ブログトップ

パリ発 五感の穴

fivesense.exblog.jp

<   2008年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

Argentina: I am in love

I feel that I am saying the same thing whenever I travel somewhere new but let me say aloud. I AM IN LOVE WITH BUENOS AIRES.

f0079502_3203714.jpg
I have arrived to Buenos Aires last Saturday and I have to say that this is one of the cities I enjoy visiting very much at the same time I would love to live if I have a chance. Or, let me make that chance. The city has an amazingly beautiful architectures everywhere but more than that, I appreciate the atmosphere of this city. So selene, calm and yet so energetic. The mixture of the Italian culture as many of the people are from the region, then certainly the Latin American culture and the Spanish speaking culture create the harmony in such vivid colors. What I am in love about the city is probably the being of people. The people with the warm hearts with the esprits and the charms. Why in such a big city, people are not snob at all and rather warm and shy with the combination of passion?

For those who:
- Has the relaxing atmosphere
- Wants to live in peace and love
- Loves interacting with happy, open-minded and selene individuals
- Yet wants to enjoy the modern city life
- At the same time wants to be energetic
- Wants to live artistically
- Wants to learn Spanish badly
- Yet wants to advocate something
- Wants to do something new and chic
- Yet admires the history and old cultures
- Loves the Italian influenced, Spanish speaking Latin America
will enjoy living here so much.

The beauty of the city will be shown even through the photos taken so far. As soon as I find an internet cafe where I can download the photos, I am going to post them.
[PR]
by Haruka_Miki | 2008-03-31 00:00 |

Chili: Andes with a Magician

Since I took off the Newark Intenational Airport, I have not seen a Japanese. No let me correct. I have not seen an Asian! Girl or boy, man or woman! I am certain that Chili has a Japanese community so this has been a bizzare experience for me. As far as what I know till now, I would see Japanese tourists anywhere from the desert in Morrocco to the wonderful old city in Uzbekistan. That is how we are..! So why not in Chili?

Anyway, thank you that some of you kept eyes on the last post. Obviously, I am travelling here and there both in terms of space and time. So, I happily jumped March and now my mind is in April. I will keep that as it certainly expresses my current mentality.

I have taken a bus from Santiago, Chili to Mendoza, Argentina today. Mendoza is a city in Andes famous for producing and exporting wines globally. Certainly I was happy to drink wines going from a Botega to another Botega but what made this trip even more exciting was meeting to a magician sat next to me.

One most enjoyable of a backpacking trip is certainly making a friend here and there. This time, I made a friend with a magician. Juan is a Chilian, a magician, an ex-lawyer, a husband to a beautiful wife and a father of two cute boys. We had such an enjoyable talk through the bus ride. For the past few days, I have speaking only Spanish (Let me correct, I am speaking only broken Spanish with the troubled smile when another person is spaking in the bullet-fast Spanish) and he was an unusual person spoken a perfect English.

We have talked about his family, his profession, the politics and so on. I enjoyed to talk to a person who changed his profession drastically and lived in different countries. It is certainly something, especially when you are in the middle of... Andes!

Anyway, as I did not feel like staying in Mendoza enjoying wine forever, I will be taking off to Cordoba, a hisotrical city now signed as the World Heritage city by UNESCO.
[PR]
by Haruka_Miki | 2008-03-27 00:00 |

Argentina: Surrealistic Feeling

OK, so even though I am out of the money game for the past weeks, I must admit that I kept my eye balls to what would happen to the JP Morgan´s buy-out of Bear Sterns. More away I am from the medias, more needs I feel to be around them. This is, an ironic fact.

Today, I have arrived to Cordoba, the second largest city in Argentina. Just like other major cities in South America (or Europe in general?), the city has a plaza in the center, then the catedral and other municipal offices surrounding the plaza with a few cafes at the first floor. The walkways are covered with white and gray stones. I walk through the center and then look at many protestors with posters. With the limited command of Spanish, I will not fully understand what the messages are, but looking at the picture of Che Guebara, this is probably another protests of the working lass.

