺が手に入ることもあります(なぜかこちらでは秋の今苺が出回っています)。

f0079502_17372018.jpg
市場での買い出しで、ぶどうや苺、週に二日恒例の果実に満ちた我が家。花束のおまけつきでした。名も分からない野性的なオレンジの花は、生命力に満ちていて、茎の匂いがします。そんな日曜の夕方に電話がりんりん鳴って、取ってみたら思いがけぬ懐かしい友の声でした。もらった国際電話なのに嬉しくって長電話してしまいました。ただその声が、久々の時差のない会話が、互いの笑い声が嬉しかったです。心から嬉しかったです。ワインは無理だけれど、ピンクグレープフルーツジュースでロスの方向に向いて、乾杯しました。あなたの健康と日々の沢山の幸せを祈って。

さて、ここ二週間の自身と言えば、どこかで全く異なる生活や価値観が私に覆いかぶさるのではと思う好奇心と、同時に一定の不安を抱かないと言えば嘘になるのです。けれども。その心配が無用なものだることが分かりました。ありがたいことに、ゆっくり、けれど確実に、このリズムに慣れてきています。そう、リセットも脱構築も無理やりに必要なことはないことが分かりました。今まで通りの生活、そこに少しだけのずらしがやってきて、それはいとも自然な営みなようです。
[PR]
# by Haruka_Miki | 2010-09-13 00:00 |

その日がやってきた

悠長な話です。その日、自宅にて、いつもの様に夕飯を囲んでいました。
f0079502_1522331.jpg
(プチ・パレの中庭はちょっとしたお忍びスポットです)

カルボナーラと新鮮なサニーレタスのサラダを食べて、頂き物の世にも美しいピエール・マルコリーニの玉虫色のマカロンを食べてご機嫌なソワレをしているところ、今までとは異なる感覚と痛みを伴う兆しが見られたのでした。時間を計ってみたところ規則的なので一応出かけてみることに。兆しが訪れる時以外の時間を見計らい、ゆっくり至近のタクシー乗り場に歩いて行きました。タクシーから見える青黒いセーヌ河と街並みが美しいことを見る余裕がある時とそうでないことが交互に訪れ、そうこうしているうちに目的地に到着しました。事前に言われていた窓口に出向き、確認をすると今日はもう帰らないでここにいてね、今夜中よ、とのこと。正直、そんなつもりがない程度の兆しだったのでびっくりしました。

この国に魅せられることは多いのですが、今までで一番感銘を受けたのは、医療と社会保険の制度の良さと質の良さでしょうか。特に生を授かるこのセクションはとてもプロフェッショナルであり、安心して身を預けることができるのです。初めて見るその部屋はシンプルながら必要なものが取りそろえられており、部屋に入る道でも新しい命の泣き声が聞こえてきました。

日本で同じ経験を通る方とは比べ物にならないと思うのですが、一通りの痛みを経験し、その後麻酔を打ってもらいました。とはいえ、それでもシースルー越しに感じられる痛みというのは確実にあり、時が熟すのを待つ間もそれが徐々に大きくなるのでした。鋭い波が行っては帰る、そういうのを6時間程経験してから、いよいよ先生を呼びましょうということになって、その時がやってきたのでした。

よく、産む、という言葉を使うと思うのですが、私自身の経験では、間違いなくこちらはその営みをassister(助ける)側であるにすぎず、本当に大変なのはそこを通ってくる小さな存在なのだと強く思いました。十月十日を通じ育まれ、時満ちてさぁ出てみようと思う弱くて小さいけれど確実に力強いその存在。それは超現実的で神秘的で不思議な経験でした。痛いとか怖いとか面白いとかでなく、その神秘に寄りそう経験は唯一無二でした。

何の縁かは分かりませんが、そんなこんなで母になりました。

ブログはあくまで私の話でありますので、意思疎通ができるわけでないその人についてあまり話すこともできませんが、それでも今まで経験したことがない種類の経験であることは間違いなく、その意味ではこんなに興味深い体験もないわけで、時を見て投稿出来ればと思います。
[PR]
# by Haruka_Miki | 2010-08-31 00:00 |

