ブログトップ

パリ発 五感の穴

fivesense.exblog.jp

<   2010年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

家族+α

5月以降寒空が続くパリですが、昨日からはとてもきれいな太陽の陽がさしています。パリジェンヌも待っていましたとばかりにサンダルに履き替え、半そで・チューブトップに大きなレイバンのサングラスで闊歩している人が多くなりました。私は大貫妙子の都会を聴いてお掃除です。

f0079502_1842428.jpg
陽が落ちるのも遅くなった初夏の夜、昨夜は元ホームステイ家族宅でのソワレと夕飯に行きました。2004年からの付き合いになり、三人の子どもたちも大きくなりました。私に馬乗りしてた(つまり私を手玉にとって完全お嬢様だったわけですが)下の子も、将来は獣医さんになりたい、と夢もしっかりしてきました。真ん中の男の子も、女性を労わる優しさを備えて。女の人に囲まれた生活をしているかかな。上の15歳の子の色気といったら。ティーンネージャー特有の反抗期も、熟すのが早いだけ、終わるのが早いのかな。お母さん譲りの温かみがある顔になりました。それとも、彼女自身に彼が最近できたから?温かい雰囲気の中で、いつもと変わらず、アペロ(食前酒)ちょっとだけ飲むでしょ(!)?とウィンクする彼女は、ベリーショートの髪型が小さい丸顔に似合っていて、ジャンポール・ベルモンドのお相手をするジーン・セバーグを少し思わせます。

彼女たちのちょっと悲しい経験は以前記しましたが、そんなこといつまでもくよくよしていても仕方ない。前見て歩くお母さんは、お母さんの顔もするけれど、女性の顔もあって、誰かいい人がいたら紹介してよね、と笑えるまでになりました。子育てで少なめにしていた仕事も少しずつ増えて、海外出張も多くなったようです。私も嬉しいです。

幼少時代に、そして大人になって海外に出てみて思うこと。言葉の障害を理由にすることもあるけれど、実は人間関係に言葉の違いなんてたいしたことじゃないです。証拠に、今でもわたしの仏語なんてまだまだ。例えば獣医という単語を発音するのが苦手なんですけど、それだって、笑いをさそって、子どもたちが根気よく教えてくれます。もう言えないなら、省略版を言えばいいよ、と言われると、くやしいので何度も練習です。それも、笑ってしまえばいいのです。この家族の(お母さんの、そして子どもたちの)早口なフランス語と子どもたちの言葉遊びや早口言葉を真似るとたちまち失敗して皆で大笑い。文化の違いを障害に感じることがないわけでもないけれど、実は人間関係に文化の違いなんてそもそもあって当たり前なんだと。だって、日本人同士でも、難しいことなんて山ほどあるのだし。久々に白いパールのジェルネイルとデザインを施した私の爪を見て、とても珍しそうに見つめる下の子に、日本の女の子は皆こういうのやるんだよ、と話して、ふーん、日本って超現実的な国!と目をくるくるされる彼女とお喋りすることもまた楽しいです。

そして。結局家族のつながりの独特さを感じて帰ってきました。私とあの家族が、そして友人と心を通わせるのはまた違う次元でのつながり。元々家族の礎となるお父さんとお母さんは、やっぱり他人様だけれど、なんだかんだ一つの家族になって。ずっと一緒のわけじゃない、そんな緊張関係と安心感。そんなことちっとも子供のころは考えませんでした。感じさせない男女が築いた家庭に育ったからでしょう。

三人はどんな大人になるかな。今から楽しみです。
[PR]
by Haruka_Miki | 2010-06-23 00:00 |

意味づけのない空間のこと

二つの街を行ったり来たりの宙ぶらりから、いよいよ一つの街に腰を据える準備が整いました。これまではあれだ、これだと理由があっただろうけれど、これからは過信せずにゆっくり休みなさいよ、というモンパルナスのマダム先生の忠告を聞いて帰ってきました。この機会、せっかくなのだからあれもしたい、あそこにも行きたいという気持ちもさることながら、そう先生に言われた途端、そうだよなとやけに身体が反応するのは、言葉は多少乱暴だとお叱りを受けそうですが、結局身体に異物が居る、ということにつき、そのことを自然と受け止めるよりは、異なる個体を抱えているのだと思い生活をする方が、よっぽど自然なことなのだと考えたりするきっかけになります。

