ブログトップ

パリ発 五感の穴

fivesense.exblog.jp

<   2008年 04月 ( 20 )   > この月の画像一覧

タイムカプセルを受け取る

父から、私が南米旅行をしていた時に送った葉書きがやっと家に届いたとのメールをもらいました。葉書きを出してから、かれこれ一ヶ月目にしての到着です。

旅の記憶は薄れるものですが、葉書きの走り書きは、旅をしているその瞬間に目がとらえたものや、感じたことを後々にまで残してくれるようで、旅から生活にすっかり戻った人にとっては、ちょっとしたタイムカプセルのようなものだったりもします。その中で、このブログでも旅行中に記していなかったもので、とても印象的だった美術展などがいくつかあったことを、父からのメールで思い出したので記しておこうかと思います。
f0079502_21291435.jpg
(ブエノスアイレスのチャペル。ミサ進行中)

1. NY: グッゲンハイム美術館のCai Guo-Qiangのインストレーション
目が釘付けでした。グッゲンハイムやMoMAはどうも混んでいるし、とある程度離れた視点で見るものの、氏の作品は衝撃的でした。火薬を用いた絵、火薬を用いた屋外での爆発プロジェクト、インストレーションに日本の沿岸部の村においての社会プロジェクトなど、茶目っ気があって楽しい気持ちになります。現代アートは、それぞれの構成物の意味などを鑑賞者としては深読みすることが多いのですが、彼には当然色々な思いがあるのでしょうが、思想のための作品というのではなく、作品としての作品を鑑賞者が思うままに考えて楽しめる空間でした。

2. NY: ニューヨークフィルとピアニストLang Lang演奏のオペラ作曲家Tan Dun新曲の世界プレミア
Tan Dunの作品は、以前サントリー美術館のTeaという作品を観て以来です。Lang Langに関しては、とても有名な若きピアニスト、以上のイメージがなく。お伝えしておきたいのは、私は特段クラシックやオペラを聴き込んでいるわけではなく、こうした音楽は完全な素人です。その上で、氏の演奏はとてもダイナミックで惚れ惚れ。それにしても、上記のCai Guo-Qiang氏然り、ニューヨークのアート界、音楽界共に、中国勢が圧倒的な存在感を見せていた印象でした。

3. Buenos Aires: Centro Culturel BorgesでJulio Boccaのアルゼンチンバレー
踊りを見るのが好きで、その一貫でバレーも時々観ます。身体とリズム、身体の可能性を感じるということでは、スポーツ好きと相通じるところがあるのかしら。アルゼンチンバレーは三部構成になっており、第一部はサンバ的な音楽とモダンダンス、第二部以降はタンゴとバレーの融合ということで、かなりアヴァンギャルドな、タンゴ特有の哀愁さとバレーが美しく。蛇足ですが、Borgesは様々なアート活動を進めていて、イメージでは東急文化村と思っていただければいいかと思うのですが、彼らの美術館はブエノスアイレスで一番素敵な現代アートの美術館と言っても差し支えないかもしれません。アートとお金、支援団体の関係についてヒントを与えてくれるなと思いました。


友人の一人はインドを旅行した彼からの葉書きがまだ手元に着いていないんだ、と言っていました。彼がインド旅行をしてかれこれ三年間。旅の走り書きは今頃どこにあるのでしょう。いつか彼女の手元に葉書きが着くことがあるのか、それかまだタイムカプセルを開封するには時期尚早ということかしら。
[PR]
by Haruka_Miki | 2008-04-29 00:00 |

バカの話し

遅ればせながら前職の同僚達に追いコン?を開催してもらい、月曜日から飲めや歌えや踊れやとなりました。

f0079502_18232663.jpg
(これは二月のソウル)

うち一人はマイケル・ジャクソンのThrillerの振り付けを完璧にマスターし椅子の上で踊っているし、テーマは懐メロ特集だというので、松田聖子辺りから始まり、山本リンダのPVはなかなかすごいヴィジュアルで、その後ABBAを歌い、工藤静香にオリジナル・ラヴにユニコーンにThe Blue Heartsは定番ですし、山下達郎に浜田省吾に山崎まさよしに、Zooと系統だっていないけれど、まあいいんです。あ、アン・ルイス忘れた。ルビーの指輪も忘れた。マルガリータを頼んだところ、焼きたてのマルゲリータが出てきたりと完全に混沌としていましたが、ゴールデン・ウィークだから、ご愛嬌。Thrillerのダンスはインパクトが大きすぎて、夢に出てきました。皆さまおつかれさまでした&ありがとうございました。