家族にそっと、時に強く支えられるということ

土曜日の朝だけは、朝起きてから下のパン屋まで出かけクロワッサンを買います。通常は、田舎パンや雑穀パン、シリアル、マドレーヌにバナナ・時にバナナ他をミキサーにかけたジュースとコーヒーを食べるのですが、クロワッサンはささやかな週末だけの楽しみです。元々、ご飯党なので、白米にお味噌汁に焼き魚にお海苔と納豆というのも完璧素敵な朝ごはんなのですが、簡単さに負けて、上記のようなメニューが多いのです。

f0079502_5372970.jpg
(家の近くにある気に入りのビストロです。早い、安い、感じがいい、美味しいプロバンス料理はランチも夕飯も大人気です)

母が街に来ているのですが、母はパン好きなので、いくつか気に入りの種類のパンの頼み方を練習し、進んで焼き立てのパンを買いに行ってくれるようになりました。その他、コンテチーズが気に行った模様で、どのチーズが美味しいよ、とか、どのバターが美味しいよ、とか、イチジクのジャムは美味しいね、とか、この紅茶は美味しいね、とか楽しめてもらっているようで安心しています。日本に残した家族には母の不在中何かと面倒もかけると思うと申し訳ないのですが、やはり私としても心強いです。よく行くベトナム食材店、スーパー、市場、オーガニック食材店など一通り一緒に回って勝手が分かるようになった模様です。ありがたいことに買い物をお願いすることもあります。父がフランス語の会話本を持たせてくれたらしく、それを見ては市場の果実や野菜や魚、あとは万が一迷子になった際の諸々を控えています。実は、こちらに来る前に数カ月程ラジオ講座でフランス語をやってみたらしく、そういうことをちらっと話す母の気持ちが、心からありがたいです。

母を見ていて気づかされることは、「分からないことが分かる」ということによって、幾分も母の海外滞在が母自身にとっても、私や相方にとっても、日本で待っている父にとっても、楽になっているという点です。それは、遡れば、言葉が分からない環境でなんとか暮らさなくてはならなかった十四年前があったからなのだと思うのですが。

思い出すのは中学に転校したばかりの時に、なぜか唯一英語の能力を問わないはずの家庭科のクラスで落第点をつけられてしまって、メソメソ泣く私の腕を引っ張って、英語も流暢でない母はどうにかこうにか、気迫で教頭先生にかけあいに行ってくれたのでした。英語の授業ならともかく、家庭科でどうして?と。小さい村社会の学校には、そういう言葉が上手く操れない人への差別もあるのはある程度仕方なく、それに打ち勝つには、自分がその力をつけるしかなかったのです。それがまだ無理な子供を、押す姿勢を当時とてもありがたく思いました。

状況は変わりましたけど、今でも東京やここにいる家族に、そっと、そして時に強く支えられています。
[PR]
# by Haruka_Miki | 2010-08-22 00:00 |

太陽がいっぱい

都会の中の自然は、それが「自然」でなく、ある程度「人工」であってもとても落ち着くものですが、こちらに来て初めてブローニュの森に出かけました。東京でも代々木公園と明治神宮に似た性質のものを感じていたので、久々に木々や水に囲まれ、太陽を浴びるというのは、とても心地よいものです。
f0079502_612091.jpg


ゆっくり沢山歩いて、汗をかいて、ちょっと休んで、麦茶を口に含んで。日焼けもしました。こういうことをすると、東京に置いてきたハイキング靴が欲しくなりますね。そこまで本格的にせずに、ゆったりの今週末は、街端の森の池向こうにあるレストランでゆっくりゆっくりご飯です。
[PR]
# by Haruka_Miki | 2010-08-22 00:00 |

