ブログトップ

パリ発 五感の穴

fivesense.exblog.jp

Paris je t'aime. Rebonjour Genève

久々にパリに行ってきました。帰ったらすぐ美容院!とうずうずしていたのです。髪の毛をストレートにしてもらおうと思って美容院に行ったのですが、話し合いの結果、沢山レイヤーを入れて随分と短くなりました。完全に肩上で頭が軽いです。

実は先週も行っていたのですが、土日だけだったのであっという間にすぎてしまいました。今回は二日お休みをして長めに帰宅。最近は随分とジュネーヴも勝手が分かってきたので、パリに着いても帰ってきたなー、ジュネーヴに戻っても帰ってきたなー、と不思議な状況です。よく考えれば、いずれの都市も自身の故郷からはそれなりに離れた地であり、随分と異なる文化圏な訳ですが。その意味では、やはり、パリという街、見慣れたカルチエと、ジュネーヴにはいない人に再会できるのが嬉しくて仕方なく。いつも何とも言えない匂いがする地下鉄も、皆が大好き左岸のデパートで買い求めた美味しいシリアルパンも、久し振りに会う友達カップルにお呼ばれしての夕飯も、久し振りに購入できたお豆腐とネギで作る麻婆豆腐も、通り雨が毎日のように降るけれどやっぱり納得の美しさのセーヌ河も、とにもかくにもこの街に住んで学べたことを、本当に感謝します。

f0079502_3455218.jpg
その街のチャームに気づき、それを愛でれば、その街は様々な文脈でホームになるもの。今後数週間は、イギリスのビザ取得のため、今度はしばらくジュネーヴに居るので、できるだけここの夏を、湖と山を満喫すべし。登山靴はあいにく東京ですが、山に行きたいのです。山を登っている時は、四六時中文句を並べますけれど、山登りが好きなのです。

引き続きジュネーヴでは、サブ・サハラの国のエトセトラにコミット中です。たまたま今週パリでは、いくつか思いがけない出会いがあり、様々教示頂きました。その二人は、それぞれ大学の一学年上であったり、将来探し(就職探しよりももう少し大きく捉えたし)をしている方々なので、かしこまらずにそれぞれのこの一年の経験をアップデートして下さり。結局は、こういう中でのたわいもない話は、案外視差に富んでいて興味深く。このタイミングで二人の話を聞いたのも、何かの縁。ジュネーヴに居る間しかできないこと、それはここにいる間に、より多くの人と出会い、また新たな視差を得ることなのだと閃きを頂いたのでした。
[PR]
by Haruka_Miki | 2009-07-23 00:00 | 五感
<< 洗濯日和 夢心地 >>