徹底的にバカになる、ということがすごく楽しいということをしみじみ。ちょっぴりの恥じらいとプライドがあるものですが、そういうのぜーんぶちょっと横に置いてね。熱く語るの大好きです。いやしかし、バカになるのも、大好きです。ちなみに、バカがつく言葉は悪い言葉、強い言葉に思えますが、実は沢山いい言葉もありますよね。馬鹿正直とか、馬鹿がつくほどいい人とか。そう、理屈じゃなくてここ(ハート)レベルで感じるのが、バカの掟です。お互いまじめに熱く語り合えて、かつ、おバカな部分を見せ合えたら、そりゃもうかなり素敵な関係です。
[PR]
by Haruka_Miki | 2008-04-28 00:00 |

白色の祝い

おめでたいことに、今日は前職の同期と、大学の露語クラスの先輩と、結婚式の二次会が二件ありました。タクシーの運転手さんも、今日は結婚式が多いとのこと。どうやら大安で、お日取りがよかったようです。カップルの笑顔に、みんなの笑顔と、やはり新しい門出を一緒にお祝いできると、みーんなも幸せな気持ちになります。先輩、そして同期のYくんおめでと!
f0079502_28021.jpg


同期の別の顔は、ジャズのサックスフォンプレイヤーということで、主役が演奏。一芸に秀でているちゅうのはこういうことなのね。ロシア語の先輩は、自分のクラスメイト以上に仲良くさせてもらっているので、すごくすごく嬉しく。そうです、以前、ソフトバンクのCMの話題で盛り上がったお二方の一人です。

さて、女の子の話題といえば、もっぱら当日のドレスアップと新婦のドレスだったりします。その後、互いのドレスについて褒め合い、髪型について話し、靴について語ると言った具合に。女子な会話、と思っていたら、男性も新しいカフスをおろしたということで、同じでした。やはり、そうした新しいものを身に着けたい気持ちにさせるものです。私も一足、ハイヒールをおろしました。同期の奥様も、先輩の奥様もそれぞれ本当に素敵でした。なかなか同日に二人の方のウェディングドレス姿を拝見する機会というのは少ないと思うですが、やはり「ウェディングドレス」と一口に言っても、襟ぐりのカット、白色の色合い、生地の肌触り、刺繍にドレープの出し方、切り替えしの使い方、レース使い、と一点ずつ本当に違うのね。

ウェディングドレスがなぜ白か、ということは、純真、ヴァージニティを象徴するなどと言われるかと思いますが、元々はスコットランド王国のメアリー女王が初めて白いウェディングドレスを着用し、その後エリザベス女王が白いウェディングドレスを着てからイギリス全体にその話が伝わり、というのが一つの逸話としては有名のよう。その時代は、白色が汚れやすく洗濯しにくいということもあり、富のシンボルだったという話も聞きます。

日本の白無垢に関しても幾つか興味深い話を聞いたことが。基本的に清浄性との関係が強く、特に民俗学の擬死再生と言い、人生の節目というのは大事なもので、死を擬装することで、穢れをはらい生命力を再充填する意味合いがある。その他、あなた色に染めるといった意味もあるとか。やはり色には文化の背景が根強くあるものなのですね。中国ではやはり赤がお祝いの色で、結婚式を、「紅事」と呼ぶとも聞きました。

ウェディングドレスの色でここまで思いに耽るのも、自身のいつもの癖を端的に示すものですが、とかくこの嬉しい幸せな気持ち、最高にフレッシュな気持ちこそが、そのウェディングドレスの色、来客のドレスの色に表れているなぁとニコニコの土曜日でした。
[PR]
by Haruka_Miki | 2008-04-26 00:00 |

今週からのこと

f0079502_7425079.jpg
(ブエノスアイレスのAvenida de Mayoの朝の様子です)

新しい仕事が始まりました。全てが、前職とは違う!と思い飛び込んでみました。ここ数日の感想は?違うところはもちろんあるけれど、違わないところもありますね。いずれにせよ、これは、私の前職と、現職の配属先が多いに影響するというものでしょう。

さて、今までは数字で勝負の世界でしたが、これからは当面、言葉で勝負の世界です。I am refrained from prevailing the detailなので、抽象論になりますが、組織の存在意義も違えば、やっている仕事ももちろん違う、組織のニュアンスも違う、というのを体験するのはとても興味深いなぁと思っております。

