ブログトップ

パリ発 五感の穴

fivesense.exblog.jp

半休の愉しみ方

「文字は言葉の代用品」
~河井寛次郎~『蝶が飛ぶ葉っぱが飛ぶ』(講談社文芸文庫)73ページより

言葉が先立つことは間違いないですけど、代用品と言う域を、間違いなく超える力を、文字は持っているなあと思います。特に、これは漢字という文字に特に言えることで、それを使う民の思考回路に間違いなくなんらかの影響を及ぼしていると。

f0079502_17525187.jpg国立新美術館では、今多くの書展が開催されています。文字というのが好きです。人が書く筆跡も好きです。中でも、白峰社書展の作品の多くがとても印象深く心に残りました。黒と白の世界、漢字と仮名とシンプルで本当に奥深く味わい深く。躍動感とほとばしる力を感じるのです。水曜日の昼間から書展に来ている方はやはり年を召した方ばかり。

これから、クリスマスのお決まり、くるみ割り人形のバレーのチケットが予約できたようなので初台まで行ってきます。クラシックバレーにあまり縁がないですが、この演目だけは子どもの頃から数回観ていて今でも観たくなるのです。

平日の半ドンは人が普段だったら多いところに行くに限ります。
[PR]
by Haruka_Miki | 2007-12-19 00:00 |
<< Do you live in ... 年賀状は贈り物だと思う >>