先生の診療所は、サーモンピンクの部屋に温かみがあるソファが置いてあって、いつもラジオクラシックがかかっています。ご主人が小児科の先生なので、アパートの一室を改造して、手前が小児科と小児科用の待合室、あちら側がマダム先生のオフィスです。通常は国立病院に厄介になっていますが、先週から助産婦さんのストライキが続いていて、そこでかかりつけのマダム先生のところに今月は急きょご厄介になることになったわけです。結論として、このマダム先生に会うのはとても面白く、彼女の触診には大層信頼を置いているので、現代機器が揃わないこのオフィスでも、マダム先生の知識と経験に勝るものはないのです。そうやって、本当は我々のお母さんたちも過ごしてきたのだから、それで事足りるわけだし、過度な情報と過度な情報革新が安心を運んでくれるようで、心配の種もまた増やしていることを、彼女に会うといつも感じます。

さて、先月母に持ってきてもらった女性誌に、ふとすれば全く雑誌全体の内容とは趣向の異なる、姜尚中さんのコラムがあります。私はこのせんせいが書くものが元々とても好きなのですけど、今回のコラムの一節が面白く。都市空間についての言及で、東京という街に触れて、この街を自由な街にするためには、意味づけされていない空間を増やす必要性を説いていています。

そんなコラムを読み、待合室に座りながら、意味付けされていない空間が、誰にとって意味付けされていないのか、逆に意味付けされている空間はどういう空間なのか、その意味付けは誰がするものなのか、を考えていました。そうして、その質問は必然と、自身が生まれ育った街東京を考える素材となるのです。(近年のオリンピックに伴う魚市場移転などいくつかの問題を除き)都市政策がさほどメインイシューにならないように思えてならない東京という街を意味づけるのは誰なのか、なぜ彼らがその力を持っているのか、「彼ら」と一色単に言っても、その存在自体も時代時代で揺らいできていて、いわゆるシティプラニング以外の、それこそ駅なか事業に始まる意味付けできる空間の発見。それはカイゼンというコンセプトに表現され、その進化・深化たるや驚くべきなのですが、感動と、同時にどの駅も、どの改札口も、どのロータリーも、どの店ももしかしたら似通うリスク。

今住まう街の不便さたるや、感じ方次第では甚だしいのでしょうが、無意味な空間に解放感を、安心感を覚える性質の人にはたまらない場合もあります。ふと考えるのは、あの無意味さに溢れた、混沌とした街、小学生の頃からなじみのある東京は下北沢という街だったり、中野という街だったりします。

再開発の色や形やデザインを見て一目で、あのデベロッパーだ、と分かる街の中の混沌さ、オスマン大通りやモンパルナスタワーやラ・デファンスのような国家とパリ市をあげての都市計画と反して存在する無垢な人間の空間。私の関心を捉えて離さない二つの街の意味づけのない空間に今一度深い関心を覚えています。
[PR]
by Haruka_Miki | 2010-06-22 00:00 | 五感

ペルーReconnect

その昔、フェアトレードに関心がある大学の友がペルーのあるお嬢さんと友達になったのが縁で、私もペルーに行った際にそのお嬢さんのご家族の家に泊めていただいたことがあります。2005年の2月~3月のことです。とても温かく迎えて頂いて、リマから始まったバックパッキングの旅は、その後、アマゾンの町イキートスのいとこ宅、クスコのいとこ宅とペルーを横断して一族を訪ねる旅になりました。わたくしさっぱりスペイン語ができないのに、なんとかコミュニケーションがとれていたのは、オープンマインドな実業家のお父さんとお母さん(二人ともエンジニアで会社をやっていました)のお陰というものでしょう。
f0079502_862171.jpg
(リマのマヨール広場です。大統領府、市庁舎、カテドラルに囲まれています)

そんなお嬢さんから、今日五年目にしてお便りがありました。というのも、私のメールアドレスから思わぬことからスパムメールが送られ、皆さんにお詫びしたら、その返事をお嬢さんがくれたのです。久々に近況を報告し合い、あんなにご厄介になったのが最後、今までのご無沙汰を恥じると共に、なつかしいご家族の顔を思い出しました。