In one world, a share of the fifth largest securities firm in the U.S. has dropped its value from $170 in Jan, 2007 to $2 per share (well, just recently, JP Morgan did raise its purchase price to $10). We see the scary part of security business where the exact valuation of a stock or a company is hardly possible.

On one hand, the people in the plaza of Cordoba is shouting to improve the working situation of workers. The stereotype I had about many parts of the South America, the shadows of the revolution and the power domination by the limited number of people seem to be still here in some way. Looking at the other hemisphere of America, there I hardly see "workers". Certainly, the core of the issue goes deep to the worker class and the companies loaned money to them. But in the security market, now I have an impression that the debate is more on shareholders, investors and the Fed.

The travel really makes me consider about the world where I am. It is hard to connect with the protesters in the street of Cordoba as this is too surreal for me. At the same time, what has been happening in the wall street is also unreal. So, where the exact reality exists if that is the case? Am I only one who feels this way?
[PR]
by Haruka_Miki | 2008-03-27 00:00

Chili: I am alive

Okay so I have started the South Hemiphere trip. I will put a few lines when I have an access to internet so that I can tell everyone that I am alive..!

4/24 Was supposed to fly to Santiago, Chili from NYC. However, the connection at Atlanta did not go right so I have waited one day in the city.

4/25 Flied to Santiago, Chili with the transit at Altanta, US. Airline D had a wonderful service and it made me considered, why they went bankrupt once. Or, maybe is that why they went so? Just not cost-concsious enough?

4/26 Arrived to Santiago, Chili. Such a beautiful late summer/early autumn weather. So dry and sunny. I am enjoying Pisco sour (my favorite drink) in sun. One question, why do we have this music you will probaly hear in a small shopping center in the surburb of Japan at the center of Santiago? It makes me so nostalgic and all..

4/27 Going to the other side of Andes Mountains. Expect to arrive to Mendoza, Argentina in the afternoon.
[PR]
by Haruka_Miki | 2008-03-26 00:00

NYC: Easter Holiday

After ten hours of the flight delay from Detroit to NYC during the Midwest flood and the heavy blilzzard hitting the mid states, here I am enjoying the nice spring climate in the city. The airline N certainly turned down all the passengers as their flight at 17:05pm finally took off the Detroit Metropolitan Airport at 02:30am, we must have all thought our struggle has paid off after seeing this beautiful weather during the Easter Holiday.

f0079502_2223181.jpg
NYC has been NYC as always. Welcoming (or just does not really care) atmosphere of who comes in and goes out of the city, the buildings standing right next to each other with the exceptions of several parks and people with different skin colors, eye colors and hair colors are all there just like as always.

The stay here has been as fun as usual meeting all the buddies here and there. Old buddies and new friends all gather for dinner and drink. I had a chance to attend a Estonian community home party one night, which I found a very refreshing and somehow nostalgic. Certainly, Japan and Estonia are so far from each other but I found many similarities to the general nature of people; a bit shy at first but quite laid-back folks!

Another night was the Columbian food with my girls. We talked about the random things and we wondered, how did we end up talking about all those subjects? Then we would say, well that was because we are women..

Today being the Easter, many people paraded the fifth avenue. Every one of them had an uniquely decorated hat specially made for the day. Everyone is just welcoming the spring has finally come and so do I. It is pity to miss the cherry blossom in Japan but I will try to substitute it with other spring activities!
[PR]
by Haruka_Miki | 2008-03-24 00:00 |

一杯$1.38のコーヒーで3時間話す夜

高校時代の友達と会いました。車社会では、一杯引っかけようとはいかず、家でパーティをするか、夜にカフェで落ち合うのが相場です。我々も例に漏れず、隣町にある、かわいらしくこじんまりしたダウンタウンのカフェで落ち合いました。自動車の達人の彼女たちとは異なり、私はどうもウィンカーを出す時に右のワイパーばかり回してしまって、ミシガン人からは程遠い状況です。

卒業してから八年会っていなかったのですが、テクノロジーの恩恵にあやかり、今回会えることに。二人とは国語のクラスが一緒で、文学だ芸術だファッションだ、その他諸々の女子の話題ではいつも盛り上がったものです。地元でいい評判の大学を出た後、なんと二人して教師になっていました。一人は私が通った中学校で社会を教え、もう一人は近所の町で国語(文学)の先生です。高校時代から、年齢に合わず洗練されて落ち着きがある二人でしたが、その印象は今も変わらずなんだか感激したのでした。