プチパレにて

パリ市立美術館のプチパレで行われている、イブ・サンローラン回顧展に行ってきました。

f0079502_08597.jpg
3月からのロングランも、今月でおしまいです。8月末で終わってしまう展覧会、朝から沢山の人が作っていました。時間帯予約の券の売れ行きも順調の様です。私も駄目元で身体的状況を説明すると、そうですか、じゃあメインの入り口ではなく、あちらの入口からどうぞーと、ありがたく横っちょから通してもらいました。ネゴ社会フランスではNonはOuiでもあり、その辺は交渉次第、とよく言ったものです。こういうゆるさがこの社会の居心地がいいところであり、反対にきっちりしているのが性分の方にはいい加減に取れるところかもしれません。

ファッション関係の展覧会はそれほど行ったことがなく、覚えている限りは埼玉県立近代美術館のファッションとスペイン文化展、ベトナムでたまたま観たピエール・カルダン写真展と、森美術館のヴィヴィアン・ウェストウッド展位なものかと思います。あまり縁がない世界ですが、プレタポルテにはないオートクチュール独特の世界観だったり美的感覚だったりが、世界の人々に与える影響というのはこうして歴史にしてみると明らかな訳で、特にイブ・サン・ローランというその人がフランス社会に与えた影響というのは、ココ・シャネルやクリスチャン・ディオールのそれと同じ様に、とても大きい様です。

私は日常に追われ、そんなことをすっかり覚えてもいなければ、おそらくはその記事さえ読んでいないのですが、相方曰く、2008年にイブ・サンローランが逝去された時、フランスは深い悲しみに包まれたのだそうです。ル・モンドは、一つの美しい花が散ってしまった、という風なこの上なく上品で上等なフランス語で彼が逝ってしまったことを追悼したのだと。

60以上の高級ブランドを傘下に持つコングロマリットが幅を利かすきらびやかな世界は、とてもまぶしくて、時に色艶が見えない位に、金銭的価値で計られ、私自身そうした状況にある程度の距離感を置いてしまうのです。値札がついていない空間で洋服が見られて、そうしたことが逆に浮き出てきて、なんとも味わい深い展覧会でした。
[PR]
# by Haruka_Miki | 2010-08-20 00:00 | 芸術

宗教、文化、価値観の固有性など

フランスに多くの人が住むマグレブ地域を始めとする多くの地域で、ラマダーンが始まった様です。
f0079502_177114.jpg
(チュニジアのプリティなスクーターたちです)

フランスにもイスラム教徒が多く住んでいるので、昨夜と今朝のトップニュースもラマダーン開始を知らせるニュース。ゆるり信仰のチュニジアの友人も、一昨日からウィスキーを断っているとのこと。オフィスの仕事なども朝早め始業で、休みなしに15時前に終えるという形式をとったり色々な工夫がなされるようです。しばらくは自動車の事故などがどうしても多くなってしまうこの季節、特に今年は酷暑の中のラマダーンなので、少し心配しています。インドネシアとイエメンにカシミール出身で米国に帰った同級生、日本にいるイスラム教徒の友人のことを考えつつ。

私自身はよく日本でありがちな、いいとこどりの申し子で、よく聞かれがちな、あなたは何の宗教を信じているの?に、うーんと祖父はこういうお墓に入っていて、祖母は毎年お盆ていうのをして、でも初詣というので神社も行くし、除夜の鐘というのを聞いたりお寺巡りもするし、クリスマスにチキンも食べるし、あとは、ガンジス川の流れにいたく心打たれたわよ、というタイプです。とはいえ、そういうRigidな宗教が持つ様々な規則と、それ以上にその背景にある意味合いには結構関心がありますし、分からない・知らない中でもリスペクトしていきたいと願っています。

