ブログトップ

パリ発 五感の穴

fivesense.exblog.jp

今週の周囲の小噺

f0079502_0241232.jpg
親しい先輩が、近くインドに渡って本格的に修行の道を歩むと聞き、前々からそういうことを言っていたが、いざ実際に行動に移そうとしていると聞くと、納得しつつもやはりたまげるところもあり、やるなぁという感じである。

会社で派遣で働いているスタッフの一人の方が、本職は映画の字幕翻訳家であることを知った次第。話しの折に、言葉の運びが巧みで一風ひねりがあるなと思っていて、納得しつつもやはりたまげるところもあり、やるなぁという感じである。

同僚が来月結婚することになり、もう新居を構えているのだが、なんでも結婚するまでは一緒に住まない仕来りとかで、しばらく寂しいですねと周りが言えば、いえ、まあ別にいいんです、彼はもう新居に住んで色々とそろえてくれてるんですけどね、まだ新居には一度しか行ってない、今のアパートより会社に遠いし、なにより新居は寒くって仕方がない、どっちにしても行く前にはちゃんと部屋を温かくしておいてくんなきゃ行かないわ、ってはっきり言っているんです、と同僚。すでに若奥さん、やるなぁといいう感じで一堂大笑いである。

二番手の派遣の方は、奥さんとは、ひなびた日本家屋の古本屋で、奥さんが店番していたところで出会って、彼女が店番のときは毎週通ったというんだから、なんていう趣、チーム一堂やるなぁという感じでうなっていた。

友人だ、同僚だの話を聞いていたら、下手な物書きの作品よりよっぽど生き生きしていて、そりゃああんた、人様の実際の人生なんだから生き生きしていて当然だろ、って横から声が聞こえそうである。
[PR]
by Haruka_Miki | 2008-01-24 00:00 |
<< 時の音と太陽の傾き ソウル・自然「派」韓国 >>