ブログトップ

パリ発 五感の穴

fivesense.exblog.jp

<   2008年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ワイン始め

ご無沙汰してます。こちらも、段々本格的な冬空になってきました。こういう時はカレーだよね(なぜだ?)、とこちらに来て初めてカレーを大量に作りました。牛肉の代わりに、ラムをいれてみたのですが、これも結構いけます。冬だからあれが食べたいね、の代表選手は鍋かと思いますので、私も近々鍋をしようと企てつつ、現状は2.85€の学食、早く帰宅できるのであれば我が家で簡単な料理、あとは愛想がないけれど学校に近くて美味しいフォーの店、ケバブを行ったり来たりと言うかんじでしょうか。

f0079502_15585387.jpg
この国の人にも、冬といえばあれだよね、という料理が色々とあるようですが、先日はクラスメートの誕生日でRacletteという料理を食べました。上のようなホットプレートに、ハムなど肉類をのせ、その上にRaclette用チーズものせチーズが溶けるのを待つだけといういたって簡単なものです。チーズフォンドュよりもお手軽ではないでしょうか。誕生日を迎える人がパーティ開催者というのは割とこちらで多いパターンかと思うのですが(この辺で何となくシンパシーを感じたり)、彼の指示でSavoieのワインと持ってきてね、ということでしたので、指示通り調達。美味でした。前菜からきちっきちっと出てくるだけがフランス料理じゃない、やっぱり冬は皆で仲良くホットプレートを囲まなくちゃね、と妙に嬉しくなったのでした。

さて、クラスメートの指示にもあるとおり、やはりこの国では料理と同様のウェイトでワインが相当重要な位置を占めていることはもはや疑う余地がありません。私は本来はワインなるものが、お洒落すぎで近づきがたく、意地悪な言い方をすればすかした飲み物だとさえ思っていたのですが、これがへそまがりな思い込みであることを最近よく理解してきました。そして、ワインを分からずして、フランスは語れないという、一種ありきたりな結論にさえ到達しました。また、料理と共鳴しあうものだということが今更ながら分かりました。

この完全なる移り変わりは、ワインの飲み方を変え、ワインを知ろうという意欲が芽生えてきたことに起因すると思うのですが、ワイン好きの友人の影響も大きいですし、また学校でワインクラブなるものに入ったことも大きいかと思います。ワインクラブでは、頻繁に様々な地方からDomaineのオーナーや地方のワイン協会の人などがプレゼンテーションを行ってくれ、テイスティングをすることが可能です。このクラブに入って、いかにワインが香りや色が大切かを最近少しずつ理解するようになりました。以前だと、グラスを回すこともなく(これもすかした飲み物の一つの理由だったので)、ファンタオレンジを飲むかのように豪快に飲んでいたわけです。今は、ワインを味わう以上に、香りが楽しくて、なんて奥が深い世界なのだろうと遅ればせながら感じています。嗅覚というのは、やはり一番深い記憶を呼び起こすものです。香りが不思議なのは、ワインは、ワイン以外の香りしかしないというところです。言葉遊びですので、何と形容したらよいかなと考え、言葉を記すことも楽しみの一つです。香道みたいだな。

f0079502_143077.jpg
(こんな感じです)

ワインクラブ以外に、11月はいくつかワイン関係のイベントが目白押しであります。先週はGrand Tastingというイベント(フランスで一番有名なワイン本のおじさんたちのよるものです)、今週はSalon des vins des vignerons independantsというイベントがあります。前者はより大きな会社によるもの、後者はインディペンデント農家による出店です。

先週のイベントで、二つほどとても美味なワインに出会ったので記しておこうと思います。
1.JURA地方のワイン:Chateau d'Arlay
これはとても特徴的で、かなり美味でした。生産方法がシェリー酒に似ているんだそうです。私はシェリーやポルトといったお酒がとても好きなので、その辺も絡んでいます。また、生産者のご夫婦がこれまた相当ナイスなのでおすすめです。
2.GAYAのLa Turque: ほどんどのテイスティングは入場料でカバーされるのですが、こちらのはある特別講座に申し込んだ場合のみテイスティングができます。大変高価なワインで、通常だったら私は間違いなくお目にかからないため、武士たるもの潔くテイスティングに参加すべし。特別テイスティングに参加すると、ワイン本のおじさんたちが熱く語ってくれるので、それをなんとなく聞きつつ、楽しもうという感じです。

