ブログトップ

パリ発 五感の穴

fivesense.exblog.jp

<   2007年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

音楽ツーリズム

f0079502_20332917.jpg先日、代官山でアイヌの弦楽器、トンコリの奏者OKIさんのライヴがあった。あいにく私は行けなかったのだが、なんとも不思議な心地よさとエネルギーがみなぎる演奏だ。

私が好きなCDシリーズに久保田真琴のHotel Asiaシリーズがある。OKIさん然り、久保田さんに然り、彼らの音楽を愉しむことは、なんとなく音楽を通じて様々な地を旅するような気持ちにさせてくれる。ブラジルのル・トリオ・カマラを聴くと(国内初CD化!)、なぜかミルクティと陽だまりが欲しくなる。南米に行きたい!と音楽は旅情を誘う。もちろん、現地での音楽はこの上ない素敵なもので、近々訪れるインドも、また伝統音楽に触れることができたらと楽しみは尽きない。

f0079502_212497.jpg音楽のことを考えたら、今年七月のフジロック、今年は行きたいなあと出演者も決まらぬ今から思い始めてしまう。「さすがに気が早い」と友人からも笑われる始末だが、音楽はその時代をつくり、人をつなげ、人間の歓びも悲哀も全部受け止めるものだと思えるから、ああ音楽熱は止まらない。
[PR]
by Haruka_Miki | 2007-01-31 20:30 | Nippon

Shoveling snow and more

So tonight I went to the "homecoming" dinner with my political science seminar class in university. There were as many as 80 former univ boys and girls, who were now in their mid 20s' to 40s'. It's amazing how one professor taught all these students for as long as 20 years.

Just like we were always, we are all "the social scientists" mentally who usually hide such pride in office. We work happilly for ourselves and for those whom we love. The ex-students work for diverse professions from NHK commentator, investment banker, marketing specialist for automobile industry, to bureaucrats living in Kasumigaseki neighbors.

We talk about diverse topics and here came to a question.

"What is social contribution?"

First one said it was a virtue. One said it was a self satisfaction. Another said once we define we did "social contribution", it was no longer a pure social contribution.

Last one said it was like a guy shoveling the snow from the walk, in the land of ultimate calmness and quietness. When an ex-student lived in northern part of Japan, he saw a man shoveling in a very early morning before sunrise or at night after sunset. No one knew what he did but the man didn't care. The man didn't care about any recognition and kept doing it every day.

A former student now in his 40s' felt shy being so serious and just laughed pouring more beer to his glass. A drank ex-student didn't just get drank but he did have such a good eye and a damn good point!
[PR]
by Haruka_Miki | 2007-01-27 00:00 |

はなはだお気楽傍観者

人生に命を賭けていないんだ。だからとかくただの傍観者になってしまう。
~岡本太郎~

と、「格差社会」について考えながら、岡本さんの言葉が頭をめぐる。今の世相を現すキーワードであり、ああまじめにそんなこと考えてらっしゃるのね、と感心されるのなら、いえそういうわけではないのです、大学のゼミ会でパネリストをすることになったために、一夜漬けだろうが、一日漬けだろうが、語るに相当のデータやらを引っ張り出してこなけりゃいけないという具合です、と言い訳をする。

そんな私は、傍観者だ。

大体、政治学という学問を学ぶということは、政治を学問している時点で、空を食すような話だ。社会学という学問は、社会を一度客観的な箱の中に入れてみるか、もしくは自分がその世界から一段違うところに身を置いて、分析したり能書きを並べる学問だ。そんなことを言ったら、社会科学全体そうでしょう、という意見まで飛び出し、まあ、それを言ったら、学問てもの自体が自然科学であったって、多かれ少なかれそういう性格を持つんじゃない、などともう話は止まらない。

格差社会と叫ばれても、私は私の人生を生きており、それはそれは限られた視野で物事を見て、限られた視野で出る選択の結果を受ける。おそらくは、格差社会とはそう、私もその一部なのであるけれど、データとか理屈を並べると、私という個人はどうでもよくなる。傍観者丸出しである。

私のほんの少しの情熱などは関係なくなるわけである。人生とか命とか、そういうレベルではなくなり、脳裏に様々な思いをめぐらせ、時にどきどきしたり、時に嬉しく、時に悲哀に満ちる個人の感情や姿勢は、もはやこの鳥観図では関係がない。

