ブログトップ

パリ発 五感の穴

fivesense.exblog.jp

<   2007年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

連休の過ごし方・美

サントリー美術館の「日本を祝う」という企画展に行って参りました。モダンアートに執着していたり、海外の芸術家の作品に依拠する展示が多い流れの中で、日本におけるお祝いにまつわる様々な芸術品を展示するというテーマ選択に、サントリー美術館らしさというか、キュレーターの心意気を感じ、センスの良さを肌で感じる展示会でした。幸い、心配していた混雑も、午前中であったことからさほどではありませんでした。絵巻きや能の着物や漆の入れ物、屏風に切子の器など、一品一品の精密さと色使いは言葉にし難いものがあります。

f0079502_22193083.jpg中でもきちんと知りたいと思った芸術家が、「古清水」を完成させたという野々村仁清です。黒地に、円の円周の4分の1ずつを重ねてつないだ「七宝文」という文様と、ハスの花弁をあらわした連続文様である「蓮弁文」という文様が描かれた「色絵七宝繋文茶碗」という茶碗と、鶴の香合が展示されていました。自宅にて少し調べてみると、この七宝文は、浄土や仙界などの別世界を象徴する文様として使われているとのこと。なんとも。私は、ただその文様の独特の美しさを印象的に思ったのですが、その文様にももちろん意味があるのです。日本美術に心洗われ、日本の美術の表面的な美しさの裏にある意味合いや奥深さを、例えば茶碗一つにも感じたのでした。
[PR]
by Haruka_Miki | 2007-04-30 00:00 | 芸術

連休の過ごし方・食

連休というのは、やはりいいものです。何となくいつでも出来そうでなかなかしにくいことが出来るのが連休です。ガリシア産とはかなり珍しいワインを片手に夕飯をしたり、映画に行ったり、排水溝の掃除をしたり、散歩をしたり、新聞を隅から隅まで読んだり、勉強をしてみたり、爪を普段ではしないであろう深紅色にしてみたり、様々な活動ができるわけです。いつもならば間違いなくやる気を起こせないこともやってみる気になれます。

三連休ならば人ごみからくる疲労困ぱいからも回復できそうな気がしたので、ミッドタウンに行って参りました。諦めと気合いの間で移ろいながらのミッドタウンへの到着です。美術館とDean&Delucaのみが基本的に目当てだったため、その目標を達成すると足早にその地を去ったわけですが。

f0079502_21425694.jpg大変混雑するDean&Delucaにわざわざ行った理由は、あるオリーヴオイルを買い求めるためです。Barianiというオリーヴオイルなのですが、とかくこだわった一品だとのことです。カリフォルニアに移住したイタリア系家族が作っているもので、自家栽培のオリーヴを手摘みし、その直後にイタリア中世の方法のままに、イタリアの御影石で摩りつぶし、化学的な抽出方法は一切用いず自然分離でオイルを出しボトリングをするという全工程を家内工業でするのだそうです。連れは大瓶を四本も購入し、私も小さい瓶をお土産に頂戴しました。料理に使うというよりは、サラダなどそのままで頂くと絶品とのことなので、サラダにかけて頂くのが楽しみです。

あそこの店が美味しい、というグルメな知識にはあいにく疎いのですが、母親の影響もあり、食材のことを考えたり選ぶのは大好きです。有機栽培の野菜だったり、職人さんの蜂蜜だとか、土臭さや森の香り、それに向き合う人の温かさと知恵や優しさに詰まった食材に出会えるというのは、この上ない愉しみです。
[PR]
by Haruka_Miki | 2007-04-29 00:00 | 経済的営み

"alone together"

f0079502_057426.jpg
One thing I don't miss every morning unless it rains heavily is 15minutes walk to the station. In a fresh morning air, I walk through the greens, looking at pairs of happy dog owners and dogs and listening to my i pod. The songs vary from house music to world music but I certainly enjoy starting my morning with clean sounds of Jazz.