時間があるか懐疑的なのですが、こちらにいるうちに、ワインと料理の関係をより知って、豊かに暮らしたいと思ったのでした。今はなんでも理由をつけて、とりあえず精神的豊かさに勤しむとします。もちろん、世界情勢にもアンテナを張っていくつもりですが、何分ローカルな楽しみが大好きな身でして。皆さんもおすすめのワインや料理があったらどうぞご教示下さい。
[PR]
by Haruka_Miki | 2008-11-28 00:00 | 五感

東京の風景を思い出すには


、ないしこんな感じだよ、と人様に伝えるときはキラーズのPVを参照します。がちゃぴんも出てるから一石二鳥。
[PR]
by Haruka_Miki | 2008-11-27 00:00 |

空間自由人

渡仏して3か月。異国に住まうことはやっぱり結構緊張する。私もそうだ。そんな中、本当に来る決断をしてよかったなと思うことの一つは、いくつもあるのだけど、その一つは間違いなくルームメートに会えたことだと思う。縁というのは不思議だな。
f0079502_1102712.jpg


たぶん、お互い個人尊重主義だけれど、共同生活が大好きだから気兼ねがないのだ。彼女は間違いなく、私がパリ社会で健やかに過ごすために、私が気付かないほどありがたい存在なんだと思う。

今住んでいるアパルトマンは、住人に似ている。以前なんとかという巷では有名の芸術家が使っていたアトリエで、綺麗なのだけれど、人が暮らしたことが窓枠だとか床を見ると一目稜線で、その辺がなんとも彼女っぽい。このアパルトマンは長屋のようになっていて、隣人が誰かもみんなが知っていて、よくも悪くも生活の音が聞こえる。ちなみに、隣の隣の初老のロシア人の女性は、とても愛らしくて、こくっとゆっくり会釈をしてほほ笑む。この隣人は、私のルームメートと仲良しで、互いに何かあった時のための合鍵を持っている。なんとなく、祖母が水道橋に住んでいた頃の隣組を思い出す。そういうのが、私にとっては温かいから居心地がよいのだと思われる。

ルームメートはとてもゆったりしていておっとりしているのだけれど、同時に独立独歩で、その辺の独立心が妙に心地よいもう一つの所以のようだ。彼女のボーイフレンドは白衣の作業委が似合う画家で、私は写真でしか拝見したことがない。彼はパリの外に住んでいるから、彼女はパリとパリの外を行き来する。ルームメートは私よりも一回りは年上で、年齢からくる熟成したまろやかさなのかもしれないけれど、たぶん昔から、温かみと独立した部分を持ち合わせた人なのだと察する。そういうコンビネーションはなかなか稀有だ。

面白いのは、彼女の場合、結婚制度にはそこまで興味はなくて、でもパクスはいい制度だと思っていて、その辺がステレオタイプなフランセーズなわけだけれど、話を聞いているうちに、たぶん制度上の縛り以上に、空間的自由を求める空間自由人なのだと勝手に考えるようになった。理想は、好きな人と隣通しに住んで、真ん中に互いの共有の部屋があって、けれどお互いの家・部屋もあるよ、という感じなんだそうだ。

人の数だけ住み方があるし、空間の心地よさも違うだろうし、けれどデベロッパーが作る住まいといったら、社会が考えているモデルといったら、ちっともその辺の多様性に対応しているようには見受けられなくて。時に人々が窒息しやしないかと心配になるのだが、その社会にいればそれぞれ適応しているし、事実私もそうだったのだから、窒息せずともやり過ごすことはできるようである。でも、空間が人を縛るのでなくて、人が空間を決める住まいのあり方を考えたりする近頃。

日本はデベロッパーがとても幅を利かせている。じゃフランスがいいというわけではないでありましょう。たとえば、ラデファンスの当たりは、1981年以前はデベロッパーがかなり幅を利かせていて、あとはそれ以外のアクター達がアクティブだったらしい。ミッテラン政権以降、かなり政府が口を出しグランプロジェを作るようになったみたいである。