危うく、というかまさにというか、これでは私も、立派な傍観者だ。それがいやなら、偉そうに大きなテーマを語るなんてことはよして、命賭けて何か自分の身の回りのことで取り組んでみろって。そんな岡本さんの声が聞こえる気がする夜更けである。
[PR]
by Haruka_Miki | 2007-01-26 00:00 |

新芸術三角地帯の一点に止まる

お正月の代休を使って、日曜日にオープンした乃木坂の新国立美術館に足を運んだ。しばらく続くであろう、土日祝日の混雑を避けてのことだ。

六本木ヒルズの森美術館に続いて、六本木周辺に近頃美術館の建設が多い。芸術の中心に地殻変動が起きている。上野から六本木へ。都市の中心が、時代の様相を映し出す鏡かのように、芸術の中心にもまた変化がある。今月オープンの新国立美術館、そして3月にこれもまた六本木近くにオープンのサントリー美術館。その総称を、その中心の「創り手」達は「六本木トライアングル」といううたい文句と共に、大々的に広告に打って出る。

前庭に歴史的建造物で二・二六事件ゆかりの旧歩兵第三連隊兵舎が一部分保存され、その前面には波打つガラス窓ををまとった建物がそびえる。芸術のその新しい器は、想像以上の大きさである。箱物行政になるか否かは、全てこの箱の利用始第というのが第一印象だ。

リヨンの有名な三ツ星レストランのシェフ、ポールボーキューズプロデュースのレストランや、カフェ、その他ショップも入れて親しみやすい美術館を目指すのだそうだ。なんとなく、その建築物とそれに付随する話題性が先行する。それは、美術の方向性というよりは、森ビルの流れに続く、「ファッション性」、「流行性」の流れの上に位置するイメージ。

器が器以上であるために。

f0079502_21341620.jpg乃木坂のその場は、国立美術館ではあるが、いわゆるナショナルギャラリー、つまり国立美術館とは異なる。膨大な美術品と、それに見合うスタッフや技術を要し、常設の美術品を備えるだとか、海外から有名な美術品を集めるというのとは系譜が違う。だからこそ、キュレータ達の手腕が試され、その流れも彼らに完全に依拠しているのかもしれない。華麗なる美術品達に頼るのではない、ということは芸術の幅が拡がりを見せる反面、鑑賞者は何を見せられても、どんなテーマのものでも、主催者がそれが「アートだ」と言えば、有難きお言葉とばかりに、それにただひれ伏す事態もあるわけだ。たとえば、ドュシャンが便器を「泉」と呼んでモダンアートを確立した。さて、それを人々はアートだアートだとただ有難がるか、それとも論議をするか。

日本の国立の美術館。アニメーションなど日本特有の芸術形態と深い関わりを持った場所にしたいという意図もあるらしい。その方向性は未知数で、アートディレクターの腕のみならず、鵜呑み文化を超えた、活発な鑑賞者達の議論と参加にかかっているのかもしれない。
[PR]
by Haruka_Miki | 2007-01-24 00:00 | 芸術

声明コンサート

f0079502_121284.jpg


シンガポールからの同僚とその友人を引き連れて、スパイラルカフェでの声明のコンサートに行ってきた。歌舞伎を見たいという当初のリクエストから少し逸れて、声明。通常は、アートカフェ・ギャラリーとして使われているスパイラルカフェだけど、昨日の夜だけは特別。会場には心地よくも新しい音色が拡がった。日本人でも、というか私は実はこういう声楽を存じていなかったので、とても興味深いパフォーマンスだった。

声明は、日本の仏教寺院で、僧侶が儀式のときに唱える声楽のことで、ルーツを辿るとインドの五種学問(五明)の一つで、言葉の学問を意味するのだ。元々サンスクリット語(梵語)の学習がルーツの仏教の声楽を「梵唄」というのだけど、日本においては鎌倉時代以降に「声明」がそれに取って代わられたとのこと。なんと千二百年の伝統を誇る日本の音楽なのだそう。

さて、その声明を用いて、富山県は立山町で江戸時代まで行われていた「布橋灌頂会」を現代に再現したのが今回のイベントだと言う。元々、「布橋灌頂会」は、霊山と呼ばれる場所はいずれも女人禁制であり、救われない女性の救済の意味があるんだそう。布橋は、この世とあの世の境界の役割らしい。宗派を超えて、この「布橋灌頂会」を再現するこのイベントはなんと今年で15年目だと言う。

声楽と一言で言っても、お経を聞くだけでも、やっぱり聖歌とは随分異なるわけだし、そういうことを考えるときりがない。なぜか、柳田國男さんの顔が浮かんだ夕べだった。

f0079502_12152079.jpg

[PR]
by Haruka_Miki | 2007-01-21 00:00 | Nippon

Controversial statement

Let me say something controversial...(yes, sorry friends but this is me. I fight with PC not with sword).

