ブログトップ

パリ発 五感の穴

fivesense.exblog.jp

2008年 09月 02日 ( 1 )

引っ越し作法

海外暮らしをする前に、部屋の掃除をし、整理整頓をし、何を持っていくかを考え、買出しの必要性が出てくる。基本的に、ものは少なく生きたい方ではあるが、やはり諸々持っていきたいものも出てくる。これは、ある程度の必要性に依るところがあるし、同時に、自分がそうはいっても物欲を抱えていて、色気を出してしまうことがあるかもしれない。この黄緑のセーターは本当に必要なのか、この茶色いバッグは、この登山靴は?このベレー帽は?このオレンジと黒いエナメルのフラットシューズは?化粧品は?お土産は?必要なものが分かった後は、その優先順位。赤い花のコサージュなんて最初からつけるの?ジャケットは着るのか?

荷物の多くは、洋服であり、靴であり、そうした身につけるものであるが、やはり夏が短い場所に赴く際に、多少の荷物のかさばりはやむを得ないのであろう。いずれにせよ、少ない荷物で引っ越しをすれば、また次に移動する場合も容易であるのだから、少なめの荷造りをする。結局、飛行機の限度を先に考え、預け荷物20キロ、キャリーオンの手荷物12キロ、それ以外に国際小包のSAL便一箱と、船便一箱で済ませることにした。

おそらく、厳選といったほどではないので、もう少し荷物を減らすことも可能であろうが、とりあえずは引っ越しをすると何が必要かの整理整頓になってすこぶる疲れるが、その対価は大きいなと思う。

さしあたり、自分なりに厳選したものとして、新しいパソコン(DellのVostro1310をカスタマイズして、Core2Duo、メモリ2GB、HDD320GB、Windows XP)、雷神堂のお煎餅(二度づけ煎餅含む)、錦松梅、抹茶と緑茶、抹茶用お道具一式、お香、めんつゆ、カレールー、蕎麦、ゆずこしょう、花山椒、鰹節、昆布、切干大根、浅漬けの素、海苔、おかき、落雁、タイツ、ストッキング、コンタクトレンズ、馬油、和菓子、特に繰り返して読んでいる愛読書数冊、大切な靴。それと、時間があれば、越後屋若狭や一幸庵に足を運びたいな。
[PR]
by Haruka_Miki | 2008-09-02 00:00 |