ブログトップ

パリ発 五感の穴

fivesense.exblog.jp

東京湾でサファリ

f0079502_017138.jpg大人というカテゴリーの私達は不思議なもので、どうも非日常的な経験をとても楽しみにする。日常が楽しいのが一番な気もするけれど、連続体としての非日常も心待ちにしてる。だから、場所を変えてみたり、シチュエーションを変えてみたり、大人は忙しい。それもある程度の冒険心と言い換えられたりもするのだろうか。

非日常的な経験ということで、先週末サファリルックで集まる会というのがあった。サファリルックで集まって、船に乗るからぜひ来てね、と言われてもちょっと理解しにくい。何、は分かっても、何故、は分からないままだ。サファリルックって、つまりあのヘルメットに、カーキの胸ポケットがついたシャツに短パン、それに長靴下という井出達のことと想像する。結構手持ちで自分がサファリに適した格好を持ち合わせていたことに逆に驚いたりする。ちなみに、ショートパンツは高校生の時の妹のお下がりである。物持ちいいね。登山靴まで履いていて、もう完璧。アフリカに六年前に行った時よりアフリカらしい。マサイ族のお兄さんから譲ってもらったタータンチェックのブランケットだけは見つからず、残念。

会に行ってみると、どちらかといえば、サファリをしにきた「人」ではなくて、サファリをされる「動物」に扮した人々も多かった。その中で、私は正統派サファリであった。船で私は友人の小学校の友達と意気投合し、あーだこーだと話し込んでいた。しかも、世界は小さい。昔、予備校に通ったときの友人にまで再会した。彼女曰く、当時私は携帯電話を持つことを頑なに拒んでいて、携帯電話の番号を聞くと、テレパシーを送るからそんなもんはいらない、と言っていたと旧友は教えてくれた。言った本人は忘れている。

この会で、新しい友達もできたし旧友に再会できた。通常のサバンナで行うサファリの掟は、対象の動物とはある程度の一線を画して触れ合わないことであるから、シティサファリは随分な様変わりだ。この会の主催者や会に呼んでくれた友人も含め、元気いっぱい、様々な道で頑張るガールズたちとお友達になれて刺激になったサファリ体験だった。
[PR]
by Haruka_Miki | 2007-10-08 00:00 |
<< 名残の茶 鎌倉を上から見るか下から見るか >>