当然、宗教もそうですし、人というのは様々で、イスラームの教えの信仰の仕方も地域性や家族の中、また個人の中で大きな幅があると思います。そのことが頭では分かっているけれど、限られた理解の中でリスペクトを示す時、逆に一つの固定概念に囚われる危険性もあるかなと思うと、簡単な話ではないと思ったりします。友人夫婦に、マグレブ出身のご主人と、ユダヤ教のフランセーズのご夫婦がおられます。二人をただの夫婦と言ってしまえばそれが一番シンプルです。言い方を変えれば、異教徒のカップルという言い方もでき、そこにポジティブ・ネガティブなコノテーションをつけることもできます。そういうお二人は、それぞれの信仰を割り切っておられるところと、許容されているところと色々あると思うのですが、こだわりすぎてもうまくいかない。

宗教以外でも、国籍や一つの文化圏の慣例というのも海外においてはしばしば尋ねられます。日本ではどうなの?てやつです。日本人はこういうときどうするの?だとか。明らかに、自身が日本代表というにははばかられる気がするので、そういう質問がある度に、個人的には、と一言加えて始めることになるのですが、そうはいっても、ある程度、一つの文化圏での「傾向」というのはあるわけで、自身も含めその傾向に影響されていることも本当であり。例えば、それは家族についての考え方や、パートナーシップに対する考え方、「愛」という概念の揺らぎなど、最近よく他の文化圏の友人と話す機会がある話題一つ取ってみても如実に表れています。もっといえば、女って、だとか男って、だとかそういう議論も、ある人にしてみれば性差による違いが明らかにある場合もあるし、そういう議論を好まない方もいます。

個人的には、会話を個人的には、で始めて、こういう傾向があるように思えるけれど、最終的には国籍や宗教や倫理や慣習の組み合わせによって、色々な日本があるんじゃないかな、と答える自分は、最善の答え方をしているのかもしれないし、ちょっとばかり外交的すぎるのかなと思ったり、さじ加減はなかなか難しいところですね。
[PR]
# by Haruka_Miki | 2010-08-09 00:00

La soirée du hammam

先日、敬愛するべーシストのRon Carterが来仏すると聞いて、なかなか行く機会のない界隈、Chatêau d'eauの老舗ジャズライブハウスNew Morningに行ってきました。
f0079502_16561936.jpg


この界隈は、ウィッグや髪の編みこみをしてくれるアフリカ系の人口が多い地域で、これがニューヨークであれば、さながらハーレム的なエリアと言ってもいいかと思います。カルチエ毎にマグレブ系の人が多い地域、中国・ベトナム・カンボジア系が多い地域、ユダヤ系の人が多いエリアとBOBOが出没しがちなエリア、レインボーフラッグが目立つ自宅の近く、移民が極端に少ない左岸、韓国系が多い左岸のエリアなどある程度の住み分けがされ、それもまた面白いパリです。

鬱々とした気分だった高校時代に聞いた彼のアップライトの演奏に感銘を受けた十代。二十代になって、東京でJim Hallとのセッションを観に行って約二年が経ちますが、変わらずの長身と優しい語り口調、きちんと仕立てた黒いスーツを着てすっと座る彼は本当に色艶のある素敵なおじさまです。今回は、一度聴いてみたかったギターリストのRussel Maloneもトリオの一員として参加していて、それは熱いソワレになったのでした。空調が効いていないことが多いこの街の建物、ライブハウスもご多分にもれず。入口のセキュリティのおじさんも、皆の熱気と暑い夜の相乗効果で、今夜はLa soirée du hammamだね、と笑っていました。

さて、当日は本当に白人の観客が多かったです。アフリカ系の人が多いこの地域で、局地的に異なるデモグラフィー。それにプラスしてアジア人はわれら位なものだったんではないかとお見受けしました。結局ジャズ文化がニューヨークやニューオーリンズ、そしてデトロイトのそれほどではないかもしれない、もしくは一風異なる位置づけがされているように思える音楽だからかもしれません。とはいえ、こちらでタクシーに乗った中でジャズのラジオを聴いているのは、今までの経験だとたいがいアフリカ系の運転手さんでした。ですから、白人のお客さんだけに受けているわけでは決してないのだと思うんですけど、実際に会場に足を運ぶ人口と、ジャズが好きな人口にある一定のギャップがあるようにも思えました。

