ブログトップ

パリ発 五感の穴

fivesense.exblog.jp

紙一重な女であるということ

Kusama Yayoiさんの作品を初めて見たのはいつでしたでしょうか?それが直島の地中美術館でのことか、北浦和の美術館だったか、たぶん、学生時代の横浜トリエンナーレの水面のインスタレーションではないかと思うのですが、定かでありません。

f0079502_18551648.jpg


アート誌はもちろん、今週のEconomistにだって取り上げられてしまうお人。「存命の女性アーティストで二番目に高値がついた作品を作るアーティスト」ですって。こういう82歳って、ちょっとなりたくてなれるものではない。たぶん、ご自身に見えてしまう、凡人に見えない世界というのはそれはそれで苦しいのでしょうけれど、それを外に出してご自身を慰められていることが、結局他人への強烈なメッセージ性を帯びたものとして映るとき、それは当然独りよがりのものではないし、唯一無二の才能を持った方の苦悩でしょう。わたくしなどは、そう考えると、なんとほーっと生きていること、か。先日まで、ポンピドゥーで展示がされていて、家から徒歩圏内なのに行けなかった。残念です。今くらいの年だったら、これからは坊と一緒に行けるかも。幼児の目に映る、草間さんの作品って、どんなんだか気になるじゃありませんか。

さて、LVMHは現代美術家がお好き。村上さん、スティーブン・スプラウスさん、リチャード・プリンスさんの次は草間さん、7月に限定コレクション販売だそうです。個人的に、このお三方と草間さんは一線も二線も画していると思っています。

スプラウスさん デザイナーでもある。ロックアーティストをモチーフにしたアートも有名。LVではマークジェイコブスからのオファーで2001年春夏にコラボレーション
村上さん こちらもマークジェイコブさんからのコラボレーションオファー。アニメ・サブカルチャーをベースにしたポップアートが多い。
プリンスさん アメリカンポップカルチャーの膨大なイメージから抽出したヴィジュアルアート作品。LVとは2008年にコラボレーション

ということなのですが、なんというか、お三方のことを存じて上げていないので、なんとも言えないし、ましてや草間さんのことを存じ上げていないのでこれまた何とも言えませんが、素人の印象でお三方と草間さんが異なる点としては、その命のかけ方?拝金主義ではないところ?紙一重なところ?内面的なものと常に戦っている印象をうけるところ?分かりませんが。でも接点はあって、やはり皆さんアメリカの地を踏んでいること。これは、やっぱりフランス、じゃないわけです。イギリス、じゃないわけです。その辺が20世紀を象徴しているように思えてならない。

とりあえず、色々な感情を抱けそうなので、今夏にはシャンゼリゼにぜひ足を運びたいと思います。

最後に、ネットで見つけた面白い記事をリンクさせて下さい。
立命館大学人間科学研究所主催の対談です。
[PR]
by Haruka_Miki | 2012-02-08 00:00 | 芸術
<< 消費者のわたし 家を燃やされないように >>