ブログトップ

パリ発 五感の穴

fivesense.exblog.jp

パリの東と西を走る旅のこと

この年末には、両親がこちらに来ており、夫婦&まだいっちょあがりでない娘一人の家族旅行と相成りました。我が家のがちゃぴんちゃん(妹)は東京で祖母とお留守番です。がちゃ、お留守番ありがとう。そして、両親にはまず、ご馳走さまでした、を言っておかねばです。お料理美味しいね、みんなで食べるともっと美味しいね、なひと時でした。

f0079502_1863619.jpg
フランスに着いたその日にアルザスに移動し、ストラスブールからミュールーズのワイン街道をひたすら車で走りました。ストラスブールとコルマールの美しさと言ったら。ピノキオの世界です。そして、おそらくはこれは限りなくドイツに似た地域です。歴史を考えれば言わずもがなだとは思うのですが、私はあいにくドイツに足を踏み入れたことがないため、ああこれはイメージのドイツだと思い、ドイツに行ったことがある両親の情報を持ってそう結論付ける他なかったというものです。

その後パリに戻り一息ついて、今度は父が行きたいと言っていたベルギー・ブルージュに車を飛ばしました。私も一応日本の免許証の翻訳(これがあるとこちらで運転ができる)を用意しておいたのですが、肝心なことを失念していました。欧州は基本、マニュアル車だということです。私はその昔、米国にてろくなトレーニングも受けずに運転免許を取得、書き換えを経て日本の免許を取得しました。ある意味、これは危険です。大きな道をひたすら走るのと、赤信号を見たらとにかく止まるのと、パラレルパーキングの方法と、高速を走る際に踏み込まずとも一定の速度で走り続けられるシステム(これ何と言うのですっけ)の操作方法だけわかっておけばなんとか車社会で生きられる、という大味なオートマ運転方法しか習わなかったので、到底マニュアル車の運転は厳しいというものです。まぁ、そもそも免許がないというものですが。というわけで、それぞれの運転で、父がハンドルを握り、私は後ろの席で気楽にしているというものでした。

私は、家族旅行といえば、昔からこのとりあえず自分たちで車を借りて自力でその地に行くというのがスタイルで、ヴィンセント・ギャロと同じ位に父は自動車の運転を厭わないのだと考えていました。(なぜギャロ、という感じですが、彼はLAからNYまで、バイクであれツアーバスであれ、とりあえず自分で運転するんだそうですよ。というのも、絶対に飛行機に乗らないからなのだそうです。当然ながら、ヴィンセント・ギャロはお友達でもなんでもありません。悪しからず。)とはいえ、久々の長い運転に、父はへとへとのようでした。昔は、プリンスエドワード島でも、キーウェストでも、すべて一人で運転したというものです。キーウェストには一人でハンドルを握り、休みなしで1日半で五大湖近くの自宅に帰ったり。それを考えると、父も年を重ねました。運転お疲れ様、ありがとうです。

とまぁ、各地の観光情報なるものはいろいろ書き連ねるところもあるのですが、それはあくまで私なりの旅の記録でしょうし、どちらかというと両方の旅で感じたのは、両親と旅をする、というところがテーマだったので、どうしてもそこの印象が強い旅でした。

蛇足ですが、今回両親のスーツケースが紛失しました。経由便ということが災いしたのでしょうか。一つのスーツケースは3日遅れで、またもう一つのスーツケースは両親が帰国する前日に、電話ではもはや埒があかないと空港に父が押し掛けてやっと発見されたのでした。見つかったから2008年もなんとかよく終わったというものですが、父の執念がなければ、キャリーオンケースの中の明太子も、うなぎパイももはや食べられないものになっていたことでしょう。クリスマスは係の方が少ないからか。年末年始に経由便を使われてCDGに来られる方はどうぞお気を付けください。

飛行機に車と、とにかく交通がメインの年末でありました。

追:いまだSDカードが差し込めない状況が続いています。写真は依然として最近のものが利用できない、ないし友人に送ってもらった写真での代用です、申し訳なし。
[PR]
by Haruka_Miki | 2008-12-30 00:00 |
<< 新年 器で頂くクリスマス >>