ブログトップ

パリ発 五感の穴

fivesense.exblog.jp

<   2007年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

Holy river

Somehow, I started tearing when I reached there.
f0079502_2345917.jpg


It has been awhile to cry in public after seeing something. In fact, it was only the second time for me this happened. The first time was when I looked at the African continent from the top of Mt. Kilimanjaro.

Well, I cry more easily than a normal person. People are amazed when they see me crying for any small happiness and sadness. Still, I don't cry without a reason. I rarely cry just looking at some scenery. This rare experience happened to me when I saw the holy river of Ganga.

One of the biggest motivation to visit India was to go to holy river of Ganga. For hindu, this is where people wish to come at least once in their life time. For those lucky ones who live close to the river, this is their bath, place for their laundry, meditation and the place where they all want to return once they die. Life and death are surreally real.

When I arrived to the Varanasi station, I couldn't believe what was there. The darkness, without enough illuminations, the only thing I could see was something moving in a monotone ocherous color. They were humans. When I looked carefully, they were humans on the floor. They were sleeping in the dark ocherous blankets wearing ocherous colored clothes. The white parts of their eyes were unearthy. I guess the place was just too dark and those people were just waiting for a train. Still, I wasn't so used to this atomosphere of two hundreds eye balls looking directly at me in darkness.

After a few hours of sleep, I headed to Ganga river to see sunrise. Outside was still dark but noise of people walking toward river prevailed. The sounds were coming from the locals, Thai priests in orange clothes, tourists and people selling twigs of teeth-brush trees.

Coming close to the river, I heard the bell and chanting from Hindu temple. The chanting echoed around and getting closer to the river, in this bell and chantinng echos, my eyes were dimmed with tears. I am not Hindu but this atmosphere is just so special and spiritual.

The sun came up and by the time, the echos of bells and chanting were so selene. People in the water prayed. I was just a tourist who visited there for an hour. Still, I could feel clearly that power of life and death were all there.

The river made me shed tears without any reason. Maybe, the river is so holy because anyone who goes there notices how small his/her existence is but also notices that even a drop of your tear could be a part of this big holy river.
[PR]
by Haruka_Miki | 2007-02-25 00:00 |

India: From Tokyo time to Indian time

f0079502_0593476.jpg Unlike what Michael Ende came up with the idea of "time bank" in his best seller children's book "Momo", we can't save our time to saving account in time bank. Such a bank doesn't exist or at least it is invisible to my eyes.

Bank doesn't physically exist, yet it may exist in humans' mind depending on which society you live and what the society requires you to be; for example in Tokyo or any other "advanced and developed countries".

So here I am from a land of rising sun or to be precise, from a land of time bank existing in people's mind. A person from such place is so used to using time in the most efficient way. The issue is when such a person is put in a place where time concept differs.

Round 1: Japanese girl vs Air India from Tokyo to Delhi
So it was another usual day for Air India. Due to some electric issue, flight from Tokyo to Delhi took off late. Quiet and nice passengers didn't complain a word and sat calmly in the plane sitting at the gate in Narita as long as 5hours. Well, not every passenger but almost everyone except a Japanese girl and a Swedish papa. They fought with flight attendants, JAL ground crews and even captain. They were vigorous and courageous. Unfortunately, a Japanese girl (who was too tough that crews believed she was a tour guide) and a Swedish who was a father of 2 children didn't know such fight never solved any issue. Air India won.

The Japanese girl didn't know this was merely a start of deficit in her "time bank" account and break of "time saving" philosophy.

Round 2: Japanese girl vs Train from Agra to Varanasi

So the train came to Agra station and started to Varanasi at 11am in such a pleasant manner. A Japanese girl was first awkward with how friendly the local passengers could be but eventually enjoyed just being there. She enjoyed a chat with passengers, sharing her English newspaper and snacks until she found out the train was in delay for 5hours. The expected arrival time to Varanasi was 20pm but when the train finally arrived, it was 2am. A girl was beaten again.f0079502_1521218.jpg

The challenges continued so and so for a girl and she noticed something has changed in herself. After numerous fights and losses, she decided to cancel her "time account" in her mind noticing that was so useless.

Round3: Japnaese girl vs Night train from Varanasi to Delhi
Amazingly, the train arrived to Delhi "on-time" (Definition:"on-time" stands for 30mins to 1 hour30mins delay in India). The girl didn't care because she didn't have any "time account" anymore.