皮肉なことに、Ron Carter氏がジャズを始めたきっかけ、それは彼が黒人であったことというのを雑誌か何かで読んだことがあります。デトロイト出身(というのも一つ親近感が湧くポイントです)の彼は、元々チェロ奏者を志し学校に行っていたそうですが、人種が問題になり、オーケストラに入団できなかったとのこと。白人のジャズミュージシャンがいても特段奇異に見られないのに、その反対は。そしてアフリカ系であるならばジャズでしょうという固定概念の深い根。それは私の中にもあるのかもしれないのですが。反対をつくと、演歌を唄うアフリカ系米国人のジェロがとても人気になったりで、ワインの如くブラインド・テースティングがあったら、演奏者と聴き手に何か変化があるのだろうか、興味深く思っています。
[PR]
# by Haruka_Miki | 2010-07-26 00:00 | 芸術

家を楽しむ

初めてこの季節に街に残っています。この夏は特段街を出る予定もないので、街に残った友人との家の会が多い今日この頃です。
f0079502_1142523.jpg


河沿いに集まって、市が作ったゴザやイスの上でチーズ・ワイン・パンとオリーヴのゆるい会に参加してみたり、お魚料理をふるまってくれるというので友人宅に出かけてみたり、ちらし寿司やお惣菜を作ったというので河を渡ってお邪魔してみたり、こちらもかき揚げとうどんの会を開催してみたり、皮から作る水餃子の会をしてみたり、そんな感じで家周辺での活動を活性化させています。東京にいる時も、家が大好きだった私は、半ば無理やりそれなりの頻度で家の会を開催していた方かなと思うのですが、パリという街はこの家飲みというのが一つのジャンルとしてかなり確立していて、通常東京のコンテクストで行っていた「飲み会」に匹敵するのが、家でゆるーく食べたり飲んだりする"Fête"にあたるんではないかと思われます。

お呼ばれするのも家で開催するのも、すこぶる楽しい家の会です。先週は目に鼻に舌に美味しいごちそうにありつきました。日本人の奥さんもこちらにずっとおられて完全にパリジェンヌであるし、あのいつか行ってみたい、バオバブやおサルさんで有名なインド洋の美しき島出身の旦那さんの腕の良さと言ったら、違う職業(そしてこのお仕事も大変な知識と技能を必要とするお仕事なわけですが)をされているのがもったいない位です。久々に五感全体に訴えかける素敵な嗜好をお持ちのカップルに、とても感化されたのでした。家には旦那さんが描いた色彩豊かな画も飾られていて、趣味なんでしょうけど、なんとも豊かな気持ちにさせてもらいました。その夜のメニューは、唐辛子に魚のすり身を入れて焼いたん、茄子の煮浸し、タヒチ風鯛のカルパッチョ、マダガスカルレシピの牛の尻尾を圧力鍋で甘辛く煮てご飯と頂くメイン、最後はアモリーノのココナッツとマンゴーのアイスを食べながら食後酒のラム酒と、エスプリが効いていて、最高に刺激される会だったのでした。

それから、一歳半の小さい子もいましたが、こんなに大人慣れした子供を見たことがないのでびっくりしました。知らない人が大勢のはずなのにちっとも怖がらないし、むしろにこにこやっているのが印象的でした。彼の性格なのか、環境なのかは分からないのですが、歯が生え始めたばかりのあの子も、一人の立派な「人」でした。夜も更けると、パジャマに着替えるのを合図に、バイバイと愛想をふりまいて自分の部屋に大人しく連れていかれて自分で寝てしまいました。