Why for cultural affair, we only have "agency" of cultural affairs? Why do we have (or just started having) "ministry" of defense but not "ministry" of cultural affairs? Why are we so happy sticking to stone-age idea of "hard power" but reluctant to go to the fresh idea of "soft power" in such a modern time?

Why? Is that because we have weak cultural powers? Well no! Look at people coming to Japan. Listen to the voice of people interested in Japan. Are they interested in how "powerful" Japanese are in internaional world? Less likely. They come to Japan being touched by beauty of Japanese arts, souls, and culture from traditional cultures like tea ceremony to modern cultures like Manga and Animes. They come to Japan astonished with great technlogies Japanese enginners and creaters come up with.

Why? Is it because culture isn't critical element for a country? It's not much of if it is or not. It is the matter of who decides what. Proven in the fact that Japan doesn't have "ministry" of cultural affairs, the government doesnt' seem to believe in much importance.

Some of the facts:
U.K. has twice as much as and France as three times as cultural budget compared to Japan. Of course, some countries like U.S have smaller government budget than Japan because their strategy is not to rely fully in government budget but the support from individuals and cooperations.

Even the cultural giant like France wasn't how it is now since the origin of the state. Just after world war II, André Malraux, a writer and an adventurer became the first minister of culture under Charles de Gaulle. He dedicated France to develop its cultural side.

So? What's our future? It's never too late to develop culture. In fact culture can be a dangerous weapon more than anything. It can come to people's mentality and eventually control it. Japanese has a history to change the "culture" of people when we colonized Asian regions like Korean Peninsula starting from changing "language", an element deeply links with culture. Talking about culture is thus very sentimental. In positive way, if we use it in "humanitarian" and "wise" way, it's powerful more than anything.

So are there any politicians who are aware of this?
[PR]
by Haruka_Miki | 2007-01-19 00:00 | 芸術

Going beyond the economic giants

Finally, it's this time of the year again; Tokyo International Arts Festival is coming to the city! I'm not the play fanatic. Still, I'm always looking forward to go to this event. That tells how unique the festival is.The passion made me even work as a volunteer for one of their performance last year, The Mirror for Princes, a performance by Sulayman Al-Bassam Theatre.

The festival is outstanding because it is a vigorous experiment by Japanese art managers to actually challenge the "Japanese mentality" toward "art" and "art framework" in Japan. It is the first theatrical festival organized in Tokyo following all the world-known festivals like festival d'avignon, where all the most edgy and controversy performances take place every summer.

Unlike Europe, or more precisely France where "theater" naturally exist in people's soul, doing the same in Japan must be a big challenge for NGO/NPO or art managers. In Japan, the interest over "art management" has been bigger more than ever. As Hayao Kawai, the head of agency for culture affair in Japan, mentioned, we are in the post-developed era where we are fulfilled with material developments and now seek to look for mental and soft developments.

We are the economic and industrial giants (yes, we did and are going through the time of "lost 10years" trying to get out of depression after 80s' bubble) and the real journey to go for the real "richness", "happiness" and "deepness" beyond the material richness has just started. Having more and more people interested in things like "art" proves the change underground. It's a baby step but an important step for Japan to go to next step.
[PR]
by Haruka_Miki | 2007-01-18 00:00 | 芸術

Virtue, faith and reality

We have ideals. We have virtue. We have faith. We picture rose-colored world then we suddenly face some suspicious darkness.

Tonight, one very powerful news article caught my eyes. It's the special investigation covered by Los Angels Times with title "Dark clous over works of Gates Foundation". The original article was written in Jan 7 newspaper then Daily Yomiuri introduced the article in their newspaper today.

"The world's largest philanthropy pours money into investments that are hurting many of the people its grants are meant to help".

The article reveals behind the scene of the Gate Foundation, a well known philanthropy. It says how the foundation provides vaccination drive for poor people in Nigeria at the same time they actually invest their money to companies whose activities in Nigeria actually create pollutions and illness among the locals. By the way, the foundation makes more profit from the investment than their expense for vaccinations etc.

We say the mission of an enterprise is first to make profit for all the stakeholders. Yes, profit is the key. How easy it is to say that. We imagine the mission of philanthropy is never to make profit. It's all for good of society, community, and people. Raising fund is never a mission but a process for a mission.