Round 4: Japanese girl vs Air India from Delhi to Tokyo
Again, amazingly the flight was "on-time" (For definition, please see above). The girl shed tears for such a surprising news. Who could believe Air India could ever fly "on-time".

So after a week of journey in Northern India, I have no more "time saving". Not only the deposits but the account itself was cancelled. It's impressive how human could get upset or happy with same thing depending on which society you are. It's interesting how you can upgrade or downgrade your time conciousness in each environment.

Just like "Momo", maybe I was too busy saving "time" in "time bank". It's great but sometime it could just be quite wonderful not to have such a concept.
[PR]
by Haruka_Miki | 2007-02-22 00:00 |

インド・ジャイプール 街の色、砂岩の色、人の色

f0079502_2163648.jpg
旅の醍醐味の一つは、その文化圏の「色」に合うことである。色は、砂や土の色に始まり、その上に住む牛や犬の色、サリーをまとい、ターバンを身につける人の色であり、土地の上に立てられた建造物の色である。

よく、外国人旅行客を見て、遠めの豆粒のような団体でも、たいがいそれがどちらの文化圏の方か察することができるのは、肌の色や髪の毛の色というありきたりのものだけでなく、人々がまとう衣服の色使いにも言えることに思える。

特に惹かれたのは、ジャイプールの街中で出会った色たちなのだが、それは日本ではなかなかお目にかかれない赤土と赤砂岩があればこその色であり、色が人間の独断によるものではなく、自然から端を発するものなのだとつくづく思う。

f0079502_21721.jpgピンクシティと呼ばれるその街は19世紀に英国の王を迎える際に、サルタンが赤い砂岩の建物を強調するためにピンクに色を塗ったのが始まりだそう。私は中学生の頃から行ってみたかったのだが、今回念願叶ってその街に行った。ピンクシティに少しでも溶け込もうと、いつも着慣れている黒ベースの色合いは避け、この日ばかりは私もサーモン色のカットソーに、ツバが大きい茶色の優しげな帽子を選んだ。

異文化圏の「色」をまとうことに慣れた私が、少しでもその街に溶け込むことができていたらと願うばかりだ。
[PR]
by Haruka_Miki | 2007-02-22 00:00 |

インド・東京にて

北インドから帰ってきました。

パキスタン行きの電車の爆破テロなど残念なことも旅先近くであったのですが、とかく充実した旅でした。やはり、現段階の私にはまだゆっくりリゾートで甘いカクテルを飲みながら読書というスタイルよりも、いつ到着するか分からぬ電車に揺られて本を読んだり、現地の方とお喋りしたりという、こういう旅が性に合うようです。

大学の友人や会社の方などから、インドはいいよー、と聞いていたこともあり、期待はしていましたが、これほどのところとは。またインドは好きか嫌いかどっちかだ、という噂も聞いていたのですが、私は確実に前者でした。遠くて近い、よく分からなくてすごく同感できる、うっとおしいけれど許容できる、いらいらするけれど笑ってしまう、そんなところでした。

色々と記したいことが山ほどあるので、英語と日本語を織り交ぜながら、少しずつ更新して参りたいと思います。考えさせられたトピックとしては以下です。

・サリーをまとう女性たちと西欧化
・階級と宗教、カーストと宗教、改宗の裏側
・ベジタリアンな食事がポピュラーな訳
・タージマハールの街は、インド最大の精神病院がある街
・18歳以下の結婚率は違法に関わらずインド全体で半数以上
・英字新聞がヒンディー語新聞より安い謎
・旅の方法と嗜好性、欧米人は自動車、日本人は電車
[PR]
by Haruka_Miki | 2007-02-20 00:00 |

春節

Happy new year to my friends who celebrate Luner New Year in Tokyo, Singapore, Korea and China at this time of the year! I will say this in advance so I will not miss it. Haa!

I just heard from my Singaporian buddy that for Luner New Year as well, people clean up their home before just like we all clean our house in Japan before New Year.

Hope you all have a relaxing time with your loved ones. Eat well and drink enough to capture all the joy and happiness coming to you for the new year.