あの子はハワイで今旦那さんと暮らしているとか、あの子はノースキャロライナで心理学の博士で講師をしているとか、あの人はシカゴで公認会計士だとか、噂話も含め、とかく色々と話し楽しい夜でした。嬉しいのは、彼女たちが生きているこの町のことを語れたことであり、それがこの八年でメディアの中の話題と化して、自身の生活とは一線を画したもの、例えばそれがアメリカの銃社会の影響であったり、アメリカ社会が内包するエスニシティの問題であり、有権者の視点からの大統領選挙であり、それとは別次元で教師であること、子供と大人、教育のことというあまりにも日々の視点とはかけ離れたものについて語り合ったことでした。

私が通った中学で教師をする友達の話では、私達が学生の時と比べ、この市を構成するエスニシティが大幅に変わり、市がその変化に追いついていけていないこと、親たちの間にも自分達と他者といった意識を持ってしまっている人が少なからずいることを聞きました。近所の市の高校で教える友達の話でも、似たようなことが起こっていて、越境通学(この地域ではSchool of choiceと言い、デトロイトダウンタウンなどのエリアから、よりよい教育を求めて、親が毎日高速道路で送り迎えをしている高校生たち)とそれに対する一部の親たちの反発、学校内での喧嘩について話してくれました。また、中学の先生の友人は、授業でパレスチナ問題を話す時、ユダヤ教とイスラム教の学生がいるため、とても繊細なトピックで、中立的な立場で教えることが思っているよりも難しいこと、また高校の先生の友人は、学校の必読書である本に黒人の差別用語が多用されているのですが、この本が書かれた背景などをきちんと話すけれど、しかし自身はその言葉がいかに歴史的に使われていても、実際に口にすることさえ自身ははばかっている現実などを教えてくれたのでした。

もう一つ、非常に興味深かったのは、以前は年に二度ほど、竜巻の避難訓練をするのが常でしたが、今では竜巻の避難訓練の変わりに、不審者が学校の侵入した際の避難訓練をするとのこと。こんなに平和なのに、そうやって不安が煽られるのよね、と二人は嘆きます。

全ては、私が以前に経験したこと、けれどいつのまにか第三者の目で学問の一環として見るようになってしまったことです。彼女たちは毎日、その現場に立ち、若いながらも情熱をもって、そしてストレスで時に不眠症や白髪(!)を作りながらそこに居るのです。

当然、その社会に生きれば、特有の問題に直面し、悩みながら生きています。が、アメリカ社会はその諸問題があまりに現代社会の縮図というか、外界に与える影響も大きく、それだけ濃縮された諸問題に見舞われているように思えてなりません。その中に生きる二人(しかも、かなりの見識がありコスモポリタン)を見て、アメリカが今なぜアメリカなのか、内部的に悩みに悩んでいるのか、少しだけ垣間見た夜でした。
f0079502_2375780.jpg

[PR]
by Haruka_Miki | 2008-03-20 00:00 |

デトロイト郊外のすすめ

デトロイトに来ました。

米系N社は様々な良し悪しを持ち合わせていますが、デトロイトにご旅行の際はぜひN社を。N社の飛行機でアメリカに飛ぶということは、すなわち成田にいる時から既にアメリカな雰囲気を多分に感じながらの旅になることは請け合いです。

しかし、今回は特にすごかった。復活祭の休みが近いからか、飛行機は満席で、日本人はほとんどいません。圧倒的な米国人(もしくはパスポートを見るにカナダ人)シェアです。スーツケースはたいがい持ち込む私ですが、フライトアテンダントのおばちゃまには、「このフライトは満席だから、スーツケースは縦に置いてね。じゃないと皆の荷物が納まりきらないんだから」と乗り込んだ直後に注意を受ける始末。一国のウェルカムトゥジャパン政策はある意味で功を奏しているのかと思いきや、実はその多くは中国からのトランジットのお客らしく、北京やら上海やらのTシャツを着ています。