If I can have the real Jazz at night, that's just thrilling. I consume CD sound in such an easy way but nothing can beat the live music. Especially when the musicians are someone I adore, that makes a whole day so special. Jim Hall and Ron Carter are certainly my gurus and I enjoyed the session held at Blue Note Tokyo on Wednesday everning.

One of the first Jazz CDs I purchased, Undercurrent has been the most favorite CD even now. Ron Carter too has been my favorite. I've played upright bass once (yes, very short period of time unfortunately) and I just respect how he makes all the sounds so gently but dynamically.

As the audiences waited having a casual chats, there came Mr. Jim Hall and Mr. Ron Carter. Jim Hall was wearing a brown vest with a gentle smile. He was an elder gentleman and just looking at him, he is the history of Jazz. Ron Carter dressed extremely well and I was amazed how he looked so selene and calm. Listening to his upright base in recording, I had somewhat different impression about him. I was shocked in a good way.

The live was so relaxing and peaceful. Not only the standard numbers like "My Funny Valentine", "Careful", "All The Things You Are", "Laverern Walk", "Body and Soul" and "St. Thomas", a special song called "Heiwa" was worth mentioning.

So night went. I enjoy reading books in a quite room, going to a cozy izakaya and restauraunts with my loving people and sometimes dancing crazily with a beat of house music but nothing is so relaxing as listening to the live Jazz. Music is indeed something so special and it's a great way to smoothen myself with moderate heat!
[PR]
by Haruka_Miki | 2007-04-27 00:00 | 芸術

ダーツ考

土曜日に、たらふくお夕飯を食した後、ダーツをしに出かけた。ダーツをするのは二回目である。腕前は、スコア100も出せないボーリングに比べれば随分とよく、私が小学生時代はいつもやっていた、が、おそらく日本国民の殆どは知らない「小林一茶かるた」ほどは得意ではない位である。例えがよく分からないというお叱りは全うであろうが、少しはその程度を察しては頂けるだろうか。要はまあ可も無く、不可もなくという話だ。

さて、ダーツというのは、これはなんとも奥深い。それなら弓道の方がという声も聞こえてきそうだが、的を射るという行為はどうも奥義を極めるとなると並大抵のことではあるまい。一点目指して射ればいいだけというシンプルさと、その目的を遂行するために必要な腕前、それ以上の精神面が必要となるわけである。

私は、元来計画性があまりない人間であり、ぶっつけ本番でとりあえずやってみようという無鉄砲さを売りにする、もしくはするしかないタイプの人間である。これが、案外吉と出るから不思議だ。どこを見つめながら的を目指すのか分かりかねるため、えいやと投げてみれば、これが案外ドンピシャの場所を射るので、人生何があるかは分からぬ。

ダーツをしながら思い出すのは、イヴォン・シュイナードが彼の著書で繰り返し唱える以下の点である。「弓道であれ何であれ、禅における手順では、いったん目標を見極めた上で、その目標を頭から消し、過程に精神を集中させるのだ。」

ダーツというお手軽な遊びに際して、禅語まで思い浮かべられるとは何とも充実して一石二鳥な休日の夜だった。
[PR]
by Haruka_Miki | 2007-04-24 00:00 | 五感

ドミノ

時事ニュースは色々ありますけど、私にやはりどこにいくでもない溜息をもたらしたのは、間違いなくヴァージニア工科大学における殺人事件があげられるかと思います。それは、必然的にコロンバインの悪夢を、世界が、特に米国に住んでいた一個人としても思い出さずにはいられないからです。

