ブログトップ

パリ発 五感の穴

fivesense.exblog.jp

美しい文章を書く人

言葉って、とても力強い。そう思う今日この頃です。同じことを言うのでも、人によって幾通りもの言い方があり、それがその人の為りを映し出し、ある時は覆い隠し、ある部分を強調しもします。言葉遣いに感銘を受ける友人は数人いるわけで、私はこっそりその人たちとお話する機会や文章のやり取りをする機会があると、彼ら・彼女らの言葉をかみ締めるために何度も言葉遣いを頭の中で復唱していたりします。

f0079502_6171898.jpg
(ヌメアの洋品店にて)

さて、友人とはまた異なる出会い方で、そうとあることから知り合った人の、言葉遣いにはいつもほれぼれします。それは、以前お話したニューカレドニアに旅人として舞い降りた際に出会ったピザ職人。テクノロジーの恩恵にあやかり、今でもたまにオンラインで話をするのですが、今日極めて久しぶりに近況報告をし合う機会がありました。この人の言葉遣いは、とてもらしくていつも言葉を受け取ってはその余韻に浸るというものです。

いずれにせよ、面白いのが、これが日本語=私の母語であれば、もしくは英語=それなりに精通している言語であれば、言葉の美しさやバランスの良さを受け止めるだけの土壌が自身にもあるというものですが、この友人はフランス語で私に話しかけてくるわけですから、上記のような言葉遣いのひだの部分まで当然分からぬ私が、どうしてそこまで、まだ勉強途中の言語に対して感銘を受けられるのか、という誠に正論な疑問まで湧きあがってきます。しかし、自身がこの職人ほどの語学力を持っていなくても、何か美しい文章に触れたとき、言葉の選択の繊細さを感じるのは、字面ではなく、全体的なものから出るニュアンスであり、そこに思慮深さや人の欲なり弱さなりを散りばめた、その危うさや活き活きとした様子は、語学力に関係なく、いいものはいいとすっと分かるような気がするのです。

その職人ですが、彼が大学に行ったと言っていた記憶はありません。ですが、私が知りうるフランコフォン(サンプルは当然多くはありませんが)の中で一番、この彼は美しい文章を書きますし、彼自身を投影していることがありありと分かり、なるほどそこに職人らしさが随所に現れているのです。学があるというのは、時に形骸化すらしている学位ではなく、こうしたナイーヴなまでもの細やかな言葉遣いができるそのデリケートさや、何かを熱く感じ、それを受け止められるような情熱さと穏やかさのバランスであり、この短い間にできた友人はまさにそれを持っているからこそ、氏が記すメッセージは実に美しいのだと思うのです。

もちろん、言葉遣いはメッセージの表部分であり、結局この友人は短い期間ながら、馬が合って心をさらけだして色々を話してくれているから、ほれぼれする言葉自体は、選ばれし言葉たちが彩りを添え、ただただ職人の内面的な豊かさを紹介するのに一役買っているだけなのでしょう。
[PR]
by Haruka_Miki | 2008-07-29 00:00 |
<< アイポッド忘れた。それもいいのだ 夏休み気分 >>