ブログトップ

パリ発 五感の穴

fivesense.exblog.jp

<   2007年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ジンバブエ報告会

昨日、ジンバブエ出身の同僚とランチをした。氏おすすめの店でハヤシライスを頼んだ。いつもであれば、他愛もない話、最近読んだ本や、氏のご家族の話などをする。微笑ましさ満点である。昨日は、氏が夏休みに五年ぶりに祖国ジンバブエに一時帰国したばかりだったので、ランチはジンバブエ報告会となった。

ジンバブエといえば、昔はローデシア共和国と呼ばれ、イランや北朝鮮と並んで経済制裁を受ける国であり、かなりのインフレに悩まされ、独裁者ムガベというイメージがどうも強く、それ以上のことはよく分からないというのが本音である。

f0079502_21182110.jpg
(Jaipur, India, 2007)

氏のジンバブエ報告によると、インフレはかなり深刻な状況で、ジンバブエ国内の人々も一家族に一人は、海外送金ができる家族が国外にいるととりあえず一安心なのだという。インフレを止めようと、政府が物の値段を固定するのだが、その固定値が甚だ見当違いなため、闇のマーケットでの取引は当然だと言う。例えば、ガソリンスタンドに行っても、ガソリンはないよと言われるが、実は裏庭にまわればガソリンはちゃーんとあって、さぁいくらで買う?という交渉が始まるのだそうだ。

そんな状況で「独裁者」(と敢えて言ってみる)に対する国民の不満はないのかと言うと、多くの人々は彼の政治に飽きているけれど、だからといって反乱までは起こさない。つまり、どうもメディアを通じて聞くような状況はもちろん存在するのだが、国内の人々はそれなりに平和に穏やかに暮らしていて、その平和と引き換えに、反乱を起こすということは、すなわち戦争であり、国民の多くは、それまでの血なまぐさい歴史に辟易していて、皆今の生活に終始したいらしい。

その国の人にならなければ、私などの余所者が意見することができることでもないのだが、とりあえず、ここで思い出すのは、ところ変わって米国、共和党から大統領に立候補しようとしているRon Paulの意見である。Ron PaulはいわゆるLibertarianで、ラジオで聞いたイラクに関する彼の発言が興味深く、印象に残った。彼はイラク派兵反対だとか賛成だとかではなく、イラクで何故アメリカ兵が攻撃を受けるのかについて次のようなことを言っていた。テロリストが何かを企んでいるとか、宗教の戦争だとか、文明の衝突だとかではなく、これは単純に母国によそ者が来たことに対する警戒と、ただよそ者に出て行って欲しいという切なる願い、単純だがそれが根本である、と話していた。

ジンバブエの内政については何も知らないのだけれど、多分Ron Paulの考え方が実際のところ一般市民に多い感情なのじゃないかと思うのだ。少なくとも、私だったらそうである。理念や教義がうんぬんでもなくて、単純に平和な生活を送りたいとささやかに願っているのが実のところかもしれない。

民主主義とは何かとか、民主主義に到達するまではどのような手段をとってもいいのかとか、そういうことを考えていた学生時代に、それを議論することは楽しかった。けれど、現実社会では、イデオロギーはイデオロギーだったりするのだ。イデオロギーは物事の考察に一役をかう反面、物事を必要以上に複雑化しているような気もして、ハヤシライスのジンバブエ報告会はそのことを考える有り難いランチであった。
[PR]
by Haruka_Miki | 2007-08-29 00:00 |

風邪気味の時は詩に限る

f0079502_2194660.jpg
(At the Cathedoral in Toulouse, France, 2004)

微熱が何日か続いて、ふらふらしていた。高熱でないので、汗もかくけれど、すこーんと次の日に回復するほど熱が出きらないというのは不完全燃焼である。解熱剤てのはもってのほか。葛根湯を飲んで身体を温めても、アクエリアスを飲んでも、どうもよくならないので、土日はおとなしくするかということで寝てみた。

というからだの具合は置いておいて、私はこういう風邪気味というのが嫌なのだけど嫌いではない。なんとなく、風邪を引いたときって、集中散漫の割りに、普段の自分では気にならないことが気になったりしません?私の場合、風邪の時は短いパンチが効いたものを欲するので、そうなると、詩にむくむくと興味が湧いてくる。おそらく、長い読み物を読む気力がないのと、ある意味でいつもよりも想像力に富んでいるからかと思われる。

