ブログトップ

パリ発 五感の穴

fivesense.exblog.jp

風邪気味の時は詩に限る

f0079502_2194660.jpg
(At the Cathedoral in Toulouse, France, 2004)

微熱が何日か続いて、ふらふらしていた。高熱でないので、汗もかくけれど、すこーんと次の日に回復するほど熱が出きらないというのは不完全燃焼である。解熱剤てのはもってのほか。葛根湯を飲んで身体を温めても、アクエリアスを飲んでも、どうもよくならないので、土日はおとなしくするかということで寝てみた。

というからだの具合は置いておいて、私はこういう風邪気味というのが嫌なのだけど嫌いではない。なんとなく、風邪を引いたときって、集中散漫の割りに、普段の自分では気にならないことが気になったりしません?私の場合、風邪の時は短いパンチが効いたものを欲するので、そうなると、詩にむくむくと興味が湧いてくる。おそらく、長い読み物を読む気力がないのと、ある意味でいつもよりも想像力に富んでいるからかと思われる。

今日は、高校時代に読んだRobert Frostの詩が急に頭に浮かんで、早速ネットで検索。以下、Harvard Square Libraryより抜粋。

THE ROAD NOT TAKEN

Two roads diverged in a yellow wood,
And sorry I could not travel both
And be one traveler, long I stood
And looked down one as far as I could
To where it bent in the undergrowth;

Then took the other, as just as fair,
And having perhaps the better claim
Because it was grassy and wanted wear;
Though as for that, the passing there
Had worn them really about the same,

And both that morning equally lay
In leaves no step had trodden black.
Oh, I marked the first for another day!
Yet knowing how way leads on to way
I doubted if I should ever come back.

I shall be telling this with a sigh
Somewhere ages and ages hence:
Two roads diverged in a wood, and I,
I took the one less traveled by,
And that has made all the difference.

Robert Frost (1874–1963). Mountain Interval. 1920

爽やかなRobert Frostの詩が、こういうときにとても心地よい。また長い読み物が読めるように早く回復することを望みつつ、なんとなくこの詩のモードも悪くないと思いつつ。
[PR]
by Haruka_Miki | 2007-08-26 00:00 | 五感
<< ジンバブエ報告会 文通の夢は塵となりにけり >>