さて、デトロイトは、アメリカ全土同様、いやそれとはまた別次元で経済的に停滞しているとも言われています。会計士や弁護士や公共サービスなど、それなりに千差万別な職業に就いた人がいますが、そうはいってもMotown。デトロイトのダウンタウンにはGMなどの本社機能がデトロイト周辺の町から最近移り、数年前には、アメリカ人のスポーツの祭典、アメフトのSuperballがこの地で行われるなど、ダウンタウンは昔とは比べ物にならないほど綺麗に生まれ変わりました。が、この地を長年潤してきた自動車産業にも陰りがあり、今では全米でも有数の高級住宅街があるデトロイト郊外も、なかなか家を売りたくても売り手がいないという難しい状況に。そうかと思えば、近くのショッピングモールは高級志向に変わってきているようで、高級ブランドの靴や洋服が並びます。デトロイト=経済の停滞の縮図、とばかりも言えないところが、この地の面白さです。

帰国子女としての自身を創ったのは、間違いなくこのデトロイト郊外であり、その礎の上に今の私があります。アメリカのミッドウェストに住まうことに、一定の反発や苦悩があったのもまた事実ですが、実はこのミッドウェストという地が、とても米国社会を理解するのに興味深い場所であることを、最近は実感しています。そこは、人種的・所得的な住み分けがとても進んだ土地であり、ある程度都会であるけれども郊外であり、ニューヨークともカリフォルニアとも南部とも違ったニュアンスを持ち合わせた地です。デトロイトテクノに、エミネム、マドンナ、そしてフランシス・コッポラにマイケル・ムーア。みんなこの地の生まれです。

繁栄と湖や林に囲まれた素敵な暮らしが若者たちの希望と鬱憤と合わさり、デトロイト郊外に住む意味合いの厚みを増しています。

色々申し上げましたが、そんな人間の事情をさほど気にしないかのように、朝は隣の池で泳ぐ鴈の親子の鳴き声で目を覚まし、夜の静けさを打ち消すように遠くから聞こえる貨物列車の汽笛の音を耳に眠りにつくことが、実はデトロイト郊外で一番乙なところかもしれません。
[PR]
by Haruka_Miki | 2008-03-18 00:00 |

バースデー三年分

f0079502_22162995.jpg
一歳年を重ねました。お誕生日おめでとうのお祝いやお電話やメールを頂戴し、お礼が遅くなってしまいましたが、本当にありがとうございました。底抜けに素敵な皆さまに出会えたことだけでも、私の人生最高についてるのに、こんなにお祝いしてもらえるなんて、私は相当幸せ者です。

忙しい仕事の合間を縫っての電話、メール、お手紙は温かく嬉しかったです。土砂降りの雨の中、恵比寿のお店のネイティブアメリカンのテントを借りてのお夕飯は最高におかしくて、立ち飲み屋でケーキを開けるのは初めての経験でした。立ち飲みやがシャンパンを振舞ってくれるのは(お兄さん向かいのコンビニからシャンパン調達してたし)後にも先にも今回だけな気もします。翌日に、妹との夕飯の約束で帰宅し、リビングのドアを開けた途端、我が家で待ち構えてくれていた皆さん、何が起こったのか分からず、始終口を開けていましたが、口呼吸だけが理由なわけではありません。粋な計らいすぎて、状況を飲み込むのに時間を要しました。

忘れられない誕生日になりました。誕生日以上の、様々な餞の意味合いを持っていたのだろうと思い、また心がいっぱいになりました。ありがとう。

そうです、これからの道に対して、自身の向かう方向に今まで以上の「責任感」を感じたのでした。メッセージをもらったとおり、I will shoot for the Moon as I will at least arrive to the Mars if not to the Moon. ということで、精進を重ねる二十六歳にしたいと思います。
[PR]
by Haruka_Miki | 2008-03-14 00:00 |

Get yours!