I'm flying to Delhi, India tomorrow. Perhaps, Narita may be packed with people trying to get back to their home. Well, let me check eveyrone's face expression whether the travellers are stressed out or not. I bet everyone will have a happy face.
[PR]
by Haruka_Miki | 2007-02-18 00:00 | 五感

手紙がやってきた

今日、フランスのホームステイ先の一番上の娘さんから手紙が届きました。最初に一緒に過ごした期間はたったの三週間、かれこれ二年半経ち、去年一度また一週間お世話になったのですが、その後はご無沙汰しています。また会いたいなあと思う今日この頃です。

今年十三歳の長女の娘さんは、筆まめでちょくちょく連絡してくれます。気性が激しく、劇的と揶揄?されるフランス女性の典型にはあてはまらないかもしれないほど、穏やかな娘さんです。f0079502_225501.jpg

ホームステイ当時、十歳の女の子、八歳の男の子、六歳の女の子の三人兄弟と、インテリア業界で働くお父さんとファッション業界で季節労働?(各有名メゾンのコレクションのシーズン時だけ働いています)のお母さんの五人家族。考えてみれば、こうして長いお付き合いができているのもすごくラッキーなホームステイ先だったと言えます。

さて、ブリュネットの巻き毛のショートカットが印象的だったお母さんのエマニュエルによれば、その穏やかな長女の娘さんが、ティーンネージャーとして難しい年頃を迎えているとのこと。時にPC上で会話をする時には、至って普通の私が知っているあの頃の彼女です。思春期ってのはそんなものかもしれません。親には特につっけんどんに当たりたい年頃なのです。意外と、それなりに年上の長兄・長姉のような存在には肩肘はらず話してくれるもんです。

フランスのお母さんの一般に例を漏れず、エマニュエルも子どもたちには淡いピンク・水色・紫・萌黄色の服を着せたがりますが、長女の彼女はその方針に一貫してノンだそう。黒を好み、紫も濃い紫。ブログの色も好きな濃い紫にしたんだ、と長女の彼女は教えてくれました。

子どもと言えど、いえ、子どもから脱皮する段階だからこそ、ある程度大人になった私以上の速度で彼女は大人びていっているのかもしれません。私にとっては永遠のフランス語の先生に、そのうち精神的にも近づかれるのかなあ。追い越し、追い越せです。なんだか、ソフィアコッポラがいつも思春期の女の子の葛藤を映画で描きたい、と言っているのが分かるような、そんな難しいけれど、大事な年頃ですかね。

蛇足ですが、自分がどんな思春期を過ごしていたか、思えば似たようなものだったかもしれません。基本、中学校では自由にやらせて頂きつつ、両親には反抗もしていたように思います。とはいえ、私の場合、思春期のど真ん中で異文化にさらされたため、両親に強硬な反抗というのも志半ば?に終わり、その後はそれなりにまた自由に泳がせてもらったのですが。案外その方が、親への反抗というものも収束にむかい、自然と小さくなっていったような。まあ、結局は、親の自由と管理のバランスに今では感謝してます。

そんな自分の子どもの視点を持ちつつ、お母さんエマニュエルと長女の彼女の今後を、第三者ながら静かに見守っていけたらと思いました(視点は、まだまだ長女寄りです。親になったことがまだないからですよね)。
[PR]
by Haruka_Miki | 2007-02-15 00:00 |

勝手にパーソン・オヴ・ザ・マンス

今月もやってきました、このコーナー。このコーナーでは毎月、この人!という一押しの方について絶賛しようというコーナーです。題して、「Person of the month」!イエーイ。ヤッホーイ!

イエーイは百歩譲っても、ヤッホーイなどという感嘆語が古すぎるだとか、そもそも今月も、と言っている割にはこんなコーナー初めてお目にかかる、などという冷静かつ真っ当なつっこみはご遠慮頂きます。基本的に、わたくしのペースで突き進むコーナーをモットーにしてまいりたいと思います。はい。

ということで、今月は、この方。青土社の『ユリイカ』や『現代思想』の元編集長としても名高い、三浦雅士さんです。

三浦さんの「考える身体」を読み途中ですが、これはなかなか、久しぶりに図書館で借りて、やっぱり購入して読み直そうと思った社会学的知見丸出しの本です。私の中の、三浦さん熱は留まるところを知らず、というか今まで一冊も読んでいなかったことにこそ、問題があるようにも思えますが(曲がりにも社会学部という学部を卒業したわけですし)、そのまま、アマゾンを行脚したのは言うまでもありません。「メランコリーの水脈」なんて文庫でも1470円もするつわものですが、それも男は黙って、じゃなかった、現代女は黙ってクレジットカードです。サントリー学芸賞受賞作ですものね。その他、岩井克人さんを迎えての著「資本主義から市民主義へ」も、来週から行くインドの予習もふまえて、「一神教vs多神教」も買いましたが何か?

