ブログトップ

パリ発 五感の穴

fivesense.exblog.jp

コミュニティと祖母のこと

秋雨前線の影響を受けてひんやりとする秋空の中、幾つか用事があって、神楽坂に出かけた。用事の一つは、先代の先生の時代から家族でお世話になっている漢方の先生のところに行くことである。

幼き頃といえば、泥だらけになってみるだとか、かくれんぼしているうちに見つけてもらえずに一時間隠れっぱなしだとか、そういうのは日常茶飯事だったけれど、へんなところで大人染みた子どもというのが相場だった。例えば小さい頃から漢方薬だ鍼だ灸だとそういう類のものに関心を持っていたのは、おそらくおばあちゃん子だったことが多分にある。お祖母ちゃんが近所の先生のところに行ってくるよ、というと、子どもながらに身体が悪いから行くのだとはちっとも思わず、それよりは総合的に身体を見てもらいにいくらしいと合点していた。何となくその頃得た感覚が今でも自分の中にあって、西洋医学とはまた違う次元で陰と陽、身体の全体の流れを汲み取る漢方てのがどうも好きである。漢方薬てのはとかく苦い。今はお粉にしてもらったものもあるけれど、やっぱり煎じ薬に限ると祖母は言い、祖母の家にいくと漢方薬の匂いがたちこめるわけだが、それも小さい頃からだと慣れっこになった。

さて、今日は、久々に母と連れ立って出かけた。秋空を見て最初の話題は、やはり秋の行事についてである。アメリカに住まう母だが、先週は父とサイダーミルに行った話しをしてくれた。サイダーミルとは、りんご農場で、秋の風物詩として九月解禁で採りたてのりんごを使ったリンゴジュースとドーナツを売ってくれる。これが老若男女に大人気で、それこそ年を召したおじいちゃん・おばあちゃんの社交の場でもある。子どももやってきて、土日に行われるゲームやちょっとした劇を、みんなであぐらをかいてそれを見つつ、リンゴジュースとドーナツを頂くというのが、この時期あの場所の小さな楽しみだったりする。このリンゴジュースというのが、普通のジュースと違って、特徴的な酸味を持っている。だから、アップルサイダーと呼ばれている。

最近、我が家では祖母も年を老いてきたから、年を召した人たちの暮らしというのに自然と目がいく。家族と一緒に住んで、娘やお嫁さんを中心に、家族が皆で世話をするというのが日本でかつて当然だったことだと思う。それも変わってきているし、身体が元気なのであれば、グループホームだとか今は色々な施設もある。やはり家族として願うのは、祖母が幸せに健やかに過ごしてくれることであるし、できれば自助努力もしつつ、幾分かの周りの人々の力も借りて、今までどおりの生活もできたら一番いいなあと思っている。

ミシガン時代に、年配の方をお見かけすることがとても少なく、あの国には七十代より上の人はいないような錯覚にさえ陥っていた。高校時代に地元の老人ホームで三年ほどボランティアに行っていたのだが、その場位に限定されていた。今考えると、ミシガンは寒すぎて、元気なうちはそれこそ上述のアップルサイダー農場で半ボランティア的な仕事をしたり、最近母の話によると地元のスーパーの入り口でおはようございます、こんにちはと声かけをするのもご年配の仕事のようである。それ以降は、フロリダなどの温かい地に、自分たちが元気なうちに引越ししてしまう。あそこにはコミュニティがあって、年配専用のアパートやフラットが多く存在し、お互いに気をかけて生活ができる場所が沢山あるからだ。

漢方の先生とリンゴ農場と場所は違えど、コミュニティは何だろうと考え、おじいちゃん、おばあちゃんがハッピーに暮らせるにはどうしたらいいのかなあと思うきっかけになったのであった。
[PR]
by Haruka_Miki | 2007-09-29 00:00 |
<< ハローこちら東京、応答せよ Provoking idea >>