1997年にコロンバインの事件が起こったとき、私はちょうど高校の世界史の授業中で、CNN、ABC,FOXとチャンネルを変えながら、先生、学生共々目が釘付けで恐怖に慄いたものです。追悼集会は開かれませんでしたが、校長先生が校内放送でニュースを読み、黙祷の時間を作ったように記憶しています。それは、単なるヴァーチャルな世界、例えば米国が世界の警察だと堂々と言い放つ世界史の先生の発言を静かに聞く生徒達、という銃が、戦争が、ある種全うに正当化され、とはいえ自分達はその渦中には永遠に身を置くことはないのだというお気楽主義が覆う、その高校にも異様さを持って銃社会の怖さを一人ひとりが感じたものです。

McCain上院議員が強調するような修正第二条の重要性は、米国民でない私には分かり得ないのかもしれませんが。武器は悲劇しか生まないという考えが根本にある私には、どうもその修正第二条の意味合いがいまいちぴんとこないのです。平和主義すぎるのか、理想主義すぎるのか分かりかねますが。

父がちょうど米国に出向いているんですが、あちらのメディアでは今回の事件についての特集は多いけれど、銃社会についての議論はあまり出てこないとのこと。銃って何なんでしょう。武器って何なんでしょうか。考えさせられます。
[PR]
by Haruka_Miki | 2007-04-20 00:00 |

水屋仕事

f0079502_22475876.jpg先週の日曜日は、護国寺茶寮にてお茶会に参加した。うららかな春の日とはこういうことだ。着物で出かけるには汗ばむのではと心配もしたが、風も程よく通り、気持ちがいい一日だった。

前回は、洋服でお茶会に出かけたので、着物での参加は初めてである。私はまだ一人で着付けが出来ないため、髪だけ自分で結って、着物はサーモンピンクの色無地を母に着させてもらった。背筋がぴんと伸びてすこぶる気持ちがよい。朝からてんてこ舞いである。早く自分でも練習して、着られるようになりたいと思った。

お茶会の楽しみは多い。私の先生は裏千家の先生だが、お茶会に行くと、表千家やそれ以外の流派など、お作法も茶器も何から何まで異なり、目からウロコである。お茶会にはいつものお稽古では見ない生徒さんにも会ったりで、お茶席をまわっていない時間帯は、水屋で手伝いをしながら、お茶のことなどを話す機会もある。社会人になると、いやそれ以前から、○○大学の、○○会社の~さんという肩書きが幅を利かす大人社会で、肩書きは何ら意味を持たず、必要なのはお茶を愉しむ心意気だけでこうして皆さんと話せるというのは、何とも粋である。

初めての水屋のお手伝いは、手際と美しさの戦いとなるから、必死である。水屋のお役目は、各席の準備と片付けである。一席が十人近くになるお茶会では、全てのお客様のお茶を目の前でたてるわけにもいかないので、最初の何名か以外のお茶は、水屋でたててお運びするのだ。

これがいい経験となった。忙しなさの中でも、経験がある方がお茶をたてると、何ともまろやかで細かな泡立ちのお茶がたつ。大きな泡をたてないというのは、あとで表面を滑らかにしてあげると言っても、容易なことではない。一朝一夕に物事は極められまい。さて、着物に割烹着をつけて、正座をしての作業に、昭和や大正のお母さん達の大変さを改めて思わずにはいられない。

ほっと一息外に出ると、八重桜が満開である。そうせかせかしなさんな、お菓子とお抹茶でも飲んで一息つきんしゃい、と八重桜が言う。そうでっか、ではお言葉に甘えさせて頂こか、と振り向けば先生である。お茶菓子食べてない方ー、どうぞ~、と江戸っ子の先生の声が響き渡って、何とも充実した日曜であった。
[PR]
by Haruka_Miki | 2007-04-17 22:43 | Nippon

Real life change than mere bubble

It's been awhile to feel this way.

Recently, I have been full of positive energies and powers. However, I can't be just a happy-go-lucky seeing rosy future all the time type of dreaming woman. I have to admit that I am upset about something. Indeed, I am deeply shocked and feel rather desperate.

The Lower House on Friday passed a bill on holding a national referendum required to revise the Constitution (Mainly "Article 9" of the Peace constitution which currently prohibits Japan to have our own arm force except for the purpose of our own self-defence).