女の子が女性になる中で、「女子高生」になったり、「女子大生」になったり、「OL」になったり、「アラサ―・アラフォー」と呼ばれたり、そのうち「お母さん」以外の顔を見せなくなったり、そういうのに多少の違和感を感じたりの、相変わらずあまのじゃくの私です。けれども、その社会的な括りが妙に自身でもしっくりきたり・こなければ、ストレスを感じながらがんじがらめになるも、それは最終的には社会の括りを自分がいかに受け入れるかということであって、これも・あれも・それも私であるし、私の大好きな時間はこんな・あんな・そんな時間もあるのです、という生き方も当然可能なのだと思うと。これからがもっと楽しみになるし、家を中心とした生活も楽しみになるのでした。
[PR]
# by Haruka_Miki | 2010-07-25 00:00 |

美の話し、美の眼差しについて

髪の毛を切りました。肩下15センチ程になった髪がそろそろ長すぎたので、思い切って襟足ぎりぎりのボブにしました。
f0079502_22502243.jpg


髪の毛を洗おうにも、ヘアパックをしようにも、洗う部分もパックをする部分も少なくて不思議な感じです。山田優ちゃん位短くなったのですが、どちらかというと故・南田洋子さんに似た髪型であることが分かりました。海外に出ると、たいてい悩むのがどこで髪の毛を切ってもらうかということだったりすると思うのですが、私もこちらに来てから切ってもらっていた美容師さんが東京に帰ってしまって、今回は自宅で切ってくれるヘアメイクのお姉さんにお願いしたのでした。ビーチサンダルで現れたお姉さんは、普段はコレクションのヘアメイクをしている方で、カザニエ(出不精)の私にはうってつけな話しです。お姉さんは、美容師のくせして、美容院が苦手なのだそうです。あの、お客さんがオシャレ空間で話さなくてはいけないとがんばってしまう空間がなんとも、ということらしいんですが。華やかな世界の裏方をする方の発言としては、なんとも興味深いです。確かに、出不精たち以外のも、なんらかの事情で外に出られない人たちに、こういう出張サービスは好都合なのです。

この街にも、色々な職業の邦人がいるのですが、こういう美容関係の方も少なからずおられます。普段は全く縁がない世界ですが、やはりそこが伊達にクチュール・プレタポルテ問わずコレクションが多い街であり、一応は美容といえば、の街であることがうかがわれます。

この街、またロンドンにおいてもよく見かけたのですが、日本で言ういわゆるエステよりもゆるい感覚のInstitut de beautéが街の至る所にあります。お金を積んで何カ月コース・何回コースでするというよりは、一回ずつ予約をするタイプで、美顔・マッサージ以外でも特に夏に需要があるような(つまり、ブラジルで盛んの、セックス・アンド・シティのシーン的なコースです)単発のコースが沢山あり、安価です。一見さんお断り、というところはないので、ありがたい、という話しです。

美容院にしてもこういうエステにしても、どうやらこうなのかなと思うところは、やはり美で気にする対象が東京でのそれとはかなり異なることです。シミや肌の透明度、まつげの長さ(「盛る」という言葉、私が日本を出てから流行ったようですが)、芸が細かいネイル、髪型の完璧さに目がいきがちかと思うのですが、こちらの場合は、ネイルはたいてい自分でやったんだけど、利き手の反対はやっぱりちょっとはみだしちゃったわ、位なもので、日焼けなど、日本の美白の巨匠が怒りそうな、もう少し自然児的なオシャレだとか、大切な人の前でしか見えない身だしなみというのがとても重要視されているような感じです。海外に出た日本女子たちは、ヨーロッパ・アメリカ・その他の国々に問わず、たくましく日本で使っている化粧品や現地調達をしつつケアを怠らないのだと思うのですが、こちらで大切に思われている身だしなみは、他方自分で出来る範囲が限られている気がします。海外かぶれした・ないし外国から日本に移り住んでいる女子たちは、日本と自身の国のエステ事情に少なからず困っているんではと思った次第です。

