ブログトップ

パリ発 五感の穴

fivesense.exblog.jp

十三回忌

祖父の十三回忌と曾祖父の二十五回忌があり、家族で集まりお寺に行った。普段と言えば、宗教とは全く関係がない生活をしていて、一つの宗教でも宗派が何たるか分からず、執着もない。クリスマスもお祝いするし、幼い時にはお宮見舞いに七五三もしたし、今日などはお焼香のやり方もやっと理解した状況である。つまり、私にとっては信仰と言うよりそれは慣例・習慣、また家族の集いというニュアンスが大きい。祖父と曽祖父が仏教の方法で弔われたので、亡くなって月日が経つ今も、故人を想う時にその場がお寺だというところである。と断言してしまうと、様々な宗教を強く信じている方の気分を害しそうだが、それぞれの信じ方があるのであれば、これも一つかと。

自身の信仰がこれですと断言できるようなものはないのだが、宗教を信じる人間の在り方には人一倍の興味がある。高校時代に過ごした地にユダヤ教のシナゴーグが多くあって、当時まだ小学生だった妹の友達は、放課後遊ぶ前に必ずヘブライ語の宿題をしていたのが印象的だった。私が知るプロテスタントの教会は、礼拝を行う時以外は、公文教室やピアノ教室の発表会の場として貸されていた。宗教を超えて、どちらかと言えばコミュニティの集会場のような意味合いを含んでいたのかなと今になれば思う。

そうしたことを背景にしての祖父の十三回忌である。祖父が信仰深い人だったかは分からぬ。とりあえず、十二年経った今、祖父の為にお坊さんがお経を唱えてくれて、家族が集って祖父のことを想っている。祖父のことを皆で話すのはとても懐かしく、一緒に過ごした楽しい時間を思い出す。この住職さんというのが、素晴らしいお説教をする住職さんで、いっそ噺家になったらいいのにと思う。雄弁家なだけでなく、それこそ米国のピューリタンの話をされたり、様々な分野にオープンで勉強家であることが察しられるところだ。

真理が一つの信仰に凝り固まってしまうことの弊害は、他の信仰の人との対立だったりするのだと思う。また、ある教えが真理になり、自分で何かを考えるよりは、全ての価値判断がその真理に基づくものというのこともあるかもしれない。だからといって、無関心というのもちと寂しい。宗教がタブー化される世界だけれど、宗教はタブーだとだんまりを決め込むよりは、ある程度様々な信仰の教えに、耳を傾けてみるほうが、よっぽど他者理解につながるのではないかなと思った。そう、様々な信仰に向けてで、ある程度の冷静で客観的な立場を自分が保てるのであれば。
[PR]
by Haruka_Miki | 2007-06-30 00:00 |
<< 自転車のペダルをこぐに見合った... 美食的旅 >>