今日は、高校時代に読んだRobert Frostの詩が急に頭に浮かんで、早速ネットで検索。以下、Harvard Square Libraryより抜粋。

THE ROAD NOT TAKEN

Two roads diverged in a yellow wood,
And sorry I could not travel both
And be one traveler, long I stood
And looked down one as far as I could
To where it bent in the undergrowth;

Then took the other, as just as fair,
And having perhaps the better claim
Because it was grassy and wanted wear;
Though as for that, the passing there
Had worn them really about the same,

And both that morning equally lay
In leaves no step had trodden black.
Oh, I marked the first for another day!
Yet knowing how way leads on to way
I doubted if I should ever come back.

I shall be telling this with a sigh
Somewhere ages and ages hence:
Two roads diverged in a wood, and I,
I took the one less traveled by,
And that has made all the difference.

Robert Frost (1874–1963). Mountain Interval. 1920

爽やかなRobert Frostの詩が、こういうときにとても心地よい。また長い読み物が読めるように早く回復することを望みつつ、なんとなくこの詩のモードも悪くないと思いつつ。
[PR]
by Haruka_Miki | 2007-08-26 00:00 | 五感

文通の夢は塵となりにけり

f0079502_23453719.jpg以前会ったヴァイオリニストに、ご馳走になったガス入りのミネラルウォーターのお礼も兼ねて、葉書きを送った。神楽坂の椿屋で買い求めた草木の版画のものである。そのヴァイオリニストからお返事がきた。メトロポリタンオペラの葉書きである。僕もその中にいます、というのでまじまじと見ると、いた!ちょっとお若いがヴァイオリンの席の一番前に座っている人が多分そうだという察しはついた。

私は兼ねてから、この古典的な手紙を認めるという方式を好んでいて、これだけ便利になった世の中でも、どうもその嗜好は変わらない。ただ、電子メールほど楽なものはないし、今などはスカイプを通じて世界のあちこちと瞬時に繋がるので、携帯電話よりもスカイプを使っている時間が間違いなく長い。だからこそ、手紙の価値が上がるというものだと思う。ヴァイオリニストなら、手紙を書いてくれる性質であろうと私は勝手に決め付けた。メールも送らず、とにかく手紙でお礼を言った。

f0079502_23532219.jpgそれに対して、ヴァイオリニストはこうである。あなたって人はメールを使わないのですか?驚くべきことです。手紙がどうこういうわけではないんですが、私は筆不精ですし、ペンパルには不向きですね。こういうのが苦手です。というわけで、次回からぜひ文明の利器に頼ってください、と氏はヴァイオリンを持った似顔絵を添えて葉書きを書いてくれた。これから筆を認めることはないですが、でも今回は絵をおまけしますという感じである。私の住所を書くのも嫌だったらしく、私が書いた葉書きのわたしの住所の部分を切り取って送り返してきている!大胆。

話は逸れるが、芸術家というのは芸術全般でやはり才能が巡っているのだろうか。大変味がある絵で、芸術家なんだなぁと妹と葉書きを見て話した。とかく彼自身にそっくりなのだ。

彼なら風貌で、きっと葉書き派だというロマンはむなしく夢と去った。そういえば、思えば彼はポケットからブラックベリーを携帯していた現代人である。ブラックベリーやメールで話せばいいでしょう。それが一番スマートだ、と彼に言われそうであるから、もはやどちらが現代人なのか訳が分からぬ状況だ。とはいえ、彼のような人には、やはりどうもメールを送るのがピンとこない。交流を続けるのであれば、嫌がられながらも、手紙を書き続けることになりそうな予感である。
[PR]
by Haruka_Miki | 2007-08-21 00:00 |

Bid/Offer for My Trip to Iran

f0079502_18261225.jpg
(Picture from Cuzco, Peru, 2005)

I was talking about my trip to Iran in mid September and my friend tought me a very interesting site called "Intrade Prediction market".

In the site, you can basiclally trade any idea people predict about. Let's say "USA and/or Israel to execute an overt Air Strike against Iran by 30SEP07". The bid/offer of this is 2.5/3.4. That means, people predict there are around 3% chance of U.S attacking Iran in September 7, 2007! What is amazing is the fact the bid/offer has dropped dramatically since October, 2006 and it goes up again for December, 2007 and March, 2007.