こういう違いに思うのは、彼女の美意識が、誰の美意識であるかということであって、東京で慣れ親しんだ美容は、男目線の、彼の嗜好もさることながら、やはり私の美意識、雑誌などが誘導する私たちの美意識という女子目線が強いものだと私個人は思ったりしています。当然東京を出てみても、私たちの美意識だとか、彼の美意識というのが当然刺激になり美容の流行を作っているのだと思うのですが、その両者のどちらがより、と言えば、おそらく後者の男子目線というのがすこぶる大切で、その中で上のような身だしなみが当然視されているのかなと思ったりします。

美意識・エステ事情に通じるところは、多分その国の恋愛のお国柄であったりもするのかなと思いつつ、昨日は仏人の友人とその辺りについてとても興味深い話をしたので、またそこについても記せたらと思います。
[PR]
# by Haruka_Miki | 2010-07-07 00:00

家族+α

5月以降寒空が続くパリですが、昨日からはとてもきれいな太陽の陽がさしています。パリジェンヌも待っていましたとばかりにサンダルに履き替え、半そで・チューブトップに大きなレイバンのサングラスで闊歩している人が多くなりました。私は大貫妙子の都会を聴いてお掃除です。

f0079502_1842428.jpg
陽が落ちるのも遅くなった初夏の夜、昨夜は元ホームステイ家族宅でのソワレと夕飯に行きました。2004年からの付き合いになり、三人の子どもたちも大きくなりました。私に馬乗りしてた(つまり私を手玉にとって完全お嬢様だったわけですが)下の子も、将来は獣医さんになりたい、と夢もしっかりしてきました。真ん中の男の子も、女性を労わる優しさを備えて。女の人に囲まれた生活をしているかかな。上の15歳の子の色気といったら。ティーンネージャー特有の反抗期も、熟すのが早いだけ、終わるのが早いのかな。お母さん譲りの温かみがある顔になりました。それとも、彼女自身に彼が最近できたから?温かい雰囲気の中で、いつもと変わらず、アペロ(食前酒)ちょっとだけ飲むでしょ(!)?とウィンクする彼女は、ベリーショートの髪型が小さい丸顔に似合っていて、ジャンポール・ベルモンドのお相手をするジーン・セバーグを少し思わせます。

彼女たちのちょっと悲しい経験は以前記しましたが、そんなこといつまでもくよくよしていても仕方ない。前見て歩くお母さんは、お母さんの顔もするけれど、女性の顔もあって、誰かいい人がいたら紹介してよね、と笑えるまでになりました。子育てで少なめにしていた仕事も少しずつ増えて、海外出張も多くなったようです。私も嬉しいです。

幼少時代に、そして大人になって海外に出てみて思うこと。言葉の障害を理由にすることもあるけれど、実は人間関係に言葉の違いなんてたいしたことじゃないです。証拠に、今でもわたしの仏語なんてまだまだ。例えば獣医という単語を発音するのが苦手なんですけど、それだって、笑いをさそって、子どもたちが根気よく教えてくれます。もう言えないなら、省略版を言えばいいよ、と言われると、くやしいので何度も練習です。それも、笑ってしまえばいいのです。この家族の(お母さんの、そして子どもたちの)早口なフランス語と子どもたちの言葉遊びや早口言葉を真似るとたちまち失敗して皆で大笑い。文化の違いを障害に感じることがないわけでもないけれど、実は人間関係に文化の違いなんてそもそもあって当たり前なんだと。だって、日本人同士でも、難しいことなんて山ほどあるのだし。久々に白いパールのジェルネイルとデザインを施した私の爪を見て、とても珍しそうに見つめる下の子に、日本の女の子は皆こういうのやるんだよ、と話して、ふーん、日本って超現実的な国!と目をくるくるされる彼女とお喋りすることもまた楽しいです。

そして。結局家族のつながりの独特さを感じて帰ってきました。私とあの家族が、そして友人と心を通わせるのはまた違う次元でのつながり。元々家族の礎となるお父さんとお母さんは、やっぱり他人様だけれど、なんだかんだ一つの家族になって。ずっと一緒のわけじゃない、そんな緊張関係と安心感。そんなことちっとも子供のころは考えませんでした。感じさせない男女が築いた家庭に育ったからでしょう。