終わりました。
f0079502_040078.jpg


明日も8時に家を出そうですが。
東京にいたらそうなりそうなので、ここは思い切って海外に行きます。

結果から申し上げると、すごくいい会社でした。
人に恵まれ、いいカルチャーで。
手前味噌とわかっていても、できた組織です。
周囲の方に自信をもっておすすめできる会社です。だてに、
もっとも働きがいのある会社で、二年連続三位以内にはなっていないでしょう。

私は組織の一欠けらでしかなかったかもしれないけれど、
組織嫌いの私が、ここまで惚れこみどっぷりお世話になった会社です。
沢山いいもの頂いて、ありがたいことに惜しまれて。

部門を越えて多くの素敵な出会いがありました。温かい言葉を頂きました。
社交辞令でも、二年後帰ってくるでしょうと言われたことが泣きそうに嬉しく思えました。
はなむけの言葉は、もったいないくらいすがすがしくて、まぶしくて。

人の縁とは不思議です。
組織はいやだと申しましたが、組織を作るのは人です。
人が魅力的だったら、組織もちょっぴり素敵になることに気づきました。

感謝してもしきれませんし、幸せ者であることをつくづく感じました。
そうしたありがたい気持ちをいっぱいに、でも踏み出しましょう。
You deserve so much high, aim high girl
Get yours! Catch your star!なわけです。

出勤最後の日で、あいさつ回りをしても涙も出ない自分がなんて薄情かと思いましたが、
お家に帰って頂いたカードを読んだら、不覚にも泣けてきてしまいました。
というか鼻炎なんで、泣くと息しにくいんですけど、どうしたらいいでしょうか。

感謝感謝です。
[PR]
by Haruka_Miki | 2008-03-13 00:00 |

去る準備

明日が現職最後の日である。

上司に夏からの予定を話して、現職を離れるタイミングを相談してから、
もう二ヶ月が経つのだ。

恋人である二人が喧嘩別れをしたら、よっぽど楽な別れかもしれないように、
私はその反対に、現職とのこの極めて円満な関係に終止符を打つことを、
いまだ完全には消化しきれていない。

ある程度現職に就いた時から、感覚的に一生勤め上げるというイメージはなく、
どちらかと言えば考えていた通りに今、次なるステップを踏もうとしているのだ。
そして、大げさな言い方では在るが、自分が人生の別次元に踏み込む時は、
満を持して、現職で最大限の満足を感じている時に、というのを一つの思いとして
持ち続けてきた。

そして、舞台はそろったようなのだが、肝心の本人は明日で会社が最後であることが
にわかに信じがたく、まるで人ごとのようである。満を持して辞める、ということの
Pro-Conはこういうところにある。

自身がそんなであるから、周囲もぴんとこないようで、明後日から電話をしても
いない、振り向いても私がいないという状況はどうもストンと落ちないらしい。
辞めるなんて、冗談なんじゃないの、と言われて、ほんとですねぇと笑う。

ぴんとこなくても、しなくてはいけないことはあるので、
お世話になった方々へのメールの文面を考えてみたり、
挨拶でまわる際のお菓子を選んだりするその作業を淡々とこなすと、
その行動と、頭の中での整理に大きな乖離があり、不思議な気分この上ない。

一人で抱えてみた不思議な感情を、お世話になった方々に少しだけさらけ出してみると、
なんだか少し去る準備になっているようだ。

まずは東京と海の向こうの同期たちに、現職を去る旨を伝えるメールを送ると、
思っていたよりも沢山の激励メールを頂戴し、そうして少しずつ身支度が進んでいく。

自分が自身を送る準備ができていないのなら、人に送られるように仕向ければいい。

身支度は進めど、しかし明日までにこの乖離がなくなるとは到底思えず、
いずれにせよ寂しさと楽しみとどきどきとが混ぜこぜになりながら、
明日という日を迎えそうである。

話しはずれるが、ここで思い出すのはアメリカの卒業式だ。
アメリカで、高校の卒業式をCommencementと言う。
Commencerはフランス語では始まる、の意味であるが、
アメリカにおいて、つまり卒業式は新たな章の始まりという理解なのであろう。

私の現職の卒業は、明らかに卒業式という卒業に重きを置いたものでは、
どうにもこうにも悲しく向かい合えそうにないので、ここはアメリカ式に
Commencementとしての現職最後の日を過ごそうと思う。
[PR]
by Haruka_Miki | 2008-03-12 00:00 |