デベロッパー任せじゃない長屋のような、レゴみたいに住み手がいろいろできる楽しい家は、ボトムアップでもトップダウンでもない、たぶん、個人からでも始められるかなと思う。

少なくとも、このアパルトマンには、そういうものが自ずと根付いているようである。
[PR]
by Haruka_Miki | 2008-11-20 00:00 |

時事考

ここらで、がらがらぽんしません?などというと、今のこの1929年来とも言われる大変な状況で不謹慎だということになるのかもしれません。
f0079502_7111063.jpg
(イスタンブールはサントラという企業と学校が一体となった団体の建物では、無料の展示がされています。現在はチェさんです。)

私も少し前まで金融に身を置いていた口で、やはりここ一年の移り変わり、いや入社当時から四年弱のアップダウンは目を見張るものがあります。私が就職活動をしていた当時は、就職氷河期最後位のところで、簡単ではないにしろ、それなりに職を見つけていた時代かと思います。そこから一、二年は外資系金融のバブルの様相で、それぞれの方々の価値観によっては、とかく働かされるし、高い能力が問われるけれども、その代わりいかようにも派手に生活できることを、大学を出たばかりの身で経験できてしまう年代だったかと。私自身は、元々金融を志望していたかというわけでもなく、少し変わった理由でこの業界に飛び込みましたし、ですから方向性の転換を、現状を経験する数年前から考えていたので、それ自体はそれなのです。とはいえ、自身の古巣、業界がこうも劇的に変化するのは超現実的で、またそれ以上に大切な点として多くの友人もこの世界にいることを考えると、考えさせられるというのが正直なところです。

金融業界の現状は、まさに再帰性の最たるところをまざまざと見せつけられている感じで、そのリスクを作ったのは私たちの営みの重なりであり、またリスクは悪者ではなく、その利用の仕方がものを言う世界なのでしょうが、再帰性を十分に認識しえずして火消しに躍起になるというのは、もはや応急処置ではまかないきれぬ状況で最善であろうとも効果的であるかは疑問ですし、その効果の程は我々が日々のメディア報道で知るところです。

ファイナンスは高度化し、リスクを切り売りしたり、新しいパッケージ化したり、そのこと自体にそもそも疑問を投げかけるというのはナイーヴな話なのでありましょう。その時から、リスクが欲しい人にリスクを移行することの意味合い、そこに生じ得るリスクの複雑化と増大の危険とリスクの引き受け手の無責任さについて関心を持ち、懸念を抱き、この心配の糸口としての自分なりのヒントをイスラム金融に見出そうとし、そのことを学士論文に記しました。未熟なものなのですが、数年間経った今も、なんとなくあの時の懸念は抱き続けていて、自身の頑固さというか、結局は金融に対してある一定の執着を持っていることに呆れたりします。

では再帰性を止められるのかといえば、モダニティの定義自体が再帰性な面も多様にあるでしょうし、一国のようにWe can do it!とがらがらぽんしてみるわけにもいかない問題であることは間違いないのだろうと思うのですが、ある種ここまで深刻化するとそういう発言をしてしまわずにはいられないのです。
[PR]
by Haruka_Miki | 2008-11-15 00:00 | 経済的営み

3時間の空の旅

ペーパーの臨時収入が懐に入ったのと、1月頭にかけて都市計画と文化政策関係で小リサーチをする必要があり、仏語圏・英語圏から一歩出てみたい衝動に駆られたので、イスタンブールに数日程行ってきました。とりあえず、先人バックパッカーな皆様から聞いていたとおり、様々な文化が入り混じり、時にそこは「ヨーロッパ」的でもあり、「中東」的でもあり、「アジア」的でもあり、hipな部分を多分に持ち合わせた、新鮮だけれど、さほどカルチャーショックもなく明日から住める街、という第一印象でした。それから、街中に猫がいて、インドの牛さまに相当するのか、と思うように猫の街のイメージを持ちました。彼ら、街の守り神だったりします?