現状を申し上げると、言葉の世界というのが、今現在はとてもまぶしく美しく見えてしまっているかしら。それは、映画πの主人公にとっての数字だったりするのでしょうが、私の場合、ボディランゲージや「センス」などほど力強いものはないというスタンスですが、ツールに限ると、言葉は心に染み、様々な事象をこれほどまでに理解し易くしてくれる素敵なツールだと思ったりします。言葉を使うというのが、やはり素敵なことだからでしょう。言葉は言葉でしかありませんが、人間よくぞでかした、な発見だなと。言葉が、現実を作る世界というのは、数字で全てが説明される世界とは重なり合いつつもやはり違います。

さて、この言葉をツールとして、私は経済活動の制度面に特化する機会を得ました。経済活動に関係して、制度と実質的な活動があるとすれば、当然制度は実際の活動なしでは単なる取り決めにすぎず、逆に経済活動も、土壌がきちんとなければ、うまくはまわらないわけで、両者は切っても切れない関係です。

経済は多分にオートポイエーシス的な様相を含むようにも思います。けれど、当然その基礎があるのですよね。その基礎を利用して恩恵を受けたり、基礎が万全でなくて困ったり。当たり前ですが、私自身は普段は気に留めていないことでした。

そのことを考えると、制度を決めるパーティと、それを利用するパーティの相互間の交流はやはりとても大切な存在だな、と。顔が見えぬ相手を前に、あれを決めても、こう動いてもドンキホーテな状況であるのだと改めて感じました。
[PR]
by Haruka_Miki | 2008-04-23 00:00 | 経済的営み

私の秘密

何を隠そう、私の秘密は語学の勉強が苦手ということです。

などと言うと、?という感じかもしれませんが、文法をごりごりにやるという訓練方式の勉強があまり得意ではないと言った方がいいかしら。誰かとお話してみるという度胸が勝って、文法が怪しくてもなんとなく話してみるというスタンスが板についてしまっています。これは、これで最初はいいのですが、後々まずいだろうなと自分でも薄々感じています。実際、仏検DELF・DALFも、そのような感じでなんとなく受けてきてしまったので、今まではそれでよかったのでしょうが、その一歩上に行くには、こつこつ文法なりでる順なりをやってきた場合に比べて、ベースがないわけでやはり初心に立ち戻ればならぬ、といったところです。なお、昨日お邪魔したお友達のアトリエでは、音楽に混じって、時折英単語(i podを流しているため)の音読が流れていて、皆それぞれちゃんと勉強しているのだと関心したところです。

f0079502_16154856.jpg
そんなこんなで、四月ですし、というかお尻に火がついていることもあり、通信教育で商業フランス語なるものを受講してみることにしました。教科書を開けて、15分。そろそろ、お茶の時間だと濃い目の緑茶を淹れにいってしまいました。45分後、添削の宿題に目を通しつつ、今度は頂き物の書物に目が行ってしまい。そんな現在の状況です。

やはり私のような人間は、とりあえずその地に赴いて苦労してみるというのが一番効果的だということが、過去の経験からも明らかなのですが、読み途中のミラン・クンデラの新書の一章が終わったらまた勉強に戻る予定です。そういいつつ、ブログを書いている時点で、意思の弱さを証明しております。
[PR]
by Haruka_Miki | 2008-04-20 00:00 |

The Potential of Tokyo

最近有機栽培ワインの輸入ビジネスを始めた知り合いの自宅にて、ワインを嗜みながら楽しむ会に参加しました。

f0079502_1257382.jpg
一言、もっとそういった方と知り合いたいなと思うほど、東京には沢山のコスモポリタンな面々がいるのだ、ということです。東京に来て二十一年目のイタリア人のSignoraと、来日二十四年のインド人の奥様とは特に会話が弾みました。シニョーラは金髪のボブをくるくるに巻いて、千鳥格子のタイトなパンツスーツに黒いエナメルのハイヒールがかなり素敵でした。東京で仕立ててないですよね、と聞くと、そうね、こういうのは東京風でないのね。東京はかわいいものが沢山あるけど、たまにないものもあるものね、とウィンクしておりました。旦那様が日本人という奥様も、上品な萌黄色のクルタパジャマを着こなして、物腰が柔らかで、相当素敵でした。最近、素敵な大人の女性に会うことが多く、すごく刺激になります。

