ブログトップ

パリ発 五感の穴

fivesense.exblog.jp

朝晩かくかく

春なので髪を切ることにしました。今回は思い切って15センチ位切りました。大学一年生の頃におかっぱで入学式だった時以来の肩上なので、少し不思議な感じです。少し母に似ました。

f0079502_5403013.jpg
という話は置いておいて、昨夜の会がとても密でした。わたくし何もお手伝いできませんで。ローズマリーが香り立つリゾットをご馳走になりました。久々に日本語で語り倒す会というのをやったのですが、それぞれの生い立ちに色濃く影響された我々ひとりひとりの価値観、自身がすがっている智慧の幹が、いかにも個人的なものであるか、そのことを如実に表わしていてとても面白かったです。

フランスについてのこと。スイスについてのこと。アメリカについてのこと。それぞれが住んだことがある文化圏の限られた話、それをステレオタイプにすることなく、どのような具合でまとめられるのか。そんな微妙な線を模索しつつ、話はマスコミに及んで。獄中でとても有名な本を書いた、政治思想がとても過激なイタリア人の方がいて、その方の本はとても影響があって、彼は今フランスのグランゼコールで教鞭をとっているのですが、彼の話を私が持ちだすと、一人の方から、その人は獄中にいたからこそ、自由であったとの言い方をされたので、それはとても興味深いなと思って質問攻めに。彼の考えでは、牢獄の外にいる人には、まずどの媒体を使うかなどの選択肢があるために、その手段の選択が自由を縛るとの言い方で、それに加えて、獄中にいるからこそ捨てるものがなくモノが申せるとおっしゃっていて、ふーんと聞いていました。選択とは何なのでしょう、自由とは何なのでしょう。そのほか、私はかなりつっかかってしまった「バランスがとれた人」論議だとか、かくかくしかじか、うんうん、ん?そうかんしら、なんで、なるほど、しかしながら、まぁねそれは、、とやっていたら地下鉄を逃しました。自分が考えもしない議論を聞くことの面白さと言ったら。パンチが利いてました。It doesn't matter whether or not we agree on each other. What is important is that we are not scared to admit that we agree that we disagree.

自由かくかく論議の後、今朝はルームメートと二人して、寝坊しました。とはいえ、ルームメートは毎日よく寝るので彼女にとっては普通なのです。いつもは私がエスプレッソ淹れるんですけれど、今朝はルームメートの方がタッチの差で早起き。二人で遅い朝ごはんをしつつ、朝ですし、自由だバランスだなんて議論はせずに、寝ぼけ眼。この家では、自由うんぬんの話は、ちっとも出ることはないのだけれど、彼女の恋の話や仕事の話や趣味の話を聞いているだけで、それもそれでうんんと「自由」が何たるかが染み出ているので、この家では、夜な夜な話すのが趣味でなくても、それでもやっぱりそんなエスプリは朝からぷんぷんなのです。そんなこんなで、エディットピアフのLa vie en roseが頭から離れないのですけど、まそんな日曜日もよいとします。
[PR]
by Haruka_Miki | 2009-04-20 00:00 |
<< すずらんをあげたいあなた 春の日差しの楽しみ方 >>