ブログトップ

パリ発 五感の穴

fivesense.exblog.jp

恋におちて

嗜好品の厄介なところは、美味しいものを食べると、自分の期待値もぐんと増すというものです。

日本という、主食がパンでないのに、本当においしいパンを作る(と思います。特に最近)国から、フランスというパンの王国にやってきて、その後のロンドン。これは、甘やかされた私の舌には、聞いてはいたけれど苦行でありました。スーパーで買う100円程のライ麦イギリスパン。初めて、パンを一口かじって処分してしまいました。お百姓さんごめんなさい。それからは、パリに帰る機会がある度に、パンを調達する日々です。もちろん、ロンドンも素敵なものはたくさんあって、例えば、パリでは3パックで3ユーロもする納豆が、4パックで1ポンド程、パリでこれっぽっちで8ユーロする牛蒡が、ロンドンでは太いしっかりした牛蒡で1.5ポンド。なので、ロンドンの面目のために、この幻滅はとりあえずはパンだけの話にしておきたいと思います。

そんな甘ちゃんになった私が、今日、この、ロンドンで、本当においしいパンに出会いました。パンだけでなく、すべてが美味しそう。お店自体に恋に落ちました。

ラッセルスクエアーから7,8分程のところに、最近巷でオシャレストリートの名を確立しつつあるLamb's Conduit Streetという通りがあります。オシャレといえば、Notting Hillでしょうとだけ思うなかれ。なかなか美味しそうなレストランや、ざっくりした洋服のお店、テーマ別本屋さんなども並びます。私は、今までは、Conduitと聞くと、あの証券化のVehicle(Special Purpose Entity)の''Conduit''(導管体)ばかり思い浮かんでしまい(SPEの利益に法人税が課税された場合、法人税を控除した残りの利益を投資家が配当として受け取る)、なんちゅうすっかり職業病。そんな訳で、この通りに関心を抱きながら、ずっと敬遠しておりました。今日近くに行く用があり、歩いてみたところ、とても素敵な通りだったのでした。

f0079502_454335.jpg
なかでも、おすすめがKennardsという地産(アジアなどのスパイスも置いてますが)無農薬・有機栽培をモットーとするお店です。ソーセージも、鶏肉もとにかく新鮮でとっても美味しそう。保存料が入っていないので持ちが悪いのが玉に傷。逆に、いつもスーパーで調達するやけに持ちがいい食材は、それだけ保存料が入っているのかと思うと少し考えさせられます。お魚もよく入荷するようです。

パンもいくつか置いてあり、中でも目を引いたのがオリーブのパン。ぱっと見ても、これはどう見ても美味しそう。思わずこのパンと、無農薬の豆乳を買って家に帰ってきました。結果は、もうばっちりでした。これならば、パリの行列パン屋にも引けを取りません。ハロッズのパンコーナーでもここまで感動しなかったので、感動も二倍です。

パリ同様、ロンドンでも、ボヘミアン・ブルジョア的食材店は大いに流行の予感です。
[PR]
by Haruka_Miki | 2010-01-30 00:00 | 経済的営み
<< 師弟のこの頃 音、楽! >>