そうした方々以外にも、開発援助に携わっている方、メーカーの経営に携わっている方、政府関係の方、顔を白く塗ったダンサー集団など、様々な方と話をする機会を得ました。日本で育った日本人、日本の外を経験したことがある日本人、バックグラウンドは多種で、とても楽しいひと時でした。皆、お金を稼ぎながら、やはり譲れないものだとか熱い想いを秘めて仕事をしているのです。そうした人と話すことは、私にとって何物にも変え難いエネルギーになります。

f0079502_12334386.jpg
こういう会に出て思うのは、東京という街がまだまだ沢山可能性を秘めていることであり、コスモポリタンの声に耳を傾けることが、実は生まれも育ちもここ、というローカル達にも必ずや刺激を与えるということです。なぜなら、彼ら・彼女たちほどこの街を愛している人がいないというのもまた事実だからです。異文化が交差すると、かならずある種のテンションが生まれると思いますが、親日家たちに触れることは、数字上では元気のない日本の可能性をまだ感じ、盛り上げていこうという気にさせるのでした。
[PR]
by Haruka_Miki | 2008-04-18 00:00 | Nippon

隙間の時間に

旅は、旅に出ている時よりも、帰ってきてからに、色々とじんわり効いていくもんだと思っております。

先週土曜日に帰京して、すごく嬉しいこと、楽しいことが沢山あった密な一週間でした。仕事をしていない自分、学生をしていない自分、自身がせねばならぬこと、したいことだけに注力する一週間て、そうはないのです。通常ならば、隙間の時間さえあれば、すぐさま旅にばかり出てしまうのだから。

仕事や旅といった一つの区切りを通じて、様々なことを整理する機会を得たこと、少しおとなしめに落ち着くことに慣れてしまった鈍った感覚、いつの間にか声にすることがなくなってしまった内なる思いや、表現し難い情熱に、正直になる喜びを感じました。形とか形式でなくて、格好つけないこと、それは自分に素直になることで、痛くても一筋縄でなくても、その素直さは時にとてもとても大きな意味を持ってくるのかも。

f0079502_1259468.jpg
日々の諸々に対応しているうちに、そうしたことに全霊で向き合うことから、すっかり疎遠になってしまっていたことに今週気づきまして。結構、自分が理詰めで理性的な判断を自ら下してしまっている場面が多いのだ。それに気づくということは、きっと将来につながる萌芽のようなものかなと思いたく。

隙間の時間に沢山与えられた一週間でした。
[PR]
by Haruka_Miki | 2008-04-17 00:00 |

Fountain

ではなく、今ニュースで色々言われている航空会社D社のお手洗い。ハート型ですのよ。
f0079502_11461437.jpg

お食事中でしたら、すみません。個人的に今まで出合ったお手洗いだとリスボンのオリーブショッピングセンター内のトイレと、銀座の日産ギャラリーのお手洗いがとても素敵だと思ったんですが、このトイレシートはかなり可愛いと思います。
[PR]
by Haruka_Miki | 2008-04-15 00:00 |

08年3月旅・Shoku

f0079502_11325722.jpg
旅中になかなかゆっくり落ち着いて旅のことを書けなかったので、いくつかのセクションに分けて振り替えられればと。なんかグルメレポートってあれですが、いやでも美味しいものに沢山出会えました。やはり、音楽・食・視覚・言葉は五感を刺激します。

ブエノスアイレスの食事は、とてもとてもおいしくて、とりあえずRico!と叫んでいました。しかも、あっちで落ち合った友人の舌が肥えていることもありましょう。あっちだこっちだと食べたり飲んだり。これはもう皆さま仕事休んで、会社辞めて(それは無理かな)行ってください。学生フレンドリーな街な気もします。北米に住んでいたら、間違えなく一年に一度は行きたい場所であります。なお、自説ですが、コーヒーを頼んでエスプレッソコーヒーが出てくる地域は、しっくりくる気がします。

f0079502_11202839.jpg
何が美味しかったかと言えば、食料自給率93パーセントを誇る農業国なので、何でも新鮮なのですが、ガウチョの国自慢のお肉料理、イタリア料理(パスタはパスしてピザがおすすめです)、とにもかくにもワイン、そして一押しはスペイン料理、バスク料理です。特にバスク料理は、私が一国の王様だったら、あの店ごと家の隣に引っ越しをお願いするくらい(王様だったらお抱えとかにするのか)。みなさん!ブエノスアイレスに行ったら、サンテルモ地区にあるBURZAKOへぜひ。多分毎日通いたくなります。おすすめはイカ墨のリゾット、イカ墨がない場合のサフランのリゾット(ストライクの影響による)、小さいタコの炒め物などなど。美味しい料理食べると、会話もはずみます。夜にタンゴを見に行くはずが、気づいたら5時間位同じ店で話し込んで終わったのでした。給仕をしてくれるセニョリータがまた最高にフレンドリーです。お肉は、お肉を炭ないし薪で焼いたレストランをパリージャというのですが、なんかあれを食べ続けると、納豆や豆腐万歳にもなります。しかし、やはり美味しいです。個人的には、炭で焼くアルゼンチン式以上に、薪で焼くウルグアイ式にぐっときました。醤油がなくても塩少々でおいしいのだ。