The referendum bill passed inlcudes the following:
- The minimum voting age for the referendum will be 18.
- The national referendum bill's only applied to amendment of the Constitution.
- 50% of valid vote allows the government to change the Constitution.
- There will be no limitation for the lowest voting rate.
- The bill for amending the Constitution can be submitted in the Diet with the agreements of more than 100 politicians in the Lower House (480 total in the Lower House) and more than 50 politicians in the Upper House (250 total in the Upper House) .


I am slightly confused here. I believe I am a citizen of Liberal Democratic state, at least even if it was only theoretical. In order to pursue such, our state uses the methods including "decision by majority". Now, somehow, the basis of this method itself was "amended" in the bill. Unlike before when the government needed 50% of Japanese citizens' agreement, they can only worry about the 50% of those who voted. The trick is, if the voting rate for the National Referentum is low just like the other national or local election, our nation's future could be choosen by a partial Japanese population.

"Decision by majority" is just a method and the method may never be the best and the most democratic way ever. Still, changing the definition of "majority" deliverately just makes me quite embrassed and perplexed. Politicians may say if the citizens want to show their attitude, just simply go to vote. Sure, one credit for that. But we can't change the subject here either.

Nagatacho is moving so quickly for a very critical shift. We can't just watch TV mocking these politicians. They aren't actors of our favorite TV show. They are in fact, the real people who are really changing our present and our future. Why, for the god's sake, do we care more on which company merged, which real estate was sold, where the Nikkei goes or how the sales goes for a new product our company started selling? There is defenitely something more critical passed out there.

It's not about the "bubble". It's about the "real future".
[PR]
by Haruka_Miki | 2007-04-14 00:00 | Nippon

Parade of color red

"Red has guts .... deep, strong, dramatic. A geranium red. A Goya red ... to be used like gold for furnishing a house ... for clothes, it is strong, like black or white." - Valentino

f0079502_15103117.jpgWhen I meet a color, then somehow the color tends to bring something in the same color. This time, it is color "red" for me. Last week, I purchased a bright red colored dress, a very unusual color selection for me. It could perhaps be worn for a jazz live I'm going in two weeks time.

So here the color followed. Yesterday, I got a flower gift from my friend. Flower gift is, in fact, one of the most exciting present to receive from someone: simple and natural but heartful and considerate. It was Garbera in passionate red.

f0079502_23255585.gifThe color reminds me of Spanish movies especially the pieces by Pedro Almodovar.It also reminded me of "Genio y Figura", the exibision held at the Museum of Modern Art, Saitama in 2005.

f0079502_15574034.jpg Red is sometime too strong and powerful. It's unlike color for Spring, the season which is full of gentle colors like light pink, yellow, white with bright green. Sometime, such bright color gives a spice to a gentle season.
[PR]
by Haruka_Miki | 2007-04-12 00:00 | 五感

柳緑花紅を今一度

f0079502_0285280.jpg柳はみどり、花はくれない。お茶のお稽古で拝見した掛け軸にあった禅語の如く、春の情景はあまりに麗しく清清しい。

気持ちがいい春空の下で、桜の木々は白にも近いピンクの花びらを少しだけつけて、散り行く定めを静かに受け止めているようにも見える。近所の桜の下を通ると、その花もひらりひらりと舞い降りる。ここ何日かで、一段と薄緑の葉の部分が多くなってきたように思う。さて、そんな中、土曜日に先生がボランティアでお手伝いされていたお寺の花祭りの野点に伺った。境内には葉桜が、誇らしげに咲き、その下で薄茶とお菓子を頂く贅沢は、この季節、日本という地に居る特権でもあろう。

f0079502_016661.jpgお茶の楽しみと言えば、そうした季節を意識的に取り込ませてくれるという点も大きく、季節毎にお道具が変わるのを拝見するのも、とても尊い点である。その期待に漏れず、昨日は、桜の季節にふさわしいお道具に触れる機会があった。「大堰川棗(おおいがわなつめ)」である。京都の上桂川は桂川になり、その後に大堰川、再び桂川と称され、最終的には大阪の淀川となって流れていく。桜の木目が美しく、13個の桜の花が描かれた棗は、この大堰川にちなんで「大堰川棗」と名づけられたそうだ。

