ブログトップ

パリ発 五感の穴

fivesense.exblog.jp

シンガポール・「脱」国境?

仕事をする上で、国境を感じる場面は薄れてきているように思う。一つのミッションに向けて、国を問わず様々な地域から仕事をする。PCや電話などの通信機器を使った会話の量は多くなり、距離的な遠さはもはや大きな問題ではない。言語の面では皆がそれぞれ英語を話し、それ以外にも社内で使うシステムに関して皆が同じ知識やスキルを共有する。

ご時世もあって、仕事の多くは「脱」・「超」(どちらでもお好きな方を)国境的に行われる。同じビルにいる東京オフィスの人と同じくらいに、もしくはそれ以上にシンガポールや香港、イギリスや米国の人と話す機会はとても多い。距離以上に彼らは精神的にとても近い存在で、なくてはならない仕事仲間だったりする。

だからこそ、身を持って仕事仲間がいる環境を感じたい、という気持ちが沸いてくる。共通言語に溢れているから、それで満足してしまうけれど、それじゃいけぬぞ、と己に問いかける。

今回の旅はそんな危機感を拭うためにも非常に楽しみだった。同じ基準にのっとり、同じ目標を掲げ、同じ言葉を話し、傍目には似たような綺麗なオフィスで働く彼ら。オフィスの一歩外に出たとき、どんな木々を目にするのか、どんな風を感じるのか、どんな交通機関に乗るのか、毎朝あたたかいベッドからゆるりと起き上がると、どんな朝食を食べるのか。

帰国後の収穫は抜群。

「シンガポールに来ていたらしいじゃない。どうだった?」「とてもよかったよ。ほら、ドリアン型のミュージックホールでさ」「あ、オフィスはあそこからすぐのところなんだよ!」

「朝ごはんでさ、Kaya(ココナッツ味のピーナッツバターのようなペースト)をトーストに塗るじゃない?あれすごい好きになった。日本で売ってないのは不思議だね」「Kaya知っているの!私は毎朝あれを食べて会社に来るよ」

直接顔を合わせていないのに、いつもに増して会話が弾む。目を見て話していないのに、仕事がぐんぐん進む。仕事仲間が近くなる。国境が透明になるほど、距離を近く感じる錯覚に陥るときほど、相手を見たい。知りたい。分かりたい。私を分かってもらいたい。きっと分かる、同じはず、という前提を総崩しにすると、今まで以上に彼らは近い存在になるから。
[PR]
by Haruka_Miki | 2006-02-28 00:00 |
<< シンガポール・友達とその先生と シンガポール・エスニシティ見物 >>