なお、滞在したホステルは2か月ほど前にトルコ人とドイツ人の若者達がオープンしたばかりのホステルで、かなりヒッピーなのは間違いないのですが、彼らがおすすめしてくれたローカルスポットはどこも当たりで、またホステルがただの安宿でなく、様々な音楽イベントを開催できる共同の場所となることを目指しているようで、その名も、ネバーランドホステルで人々も内装も「ネバーランド」な感じなので好き好きだと思いますが、個人的にそうした市民イニシアチブは応援したいなと思いました。

旅以前には、GPPNというロンドン、ニューヨーク、ベルリン、シンガポールにある大学ネットワークの公共政策のカンファレンスがあったり、学士論文で多用したドイツの社会学者、ユーリッヒ・ベックのレクチャーがあり興味深かったのですが、こちらについても近いうちに記せたらと思います。

f0079502_18301160.jpg
魔女の宅急便を思い浮かべるのは私だけでしょうか。
f0079502_18305295.jpg
虜になったお菓子。薔薇味とピスタチオ味が特に美味しいです。
f0079502_1831103.jpg
どういう料理に使うのかな。
f0079502_18424752.jpg
香辛料マーケット。ローカルと観光客が入り乱れているので、ローカル好きならファティモスク界隈の水曜市がおすすめです。
f0079502_18303260.jpg
Dengue Feverというロサンゼルスのバンドがイスタンブール に来ていました。ボーカル女子はカンボジア人です。クメールな高音です。
[PR]
by Haruka_Miki | 2008-11-13 00:00 |

ガバメント

今読みたい漫画は、めぞん一刻です。

という現実逃避は置いておいて、色々と読みたい本があるのですが、今週末はアンチダンピングの紛争解決がテーマの素敵な週末を送っています。

よく考えれば、大変興味深い問題だと思います。WTOはブレトンウッズ後の世界経済秩序の柱として、IMFとWorld Bank(当時はInternational Bank for Reconstruction and Development )と共に、前身のInternational Trade Organizationが設立されたわけですが、実際にWTOが活発になったのはGATT署名後で他の二つの機関と比較して随分と遅れてからですが、逆にフォーマルな機関がないにも関わらず、国際貿易の自由化の促進に寄与しているのは(寄与というのはこれまた一つの経済的思想に基づいていることを留意しておきたいと思います)興味深いなと。

そんな中で思慮中なのが、いかに個人や私的な存在(例えば企業)が、例として紛争解決で完全にその存在を表明できるのかということです。確かに、関税撤廃などで企業は様々な影響をうけるわけですが、紛争が起きた時のパネルや協議を申請できるのはあくまで国という理解です。そこには当然、WTOが自由貿易を国を通じてのものとして理解していることがあるとは思うのですが、WTOの紛争解決はある確固たるハイエラルキーの上が様々な市場参加者を束ねているわけではなく、ハイエラルキーを代替するものとしての国際法なわけですが、そうだとしたら、当然一つの紛争を例にとっても、その利害関係者は国だけではなく、というかそもそも企業が被る影響というのはかなり大きいはずです。このことは、利害関係者とは、というアンチダンピング法の中のセクションにも明記されてあり、しかしながら利害関係者と呼ばれる人たちの権利と義務の関係がいまいちはっきりしません。

と、この議論は特に企業に限ったわけではなく、個人にもまた言えると思うのですが、国際法のレベルで話をする際、前提として国家や政府が各個人、私企業よりも上層部にいて、という思考は実質に合っていないというか、その多様な利害関係者をいかに束ねるためにどうしたらよりよいのか、考えているところです。

特に、前述のWorld Bank、IMF、そしてWTOとそれぞれ国際機関と言えますが、この世にはもはや無数の国際機関が存在しているわけで、それぞれのミッションが異なるとなれば、ではその無数のゴールをどう優先順位付けできるのかというのは誠に難しい問題ではと。

私は法律には相当疎いので、法的な話はよく分からないのですが、イタリア人の先生の言葉を拝借すれば、「今の社会には、Governmentが必要なのだけれど、Governanceしかない」というところでしょうか。宿題を前にそんなことを考えている日曜日です。
[PR]
by Haruka_Miki | 2008-11-03 00:00 | エチュード