そんな彼女の夢は、ペルーの女性、特に山岳地帯に多いケチュアの方々のEmpowerment草の根でしつつ(彼女のお母さんはケチュアの出です)、ツーリズムに携わる仕事をすることでした。五年して。彼女は夢を叶えていました!リマでゲストハウス(と言うにはかなり豪華だと思うんですが)を経営しているとのこと。Casa Yllikaというとても素敵なゲストハウスで、今はまだ英語のサイトしかないようですが、親日家の彼女(日系ではないんですが)は、近いうちに日本語サイトも立ち上げるということなので、ペルーにお立ち寄りの際はぜひ。私もまたペルーを再訪したいと思ったのでした。ああ、あのファミリーとまたクスコ片手にセビーチェ食べたいです。

このご家族もそうなのですが、「Global South」の国出身のええとこのお嬢さんのパワーというのは、すごいものだなと思ったりします。現在通っている学校においてもそうなのですが、南を見る目が、やはり「北」の人々とは違うんですよね。同胞ならではのしがらみだとか問題もあると思うのですが、ローカルに政治力があり、経済力がある人が力を発揮すること、それと外からの力の根本的な意味合いの違いと、インパクトの違いを感じるこの頃です。

Casa Yllika: http://www.casayllika.com/
[PR]
by Haruka_Miki | 2010-06-09 00:00 |

ギターのソワレ

最後の試験は科目が最高に楽しいので、机に向かうのが楽しいです。ロンドン最後の一週間、やり残したことは?といえば、いまだナショナルギャラリーに行っていない(ボッティチェロ!)とかもあるんですが、まぁいいのです。ロンドンにも夏がきました。まだ日によって雨が降りしきる日もあるけれど、女子はみんなワンピースに着替えてさっそうと歩く暑い初夏の日もあり。嬉しい陽気です。

さて、試験勉強ときどき、今週の脳内ヒットチャートは小坂忠さんです。大学生のころにはっぴぃえんどが寮内でリバイブしていたことがあったんですけど、「ほうろう」、なかなかのかっこよさです。今年、この1975年の名盤のニュー・エディションが出たとか。特に、「ふうらい坊」、大好きな曲です。記憶が正しければ、数年前にカヒミ・カリィさんがライブでカバーしていた気が。別に何か大切なメッセージを言っているわけでもないんですけどね、空気感、最高に70年代中期なんですね、この時代をリアルタイムで知らないことが残念なくらい。続けてはっぴぃえんどの「はいからはくち」を。
f0079502_0242173.jpg

f0079502_0243971.jpg


パリに家族がやってきた昨月の土曜のソワレ、友人宅2階のテラスを貸してもらって、父、そしてカリフォルニアに居を移した三十年来の父の友達とそのご家族にも来てもらって、ちっちゃなギターで何曲か彼らの歌を唄ってもらいました。それがすごくよかったのです。詩とメロディ、情感と暑っ苦しさとけだるさ、それはアップサイドな時代を若者として生きた彼らの音楽です。特によかったのが、彼らの作った70年代の歌を、私と年が変わらない父の友の娘さんも一緒に歌ったこと。私自身は、彼らの歌を暗唱もしてないんですが、子どもが自分たちの歌を唄うなんて、粋。母も、父の友達の奥さんも嬉しそうでした。大学生の頃の若き二人を見たのかな。二人とも、年をとった、声が出ないと嘆いていましたが、とてもよかったです!

そんな父と母、この夏で真珠婚です。道理で私がそこから○年引いて今の年なわけです。など、どさくさにまぎれて母の日と父の日の御祝いが合算されめですが。とにもかくにも、いつまでも二人で仲良く、元気でいてほしいです。
[PR]
by Haruka_Miki | 2010-06-08 00:00 |

まなぶをつなげる

フランスとイギリスで好きな科目を勉強する幸運に恵まれたことで、何度も心に繰り返されるのは、論語の「之を知る者は之を好む者に如かず。之を好む者は之を楽しむ者に如かず。」だったりします。
f0079502_1723798.jpg
(記事と関係ないですが、5月に行ったミラノのスカラ座です)

インド人の先生による、南の社会政策に関するクラスの試験が終わりました。試験の前はかなりのプレッシャー、ぴりぴりしていました。けれど終わってしまうとやけに寂しいものです。次の試験が最後の試験、ロンドン生活もあと一週間です。フランスの大学院は、基本的にエッセイで成績判定がなされるのですが、イギリスの場合はエッセイというのは勉強の一環であったり、成績のほんの一部になり、最後の試験というのがとても大切で、2時間から3時間書き続けるというのが通常です。骨が折れますし、一気に疲れますが、何よりこんなに好む科目に、学問的な側面から触れられる機会はもうこれから少ないのではないかと思うのです。社会人になった時には、学生の試験のプレッシャーというのは社会人時代のストレスとは異なる、何より、大人になってから知りたいという好奇心を全面に、お金を払って勉強するということの凛とした想いを抱ける2年間は、本当に尊いものでした。