さて、アメリカに食を期待するのは無理というものだというのも一つだと思います。けれど!美味しいものもあるんじゃないかなぁと私は思います。自身はメキシコ料理が大好きなのですが、デリのサンドウィッチと並んでランチの定番ブリトーはあれは豆大国日本でもいけるんじゃないでしょうか。あれを完食したら、仕事に支障がある大きさです。ニューヨーク滞在中は自炊が多かった気もするのですが、一度The ModernというMoMAのレストランに行きました。MoMAに隣接するフュージョン料理の店です。店構えがなんとなくシャビーで残念なんですが、牛肉のタルタル、おいしゅうございました。ごちそうさまでした。それから、本当のヨーグルトではないとか色々な話があるものの、Pinkberryが大好きです。Somehow every girl in this city just loves that thingという男子の声もありましたが、別にいいです。美味しいから。
f0079502_383246.jpg


それから、アメリカでいいなぁと思うのは、Trader's Joeなど素敵なスーパーもさることながら(うちの母が大ファンです。相当Peace!なスーパーです)、休日にユニオンスクエアなどの広場に、周りの農家の人が自家栽培のアップルサイダーだとか、チーズだとか、パンや牛乳や野菜を売りに来るわけですが、あれがまた楽しいもんです。
f0079502_11361481.jpg


というわけで、いつになくグルメで道楽な旅で恐縮です。私もまた近々一生懸命働く身になるので、ご勘弁のほどを。
[PR]
by Haruka_Miki | 2008-04-13 00:00 |

ちょっぴり熱いトークを少々

旅中に、また帰国してからと、のん兵衛の会話ではあるけれど、別々の友人と熱い話をする
機会が多いこの頃なので、それについて綴ります。

私、短期的なところ今後の身の置き方が決まっている身なので、ある意味セーフティネットがあるというか、なので飛躍を求めて、などと大それたことは何も言えない身ですが。その中で、今思っていることを。語ったことを。

ここ数年のトレンドとして、日本の、いや世界の一番「賢い」人達はどんな職業に就いているか。(あくまで"カッコづけ"の「賢さ」、ということを付け加えます。)例えば、それは金融であり、あとはコンサルであり、シリコンバレーな仕事というのが一つの主流な気がします。ちなみに、全くもって上記の、「賢い」クライテリアには満たない自身も、流れに乗ってそこにしばらく身を置いておりました。

今更ながら、いや以前から薄々気づいていたことを明確に感じたんですが。

それって、究極にもったいない。

確かに、時代時代でトレンドがあり、先端となる業界というのがあると思います。
鉄の時代、商社の時代、うんぬん。でも、そんなんもったいないです。

人的リソース配分がいくつかの業種に偏ってしまうなんて。理由としては、金銭的な面もありましょう。とてもシンプルな話しで。頭があるなら、ぽちはここ掘れわんわん、花咲かじいさん花を咲かせよ、お金に変えようと。それから、知的好奇心を満たすのが、必然的にその時代の先端の業界ということも。

でも、そんなんもったいないです。ていうか、つまんないです。酔っ払いの一言「機会があるならそれを多方面で活かすこと、すなわちそれは、社会への責任だ。」

すみません、出すぎた真似です。随分と偉そうな発言です。でも、これ、自分への言葉でもあります。応用して、野望大きくいきたいと。私なぞまだまだスタート地点にも立てておりません、何が出来るかもさっぱり分かりません。でも、とりあえず踏み出します。努力しますわ。

小高にある一本、二本の桜に花咲かじいさんが躍起になるんでなく、
あちこちで、公園中の沢山の桜の木が、染井吉野も八重桜も満開になりますように。
f0079502_0534011.jpg

Dia:Beaconに行く途中のMetro North-Railroadの社内にあった、広告。
"Dreaming has a low ROI. Start Building." ザ・アメリカな広告です。
[PR]
by Haruka_Miki | 2008-04-13 00:00 |