We buy and sell risk, gain revenues or protections out of the trade and the modern technology certainly helps the idea and the purpose of the market to be pushed to its extreme.

So my friend strongly said he didn't mean to scare me but he also suggested to buy the protections. How interesting and blow minding thought it is! On the other hand, many of the markiet participants, whether I go to Iran or not, people will continue the predictions and keep bidding and offering the price. The prediction is sometime nothing to do with the reality as the prediction itself.

What if the prediction becomes solely a game to predict? What if the reality is not so important but merely to make money? You don't care if Iran is attacked, as the essence of the concern is whether your prediction is right, not if the society is in a risk of attack?

The modern society is so good at spreading ideas, sharing ideas, trading ideas but yet, if the ideas themselves have less spece to be considered about, that is a bit scary.
[PR]
by Haruka_Miki | 2007-08-18 00:00 | 経済的営み

稲川さん

稲川淳二氏の「怪談ナイト」なるものの広告が出ていた。で、素朴な疑問。稲川さんは、冬は、何されてるのでしょうか。
[PR]
by Haruka_Miki | 2007-08-16 00:00 |

Morning fresh coffee

"Hey, morning coffee. How is your day?"
That is the word I kept hearing everyday from year 1997-2000.

When I was in high school, I had a great relationship with my school councelor. Her name is Rose. She is now close to seventy years old and has retired from her work two years ago. As there is no retirement age in high school where I went, she worked until she turned to 65!

Before I could learn English and fully enjoy myself in high school, Rose was the lady who helped me with all the school matters. Unlike local kids, for me, my school concelor was more like a mental therapist, a supporter and a grandma.

f0079502_21415935.jpg She is such a cheerful lady and I just walked into her room every morning before the first hour had started. For normal kids, couselor's room is a place you don't go unless you have some issues with your credits and you are asked to make a reservation with him/her. For me, I never had to because I went there too many times. As I walk into her room every single morning just to say good morning, Rose called me "my cup of morning coffee". She was my cup of morning coffee, too.

This summer, I met her again. Just like seven years ago, we met in the morning, this time with real black coffee. As we have more time now and as the school was closed during summer break, we headed to bagle shop where we had a bagle and a muffin.

How can a lady almost close to seventy years old be so open-minded, cheerful and full or enthusiasm to do many things? We talk about America, immigration laws, my jobs, love stories, healthy diet, travels she is going to take this summer to Itally with her brothers and sisters. Even aging is a fun thing for her. I asekd her what she did these days and she answered with a bright smile, "well, you know how old people have so much time. Even to think of our towels in the shower room, we can spend a day! Although I have dozens of towels at my home, I just searched for another one yesterday taking a day! Hahaha."

We had a much fun with a cup of morning coffee and she drove me to my parents. In the car, a memorable line she said kept in myself.

"Haruka, do you know what is the most scary thing in life? It is when a person stops challenging. I am very scared of not challenging than a challenge."

She did retired from her work, but certainly she will never retire from life. I will miss my cup of coffee lady in Michigan!
[PR]
by Haruka_Miki | 2007-08-15 00:00 |

日向ぼっこ

天気がいいと必ずリネン・枕・クッション関係を太陽に近いところに置いておくのだが、今朝はいつにも増して、皆さまが気持ちよさそうなのは、気のせい?
f0079502_10575316.jpg

[PR]
by Haruka_Miki | 2007-08-12 00:00 | 五感

The next books to read

f0079502_1074153.jpg
I happened to know the newly released book, "Discover Your Inner Economist: Use Incentives to Fall in Love, Survive Your Next Meeting, and Motivate Your Dentist", by PhD. Tyler Cowen. I don't know much more than how the book is introduced and talked online as I am still waiting Amazon to ship me the book and in the midst of anticipation how the book will be.

As I know more about the author, I found that I should have known better. His blog, Marginal Revolution is one of the most popular blogs with smashing volume of accesses a day. On the other day, Mr.Cowen was in a radio show hosted by my favorite, Mr.Tom Keene, a CFA and Bloomberg host. In the show, with the quotes by Aristotle, Mr.Cowen has talked about "unhealthy" side of today's economy. That is , to name one, a lack of concern with other value.

