ブログトップ

パリ発 五感の穴

fivesense.exblog.jp

遊び心

昨日滑り台をした。階段昇ってするっと滑ってを、繰り返すあの代物です。東京の真ん中に立派な滑り台を発見。滑り台がある夜のその場所は、東京の繁華街でぽっかり空いて忘れ去られてた。夜遊びに出かける街の喧騒には似合わないもの。友人とたまたま通りかかり、わたくしは久々にハイヒールを放り投げて、無心に、いや全精神を集中させて遊びもうした。私が子どもの頃好きな遊びの一つに、「遊園地」があった。実の遊園地でなく、幼稚園児の頃やってた「遊園地」という遊びでは、我が家にある滑り台を土台に段ボール、図鑑でコースを作り、小さなソリを用意して勢いよく滑り台から滑り落ちる。造る楽しみ、本や図鑑でできたコースにぶつかり壊してしまう楽しみ、本物の遊園地みたいにわくわくして畳の部屋だってことも忘れるんだ。遊び心は想像力、遊び心は発明力、与えられた麗しい環境でお決まりの「夜遊び」に飽きたら、あの時の心に戻ってみればいい。子どもは大人になったことはない。大人は子どもだったことがある。お決まりの遊び心がない「遊び」の合間に「タイム!」って叫んで一抜けしてもいいよ。人生に鬼ゴッコの鬼はいないもん。
[PR]
by Haruka_Miki | 2006-05-26 00:00 | 五感
<< お客さまは神様です 日本食の洋食 >>