ブログトップ

パリ発 五感の穴

fivesense.exblog.jp

「待て」の姿勢で待て

観たい映画がある。同じ映画をずっと観たかった、という友人がいたので先週観る約束をした。映画館まで行って残念、その映画館では前日を最後に上映修了とのことだった。大物作品にスクリーンが配分されてしまったためだ。残念だけど他の映画を観た。リベンジ、ということで今週他の映画館に行くことにした。さて、二度あることは三度ある。その映画館の上映も前日で終わってしまったとのこと。観れないと観たい気持ちが増す。なんだかこういう感覚は久しぶりだ。観たい!と思ったらいつでも観れて、食べたい!と思ったらいつでも食べられて、最近特に、欲求を感じてからそれを満たすまでの時間がとかく短い。なんでも手に入るし、簡単だ。今回久々にこの「待つ」感覚が蘇ってきた。待ての姿勢が長いほど、待ち遠しい。楽しみが膨らみ、想像をかきたてる。ただ映画を観るという行動も、なんとなく意味合いが増す。おそらくもう映画館では観られなさそうだけれど、その分こんな気持ちになれたから、もすこし辛抱に待つさ。
[PR]
by Haruka_Miki | 2006-06-03 00:00 | 五感
<< 人格をまとう お客さまは神様です >>