三浦さんの著で私の心がいたく鷲づかみされたのは、三浦さんが、身体という、ともすれば私個人の最後の砦のような存在を、真っ向からその定義自体を揺さぶり、社会学だとか政治学だとか芸術学とかいう学問の垣根を完全にとっぱらった形で、お話ししてくださってることです。身体論というテーマ柄、その頁の多くは芸術に割かれていますが、単に芸術バカ(失礼)の一人相撲(二度目の失礼)ではなく、冷静な社会の目を持って、身体論を論じてらっしゃり、芸術肌だと自推の方以外の皆々様にも楽しめる内容なのです。そして、うんうんと頷けてしまえるのです。

久しぶりに、学問の楽しさ、論じることの楽しさ、それを受け止めることの楽しさを思いました。山手線の間の10分と昼休みでどの位のスピードで読めるかお楽しみですが、今月のこの人は、間違いなく三浦さんで決まりです!
[PR]
by Haruka_Miki | 2007-02-13 00:00 |

真冬の夜の夢

夜になって振り出した雨を怪訝そうに見ては、傘を持たない人々が足早に街を歩く。

雨が好きだ。晴れが好きだが、雨も好きだ。小さい頃から、雨が好きで、どしゃぶり雨なんて、これはまたすごく好きだったのだ。感性というものが、小学生時代からそう簡単には変わらないことを、こういう小さな場面で思う。

さて、香港からやってきた上海人の同僚が、数ヶ月の日本での仕事の後本来の勤務地香港に戻るので、小粋なイタリア料理の店で、お別れ会を開いた。歓送会がとかく多い出入りが多い組織では、それがもはや日常の風景となる。数ヵ月後には、オーストラリアで勉強・仕事をしていて、今度はシンガポール勤務者として会社に雇われたインドネシア人が、シンガポールに帰ることになる。

誰が今身体的にどこにいるのか、そんなことも取るに足らないことになりつつある。市場があるだけ、世界中にそれに携わるネットワークは無数に存在し、ワタシも、その蜘蛛の巣の上の住人である。蜘蛛人間は、あちこちを綱渡りして、マネーの世界を行脚する。

人気のイタリアンの店は、金曜の夕べを楽しむ大人たちでいっぱいになり、お喋りが音楽にも似つかわぬ雑音として、いやそれでもとても温かい余韻を残しながら、店全体にひろがる。人々は軽やかで、人間関係もまた割合とすんなりとし、こういうのは案外好きである。

そして、店を出て、傘で雨を避けながら歩き出したときに、同僚との会話を思い出す。

「金融に携わる人は、多かれ少なかれ、夢を持っていて、しかしその夢が大きすぎるか実は夢と呼べるほどのかたちになっていないから、結果的に金融にいるのかもね。まあ、結局それ自体もきらいじゃないんだけど」

最近仲良くして頂いている他部門の同僚の談に私はいたく同意した、そんな真冬の夜である。なぜか、雨の日は、晴れの日だったら特段気にしないこういう一つ一つの言葉が、私の中でエコーして、考えさせられるのだ。
[PR]
by Haruka_Miki | 2007-02-09 00:00 |

"La reason d'etre"

I want to get married right now just because I want to enjoy the space there. I say this because the place doesn't seem to be opened to public but only to people who are thinking about or getting married there. The architecture is that astonishing.

Conceptualized and designed by Kendrick Bangs Kellogg, the church is made with stone and glass, which are metophorical to man and woman.

As Kendrick B. Kellogg said, the church looks so organic and I just want to be surrounded by the architecture!!

Stone church 石の教会
http://www.stonechurch.jp/
[PR]
by Haruka_Miki | 2007-02-07 00:00 | 芸術

Human Nature

We put much time and effort to find negative points about others. On the other hand, we take the brilliant points on others as granted or often don't try to appreciate them enough.

Complains are often over-stated and exaggerated. That is in a way unforunate. However, that's a good news if we see matters differently.

In the world where people complain more than give compliments, a good comment then is really positive, genuine and valuable.
[PR]
by Haruka_Miki | 2007-02-06 00:00 |