ブログトップ

パリ発 五感の穴

fivesense.exblog.jp

怖さも分からず

ご承知の通り、地震があった。皆さん大丈夫でしたか。

びっくりしてタータンチェックのひざ掛けをとっさに防災頭巾に見立てた。気休めもいいところなのだが、小学生時代からの避難訓練の賜物といったところだろうか。我ながら、パブロフの犬の理論を自己証明した気がした。あいにく、これが本当の災害時に役に立つかは定かではないが。

会社のメールを失敬して、大急ぎで大切な人々の安否確認をした。こちらのビルの縦揺れ大きく、みなの安否知りたし、返答求む。すぐに母からメール。こちらもすごい揺れでしたが大丈夫です。多忙だった父からは30分後に返信。こちらも大丈夫です。一安心して業務を続ける。

なぜ思う 自分だけには 関係ない
その安易さが 明暗分ける

というわけで、なぜか自分だけは大丈夫な気でいるんだろう。淡路阪神地震で多くの親類が被害を受けたし、スマトラ沖地震・インド洋津波に巻き込まれた友人もいるのに。自分だけは関係ない気でいる。

防災の日直前のこの地震は、どこか教訓めいていて、気を引き締めずにはいられない。そう、祖母が生まれて一ヶ月後、その年から82年、関東ではまだ大地震がない。
[PR]
by Haruka_Miki | 2006-08-31 00:00 |
<< 温暖化の精神面への影響 「他者に視線を向ける美術館」 >>