ブログトップ

パリ発 五感の穴

fivesense.exblog.jp

花と果物と電話

家の近くの市場が立つのは毎週木曜日と日曜日。何が新鮮かは、その日にならないと分かりません。鯖が食べたいと思って出かけても、いまいちなこともあるし、思いがけず美味しそうな苺が手に入ることもあります(なぜかこちらでは秋の今苺が出回っています)。

f0079502_17372018.jpg
市場での買い出しで、ぶどうや苺、週に二日恒例の果実に満ちた我が家。花束のおまけつきでした。名も分からない野性的なオレンジの花は、生命力に満ちていて、茎の匂いがします。そんな日曜の夕方に電話がりんりん鳴って、取ってみたら思いがけぬ懐かしい友の声でした。もらった国際電話なのに嬉しくって長電話してしまいました。ただその声が、久々の時差のない会話が、互いの笑い声が嬉しかったです。心から嬉しかったです。ワインは無理だけれど、ピンクグレープフルーツジュースでロスの方向に向いて、乾杯しました。あなたの健康と日々の沢山の幸せを祈って。

さて、ここ二週間の自身と言えば、どこかで全く異なる生活や価値観が私に覆いかぶさるのではと思う好奇心と、同時に一定の不安を抱かないと言えば嘘になるのです。けれども。その心配が無用なものだることが分かりました。ありがたいことに、ゆっくり、けれど確実に、このリズムに慣れてきています。そう、リセットも脱構築も無理やりに必要なことはないことが分かりました。今まで通りの生活、そこに少しだけのずらしがやってきて、それはいとも自然な営みなようです。
[PR]
by Haruka_Miki | 2010-09-13 00:00 |
<< パリでコモロ その日がやってきた >>