少し前に、イギリス映画の「Education(邦題・17歳の肖像)」を観ました。何のために勉強するのか、何のために「いい大学」に行かなくてはいけないのか、親の目、先生の目、女性の生き方・女の生き方。映画の外でも、こういう「すべき論」が世界には満ち溢れていて、私はある意味日本の社会人生活からポジティヴ・一時的な離脱をしたのですが、社会人になる前も、学生時代からセクターの異なる企業数社でインターンを行い、(その後に大学院に行く可能性を考えて)GPAもよく保っておこうだとか、就活スーツはたいていはこういうのだ(2つ・3つボタンの紺か黒の短すぎないスカートのスーツ、チャックで中が見えないようになる黒の鞄。結局いずれも私は買いませんでした。というか、なんとも着心地・持ち心地が自分には合わないように思えて、買えませんでした)とか、大学を卒業する前に就職活動をしないと、そこで失敗してしまうと、その後にもずっと響く新社会人傾倒主義はどうにかならないものでしょうか。そういう「すべき論」に満ち溢れた世界を、学生皆が、そして企業・組織もどこかで行きすぎだなと思っているけれども、それを多様性に富んだプロセスにすることは今更到底難しくて、そこでの「ドロップアウト」が袋小路になってしまうのは、もしかしたらシステムの功罪が大きいのに、そんなことは全く批判できない、弱い「彼ら」が悪いのだ、という論があまりにもまかり通っているように思えて、切なく、悲しいです。と、私自身偉そうにシステムを非難するけれども、結局その柱を補強したのは、社会そのもの、私たちそのものだったりするのだと思うと、思わずやるせない気持ちになったりします。

Institutionが変われば、その中で似たり寄ったりの問題が存在し、フランスという国の新社会人の就職率の悪さもずっと問題になっています。通常の大学出の場合は難しい、大学院を出ていることが当たり前、大学院でもUniversité(高校卒業資格バカロレアがあれば入学できます。他方卒業できる学生はそこから絞られるわけですが。友人が通うソルボンヌでは、大学一年目に入学生の25パーセントが学校を辞めてしまうそうです)か、もしくはコンクール(競争試験)を受けて入学するGrands-écolesか。いずれの学生にせよ、基本はインターン生として実績を積むことが前提です。そして、Grands-écolesを卒業した外国人の学生のみに許される、「職探しビザ」。半年間の間、フランス国外に出ることはできないという条件の元、また就職する際は最低賃金の○倍のお給料が得られ、フランス国の利益になることを条件とするビザを発給してもらうことができます。その辺りが、外国人というコンテクストで言えば、もしかしたら日本以上の就職の足かせがあるお国柄なのではと思ったりもします。

国が変われど、基本的に「戦略的目的で学校で学ぶ」といううねりから逃れることはもはや難しくて、そういう意味で、時代が時代、で済まざるを得なかった頃にそれを打ち破った先人達(桐島洋子さんなど)はものすごいなと思わずにはいられません(時代によっては、大学中退がスタイルという頃もあったでしょうし)。時代は変わりました。生きやすくなったのか、生きにくくなったのか、それは分かりません。けれど、高度成長期とは異なる意味での走り続けるをしなくてはいかない、そういう世代が私たちなんだと思います。それはそれで、息切れしたり、しなかったり。

その中で一番丸儲けなのは、やっぱり学ぶことの楽しさを感じてどっぷり浸かれるということであり、ナイーヴにも夢を見られるということであり、それをこういうぎゅうぎゅうのシステムの中でどれだけ楽しめるか、いい学校に行く必要もないし、もしいい学校に行くのであれば、それを楽しめてしまう「のりしろ」がどれだけあるかが大切なんではと思ったりするのです。

こういうことを考えるのは、自分の次の世代を考える様になったからでしょうか。学べることは本当に尊く、そのことをすっかり横に置きがちなのがとてももったいないと思う反面、横に置かないとどうしようもないでしょうというシステムの中で、選択はなかったり。それを好きなことに没頭し、それを形にする、そういう次の世代の手伝いを、理想的にはしたいです。
[PR]
by Haruka_Miki | 2010-06-04 00:00 | エチュード