He also mentioned about "Creative Destruction", the concept he introduced in his previous book, "Creative Destruction: How Globalization Is Changing the World's Cultures". Just looking at a review in Amazon, Washington Times described the book as "The book's basic point is that cultural globalization can increase the diversity of choices for the individual while reducing the diversity between societies across the globe". Hmm, Isn't it a bit contradictory? That is certainly the next book in the list, too.

Came from sociological and area study background, I have always been sceptical (sorry!! for those who have passionate in the topics I will mention now) for any theories where people try to draw a ground design that can explain any social phenomena as a whole. This scepetism goes for economics, finance, sociology, psychology or whatever social sciences you name. How can a scholar comes up with the ultimate theory that can explain the entire social status?

Being such a hard-headed, I could actually go well with Mr.Cowen's way of thinking. Maybe you and me, who live in everyday life already knows about economy even if we are not the greatest economists of time.

Saying that, I still feel that I should study Econ from more theoretical views. Too bad I didn't have any formal Econ trainings but it would not be too late. Hey, my friends, possible future Economists, teach me the theories! I will prepare myself with the mentality side of Economy, starting with books by Mr.Cowen.
[PR]
by Haruka_Miki | 2007-08-11 00:00 | 経済的営み

ポルトガル語、時々レモネード

言語って、響きが綺麗な言語だとか、感性が美しい言語だとか、あとは色々な用途によって(フランス語は愛の言葉というclichéがあるように)色々あると思うのだが、私が一番音楽的に受け取ってしまうのは、多分ポルトガル語である。

ポルトガル語はまったく分からない。けれど、なんとも人間的かつ音楽的だなーと思わずにはいられないので、耳にする機会があるととにかく惚れ惚れしてしまう。東京でもポルトガル語を話している人々を見ると、私はとりあえず近くまで歩み寄って行って、盗み聞きしている。意味が分からないので、盗み聞きもかわいいもんだとお許し頂きたい。

言語と音楽というのは本当に鶏と卵の関係だと思う。というわけで、ポルトガル語の音楽は心地よい。ポルトガルを二週間ほどさまよい歩いていたときの記憶が残っているからか、ファドが好きなのだ。あれは、多分日本でいう演歌的なものなのだけど、心地よい。大学都市のコインブラの近くにナザレという漁師の村があって、そこを思い出す。おばあちゃん達が黒かったり、鮮やかな色だったりのエプロンをまとい、なんとなく自身は行ったことがないが、妹が以前旅をして写真を見せてくれたギリシャの島に似た感じである。
f0079502_18595034.jpg


ボサノヴァも好む。あれを聴くととりあえず、この夏の週末、昼下がりならば家に埋もれているハンモックを探し出し、きーんと冷えたレモネードだかをバスケットに入れて、公園に木綿だか麻のスカートでもはいて、ビーチサンダルを投げ出して、ハンモックをいい具合に吊るしたら、すぐさま昼寝の体制に入れる気がする。

このたび、ミッドタウンにビルボードライブがオープンするらしい。カルロス・リラとホベルト・メネスカルがやってくるとのことなので、ぜひ足を運びたい。一点残念なのは、彼らがくるのは10月とのこと。どうせならこの真夏の夜にシエスタをした後にでも夏のおめかしして行きたいものである。
[PR]
by Haruka_Miki | 2007-08-10 00:00 | 五感

Christmas Wish in Summer

Ramdomly, I have started thinking about Christmas season. Why? Number one, it is something to do with this climate. Yes, it is hot in Japan. It is crazily hot. So, let me imagine about winter. Let me expand my imagination; at least I can get out of the tropical summer that way.

f0079502_23483870.jpgSo I rented movies, "The Christmas Story", all the time favorite with all the crazy characters and the animation version of "Dr. Seuss - How the Grinch Stole Christmas" which I have seen at least ten times now.

But of course, climate is not the only reason why I think of Christmas season. Just like New Years celebration in Japan, for me, Christmas season is something very special. That is the time I think about my important people. Yes, the purpose and meaning totally differ those in Japan. That is the time your loved ones gather and share good time.

Without any religious connotation, I think of Christmas time when I think of someone special; even if it is during brain-melting hot summer.
[PR]
by Haruka_Miki | 2007-08-08 00:00 |