It surely is ideal if we can come up with an social activity which also brings economical profits. In fact, there are more and more MBA courses for non-profit organization, art management and social entrepreneurship around the world.

Question then arises. Some people who are into social responsiblity go for NPO/NGO whose main mission is enhance social happiness (again, it's a vague concecpt). Others try to be inside the "system" (capitalism, globalization or whatever you name it) and try to have the power to change the world after they get power, reputation, skill or "money".

The scary part is when we are in the "system". We try to have objective eyes. However, eventually we could be soaked in the menntality of the "system". The article highly warns the point. So, do I want the former or latter?
[PR]
by Haruka_Miki | 2007-01-16 00:00 | 経済的営み

ニュース②悩ましき工業デザイン

KDDIの携帯電話がニューヨーク近代美術館MOMAに収蔵されるのだそうです。無印の壁掛けCDプレイヤーでも有名な深澤直人さんデザインのINFOBARなど四点だそう。MOMAには、お皿でできたランプシェードだとか様々な工業製品が配置されたセクションがあり、おそらくそこに収蔵されるのかしら。

工業デザインという仕事はとても面白いなと思います。なんていうか、自己矛盾を帯びてませぬ?工業てのは、前提として大量生産があり、よって無機質なイメージを漂わせる。それは、手作りだとかぬくもりだとかとは相反する。加えて、個性的の反対を行くように見えて、上の収蔵に見られるように、近代の工業製品は個性をむき出しにし、場合によっては、「デザイン」は「芸術」としても受け入れられ、それ自体が「美術」館の収蔵物になる有り様なのです。

てことはつまり、「デザイン」は「芸術」に密接で、「芸術」もあわよくば「デザイン」に成りかねないってこと?ル・コルビュジェ、フランクロイド、イームズ、バウハウスのブロイヤー。彼らは私のような素人もが知る名だたる建築家であり、芸術家であり、表現者であろうけど、その作品は、ある意味で「大量生産・消費」されていて、その意味では、「産業デザイン」とあまり変わらない場合もあります。だからこそ、私のようなものが少しがんばれば、憧れのフランクロイドのランプTALISINも手に入るわけで。

工業製品の素敵な色合いが増すほど、生活の潤いとか豊かさを感じるのですが、なんとなく、あまのじゃくの私は、それを手に入れたい気持ちを押し殺しておきたいのです。産業デザインが幅を利かせて、「芸術」を侵食するのが怖い臆病者だからです。
[PR]
by Haruka_Miki | 2007-01-15 00:00 | 五感

ニュース①やっと日の目を

先輩、泣いていいですか。私が学部時代に、細々と、驚きないし怪訝な目ないし無関心(そうです。無です。なにそれ?でもない反応ということです)で周囲に見られながら勉強したイスラーム金融のニュースが、なんと新聞の、それも朝刊の、しかも一面に載ったんです。

イオンクレジット、イスラム金融で資金調達 (07年1月15日日本経済新聞朝刊一面より)

イオンクレジットサービスは日系企業としては初めて、マレーシアでイスラムの教義に即した金融方式を活用して資本市場から直接資金調達をする。債券発行などによる調達額は4億リンギ(約136億円)で同国内でのクレジットカード関連のシステム投資や事業資金に充てる。イスラム金融の採用により低コストで多様な資金調達手段を確保する。イオンクレジットのマレーシア現地法人がイスラム金融方式を取り入れた短期・中期債の発行枠を設定。マレーシア三菱東京UFJ銀行などが主幹事を務め、みずほコーポレート銀行ラブアン支店が複数の金融機関による銀行保証をとりまとめる。15日にクアラルンプールで調印する。(クアラルンプール=伊東義章)』

先輩、こんな日がくるなんて嬉しいじゃないですか。人間、日の当たる、当たらないじゃないですね。金融だってそうですね。なんでも、政府系機関を皮切りに、メガバンクだとか海外だと欧米系の金融機関もこれをビジネスチャンスに感じているなんて記事までありました。

先輩、別に私はイスラームの肩を持つわけでも何でもないんですけど、なんとなく、人気の価値観・珍しい価値観だとか、中心と周辺だとか、そういうのを覆すような出来事があると、嬉しくなるもんじゃないですか。やっぱり日本人は判官びいきですし。て、そりゃ関係ないとか言わないでください。

って、先輩も何も、ゼミでイスラーム金融に興味を持ったのって、私だけで、先輩ってだあれ、なんて意地悪なつっこみはなしです。
[PR]
by Haruka_Miki | 2007-01-15 00:00 | 経済的営み