三人はどんな大人になるかな。今から楽しみです。
[PR]
# by Haruka_Miki | 2010-06-23 00:00 |

意味づけのない空間のこと

二つの街を行ったり来たりの宙ぶらりから、いよいよ一つの街に腰を据える準備が整いました。これまではあれだ、これだと理由があっただろうけれど、これからは過信せずにゆっくり休みなさいよ、というモンパルナスのマダム先生の忠告を聞いて帰ってきました。この機会、せっかくなのだからあれもしたい、あそこにも行きたいという気持ちもさることながら、そう先生に言われた途端、そうだよなとやけに身体が反応するのは、言葉は多少乱暴だとお叱りを受けそうですが、結局身体に異物が居る、ということにつき、そのことを自然と受け止めるよりは、異なる個体を抱えているのだと思い生活をする方が、よっぽど自然なことなのだと考えたりするきっかけになります。

先生の診療所は、サーモンピンクの部屋に温かみがあるソファが置いてあって、いつもラジオクラシックがかかっています。ご主人が小児科の先生なので、アパートの一室を改造して、手前が小児科と小児科用の待合室、あちら側がマダム先生のオフィスです。通常は国立病院に厄介になっていますが、先週から助産婦さんのストライキが続いていて、そこでかかりつけのマダム先生のところに今月は急きょご厄介になることになったわけです。結論として、このマダム先生に会うのはとても面白く、彼女の触診には大層信頼を置いているので、現代機器が揃わないこのオフィスでも、マダム先生の知識と経験に勝るものはないのです。そうやって、本当は我々のお母さんたちも過ごしてきたのだから、それで事足りるわけだし、過度な情報と過度な情報革新が安心を運んでくれるようで、心配の種もまた増やしていることを、彼女に会うといつも感じます。

さて、先月母に持ってきてもらった女性誌に、ふとすれば全く雑誌全体の内容とは趣向の異なる、姜尚中さんのコラムがあります。私はこのせんせいが書くものが元々とても好きなのですけど、今回のコラムの一節が面白く。都市空間についての言及で、東京という街に触れて、この街を自由な街にするためには、意味づけされていない空間を増やす必要性を説いていています。

そんなコラムを読み、待合室に座りながら、意味付けされていない空間が、誰にとって意味付けされていないのか、逆に意味付けされている空間はどういう空間なのか、その意味付けは誰がするものなのか、を考えていました。そうして、その質問は必然と、自身が生まれ育った街東京を考える素材となるのです。(近年のオリンピックに伴う魚市場移転などいくつかの問題を除き)都市政策がさほどメインイシューにならないように思えてならない東京という街を意味づけるのは誰なのか、なぜ彼らがその力を持っているのか、「彼ら」と一色単に言っても、その存在自体も時代時代で揺らいできていて、いわゆるシティプラニング以外の、それこそ駅なか事業に始まる意味付けできる空間の発見。それはカイゼンというコンセプトに表現され、その進化・深化たるや驚くべきなのですが、感動と、同時にどの駅も、どの改札口も、どのロータリーも、どの店ももしかしたら似通うリスク。

今住まう街の不便さたるや、感じ方次第では甚だしいのでしょうが、無意味な空間に解放感を、安心感を覚える性質の人にはたまらない場合もあります。ふと考えるのは、あの無意味さに溢れた、混沌とした街、小学生の頃からなじみのある東京は下北沢という街だったり、中野という街だったりします。

再開発の色や形やデザインを見て一目で、あのデベロッパーだ、と分かる街の中の混沌さ、オスマン大通りやモンパルナスタワーやラ・デファンスのような国家とパリ市をあげての都市計画と反して存在する無垢な人間の空間。私の関心を捉えて離さない二つの街の意味づけのない空間に今一度深い関心を覚えています。
[PR]
# by Haruka_Miki | 2010-06-22 00:00 | 五感