ブログトップ

パリ発 五感の穴

fivesense.exblog.jp

チュニジアの夜

2002年3月にリュックサック旅行をしたモロッコぶり、少しご無沙汰のマグレブです。今回は連れのチュニジア人の友人宅にお邪魔して、お陰様でリュクス&ローカルな滞在を。ありがとうございました。
f0079502_18191998.jpg
パリからは飛行機で二時間半。東京から沖縄や、少し足を延ばして東南アジアに行くのと同じ手軽さです。この地の素敵さと言えば、いたるところに流れるゆるさ。なんという雰囲気なのか。最北端に位置し限りなくヨーロッパに近く、地中海の雰囲気満点。
f0079502_182816100.jpg
女性の社会進出も進んでいるお国です。キャミソールで歩く女子たちに、ギリシャやイタリアを思い、仏語とアラビア語を混ぜこぜに話す彼らはなんとも素敵です。美味しいフルーツに美味しいシーフード、ピリッとハリッサベルベルを効かせて頂きます。アフリカで最も経済的に豊かと言われるこの小国。
f0079502_18165290.jpg
特に目を引いたのが、おやじたちがとびきりかわいらしいさ。おやじたちは朝から晩まで、シーシャやらビールやらウィスキーやらを片手にカフェに集いお喋り。べたべた肩をさすり合い、キスをし合い、友達っていいのです。携帯電話は一時も離しません。だって、話すの大好きですもの。SMSを送っても、すぐ電話がかかってきます。この国は隠れたポテンシャルが万歳な気が。ほとんどのものを自国で作るので、ミネラルウォーターもソーダ水も食器まで大体チュニジア製。自由貿易がどこまで進んでいるのか。これも国の政策の一貫なのでしょう。とことんのゆるさの反面、じっくり眼を凝らすと割と警察が道に立っている、そんな側面もあるようです。その辺がまた興味深く。
f0079502_18273790.jpg
なかなか濃い同胞の方々にお目にかかったり、みどころ沢山の週末でした。シュックラン!明後日からは、学校の休みを利用して、ジュネーヴにてインターン、その後9月からロンドンでの大学院二年目です。めまぐるしく移動するのは少しドキドキ、めでたさも中ぐらいなり、おらが春(小林一茶)ですが、いい機会をありがたく楽しみます。ブログはその土地土地からまたレポートをば。
[PR]
by Haruka_Miki | 2009-06-29 00:00 |
<< 夏の街 アフリカアウトルック >>