さて、ただ華々しい花の美しさだけでなく、炉淵に使われた文様にまた目が留まった。「海松浪(みるなみ)」の文様は、ミル貝と波の図柄を合わせたものを指し、春には気が早いようにも思えてしまう、初夏の装いがすでにそこにはある。それは、春の悦びと同時に、初夏の気配を感じさせてくれる。

まさしく、「柳緑花紅」を、上っ面の言葉だけでなく、茶道を通して今一度感じた次第である。
[PR]
by Haruka_Miki | 2007-04-09 00:00 | Nippon

大衆受けよりパトロン受け

今日は、会社の同期の紹介で、村上隆氏主催のアートマネジメント会社Kaikaikikiで働かれていた方とお話する機会を得ました。

恵比寿はTio Danjo、スペインに駆けつけたくなるような立ち飲みバールでの金曜の夕べでした。私はあいにくワインの知識はないのですが、ワインと同様またはそれ以上にシェリー酒が結構好きで、シェリー酒を行脚しながらタパスを楽しむと、バックパッキングで行ったセビリアを思い出し、とても心地よい気持ちになります。蛇足ですが、イギリスのパブ文化、フランスのカフェ文化と並んで、スペインのバール文化はその地に深く根ざしたもので、格好のコミュニケーションの場であるように思います。
f0079502_10274737.jpg


さて、今宵のお題は何を隠そうアートマネジメントでした。興味関心としては、いかに芸術家が彼らの芸術的方向性や信条を突き通しつつ、しかし財政面での工面につながるか、そしてゆくゆくは芸術普及に通ずるか、ということが根本にあるかと思います。それは、私がずっと興味がある分野です。それこそ村上氏を代表とする、「芸術=お金になり得る」を信じるマイノリティ芸術家と、多数は芸術のために芸術に生きる、芸術家たち。マイノリティ以外の一般の「芸術家」と、「一般人」の溝は、余りに大きく、時に言語さえ異なるように思えます。

私は、芸術というものに触れるのが大好きな一鑑賞者ですが、一鑑賞者としても、上記の問題意識を常に持ち続けています。つまり、芸術は人々に受け入れられなければその価値が半減してしまうが、けれども人々に受け入れられることが、本当の意味での芸術の素晴らしさとは断言しきれない、反対に本当の芸術は、大衆迎合しないことにこそ、そのエッセンスがあるのではというアンチテーゼです。

興味深かったのは、この矛盾点の脱却方法として、もしかしたら、大衆に受け入れられるか否かは、さほど問題ないのではないかという視点です。つまり、昔から、芸術にはパトロンがつきものだったようです。そう、大衆受けするかは否かととして、コンセプトや行動が前衛的で万人受けしないものであっても、「あるパトロン」受けがよけさえすれば、それが一番大切なのかもしれません。

イタリアのルネッサンス時代にそうであったように、芸術はある意味パトロンの存在にかかっているわけで、ある大富豪の鶴の一声でどうにでもなる。ヨーロッパ、アメリカには、この大富豪の意識が存在し、芸術集団もその恩恵を受けているようです。日本においても私設美術館は多数存在しますが、日本ではまだまだ、現代の富裕層をターゲットにした、「パトロンによるマネジメント」は体系づくられていない気がします。

アートマネジメントを考えるうちに、それはもしかしたら、大衆マネジメントではなく、富裕層をターゲットにするという古典的ですが、同時に案外新鮮な視点を得た、金曜の夜でした。
[PR]
by Haruka_Miki | 2007-04-06 00:00 | 芸術